OCTAVEBURG 外伝

ピアニスト羽石道代の書きたいことあれこれ。演奏会の予定は本編http://octaveburg.seesaa.netへ

全ての道はローマに通じているから 後半

2017-05-29 | 日記
というわけでローマの休日 グルメ編です。
もうこれは書きながらよだれを抑えるが精一杯です私。色々いらっしゃるとは思いますが我々兄弟姉妹は食の好みも分かり合えるので問題がなくていい。

・vero
・GIGGETTO
・ユダヤのスイーツ
・おうちごはん自慢

ローマ在住の妹・知代の朝ごはんのオススメは
vero
Via XX Settembre 26 Roma
http://www.verofood.com
ローマでも健康ブーム、新鮮で美味しいフレッシュジュースも飲めるお店。ジュースだけではなく知代のオススメはチョコクロワッサン。もちろん焼きたてですのでふわっと!サクッと!甘さもちょうどよく満足の1品です。店内も明るく2階のイートインスペースは結構広くて老若男女が思い思いの朝を過ごしていました。マッチョで優しいハンサムな店員さんもいますよー 



そして私が春に行くローマにハマっているかというと、狙いはカルチョーフィ(アーティチョーク)!これはレストランの入り口にお花のように飾ってありますが、緑から赤っぽい、堅いガクに覆われていてまるでバラのように見える植物、レモンと左上のお花以外がそれです。ああ愛しのカルチョーフィ。

普通はこの堅いガクは処理してしまって中の芯の部分だけ食べますが(加熱して食べますがここはホクホク)、ローマ・ユダヤ風(と言うのかな?)だと丸揚げ!ひまわりの花のようになっていて周りのガクはカリカリ、中はホクホク。アクが強いので甘みもあって最高に美味しい!もっと食べたい!いつも食べたい!(つい力が入ってしまう...)ちなみに隣の白いのはタラのフリット。

これを失礼ながら昼からビールとやるわけです。ああ!
さらにカルチョーフィ愛が高まってしまったのでカルチョーフィのパスタ。これも絶品。

知代はサルティンボッカを。

ゲットー地区にはユダヤ料理のお店が立ち並んでいますのでどこにしようか毎年試して来ましたが、今年は当たり!もうここしか行かない!ってくらい気に入りました。。まず入口でおじさん3人くらいで山積みになっているカルチョーフィを手際よくどんどん処理しているのもいい感じ。ビニール手袋がアクで真っ黒でした。
今回のお店はこちら。
GIGGETTO http://www.giggetto.it

そしてスイーツ。イタリアといえば...という感じではないものをご紹介します。
これも現地ガイドさん・知代の熱い推薦で私も虜になってしまったお菓子ですが、これもゲットーの一角にあるお店、すなわちユダヤのお菓子です。ただお店の名前が分からない。見た感じもおしゃれではなく街角のお菓子屋さん?え、ここ入っていいの?工場?のような店構えです。奥ではおばちゃん達がせっせとケーキやクッキーをたんまり焼いていて店頭に積み上げられています。
1つはマジパンにドライフルーツが入ったずっしりしっとりクッキーみたいなお菓子ですがこれが激ウマ!見た目は黒く焦げ目がついていてとにかくおしゃれとは程遠いのですが、もう、食べたら止まりませんよ。失礼ながら写真なし...どうやらこれはユダヤのお祝い事には欠かせないお菓子のようですよ。
もう1つはリコッタチーズのふわふわケーキ。これも表面はいい色に焦げ目がついているふんわり丸いドーム型のケーキです。それをおばちゃんがガツっと切って、衝撃ですが紙ナプキンに乗せて手渡されます。もうかぶりつくしかありません。一口頬張ればたっぷりのリコッタチーズとベリーのジャムが、卵が美味しいと感じる生地と合間ってもうそれはかぶりつくのも恥ずかしくない!という旨さです。いわゆるヨーロッパの美味しいけど甘いねーみたいなお味ではなく素材の美味しさが胸を張っている感じなのです。それを路上で、という無礼講的な感じもクセになるわけです。

とはいえ、実はお安いものではないのです。でも美味しいからバンバン売れてます。きっとユダヤの人たちの魂のお菓子なのでしょう。

あとはおうちごはんも侮れませんよ。
妹のダンナ様はお料理上手。というよりイタリア料理愛がハンパない。ですので超絶美味しい本場の味をいただいております。
十八番!ローマっ子の誇り、アマトリチャーナ。

ショートパスタでカルボナーラ。

もちろんサラダもお肉もすっごい美味しいんですよ。(いっぷく亭イタリアン やるか...)
チーズもフレッシュは現地ならでは...。モッツァレラ、見よこのお姿。フレッシュです。じわっと汁が出ます。

リコッタチーズに蜂蜜とクルミをかけて。このジャリっとした蜂蜜がいい。

これらの写真は辛い時に見ると支えなります。写真って大事。

(ああ。書いていたらまんまとワインが飲みたくなっちゃったな...)

いかがでしたでしょうか、ローマの休日。完全にグルメ編の方が熱が高くてすみません。
最後に、今回の最後はスペイン広場が最後の場所でした。ここから地下鉄でテルミニに向かいましたので最後の1枚はこちら。と言ってもこれはスペイン広場、ではなくトリニタ・ディ・モンティ教会。中も豪華でした。


またそのうち 欲しいもの編を書く予定です。
待っててね、ローマ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全ての道はローマに通じているから 前半

2017-05-29 | 日記
羽石4兄弟の一番下、妹・知代(ともよ・現代美術家 とご紹介します)がローマ在住のため、一族の代表の特派員として(?)なるべく毎年ローマを訪れたいと思っています。必要な物もあるだろう、親も届けたいものもあるだろう...と共に私も欲しいものもあるのだ!というモノの目的もありますし、知代がいてくれることで何度も訪れる機会があったこと、そして彼女の暮らしのそばにいさせてもらうことでローマを親しく感じているため、その空気を吸いに...いや、正直に言おう、空気だけでは満たされまい。イタリアの素晴らしい食も目的の1つです。
もちろん空気を吸いに、はあながち嘘ではなく、教科書で学んだ古代の遺跡を近くに見て、教会をはじめとする素晴らしい建造物、その中の美術品に囲まれるだけで、人類の文化と歴史に対する感動とさらなる好奇心、そしてその刺激が自分という人間を見つめ直させてくれるいい空気なのです。
今までブログでローマの旅行のことをご紹介したことはないのですが、知代が書いてねーと言って写真をたくさん撮ってくれたのでちょっと書いてみようと思います。
つまりはローマの休日。前半は観光編です。

・Chiesa di Santa Maria della Vittoria
・Quattro Fontane
・Palazzo del Quirinale
・Scuderie del Quirinale
・Museo Nazionale Romano
・Pantheon
・Monumento a Vittorio Emanuele Ⅱ
では順番に。

中心地を徒歩でブラブラ。3月頭の旅行でしたがローマはこうでなくっちゃという快晴!そして強風!春って仕方ないのねー
Chiesa di Santa Maria della Vittoria サンタ・マリア・デッラ・ヴィットーリア教会
聖テレジアの法悦 という最高級に美しいベルニーニの彫刻があることで有名。これはどこにも持っていくことはできませんよねえ...神々しくも官能的な名作にため息。教会に入ると冷んやりとしてスッと気持ちが落ち着きますね。


一歩出ればそこはローマの街の喧騒。知代曰く車の運転は勇気だそうです。笑
そんな一角にも名作 Quattro Fontane 4つの噴水が。小さな交差点の4つ角にあります。車に気をつけながら撮影。そのうちの1つに狼がいました。ローマのシンボルですものね。(なんか後ろに赤いのは...ゴミ?ダメですよ!)


クイリナーレ宮殿に行くまでの建物。空とのコラボレーションが最高。どこを撮っても絵になる。


実はこの日はイタリアの女性の日。この日はミモザを飾ったり送ったりするのが習わしのようで街中がミモザであふれていました。クイリナーレ宮殿の前のチェーンもこの通り。しかも入口の守衛(?)さんも女性。


そして女性の日ということで国立の美術館は女性は無料。ですので、2つハシゴいたしました。
1つ目はクイリナーレ宮殿の目の前の Scuderie del Quirinale https://www.scuderiequirinale.it
実は順路をたどって最後にたどり着く階段の窓からローマが見渡せちゃう!という素敵な建物です。写真、分かりますかね...サンタンジェロ城もこうなっていましたが入口は馬が直接入っていける段の狭い螺旋状の階段。美しくて中世マニアの心くすぐる空間です。中は数え切れないほどの彫刻と宗教画。カラヴァッジョも見られます。


2つ目はMuseo Nazionale Romano ローマ国立博物館。
http://archeoroma.beniculturali.it/node/481
これは現地ガイドさん・知代が熱くオススメしてくれた美術館。入ってすぐ彫刻の嵐。ローマに来て彫刻の魅力は知りました。触ったら(触れないけど)大理石の冷たさや固さにびっくりすることでしょう、あまりの肌の滑らかさ、まるで生きているかのような身体のラインと動きにうっとりします。教科書の円盤を投げる人(レプリカ)もいらっしゃいます。
しかし知代のオススメはこれではないと。2階に上がると大量のモザイクの床、壁画。これらは全て紀元前のものよ!と熱い解説を受けさらに衝撃を受けました。幾何学模様のパターンから、軽いタッチのデフォルメされたのもの、まるで印象派のようなものまで色使いもデザインも多岐に渡りすぎて、これが同じ国、同じ地域から発掘されたとは...!
そしてリヴィア荘の壁画。こんな絵をお部屋の壁に書いてお庭にいるような爽やかさを楽しんでいたのか...2000年以上前に...!と思うと、ローマ人の生活の豊かさ、文化の高さに驚きます。我々は一体何をしているのか、して来たのか...考えさせられます。爽やかな風と鳥の鳴き声が聞こえて来ちゃってる風の私。

まるで知代の自分の作品のようなモダンなデザインのモザイク画。


そこに行くまでにも Pantheon パンテオン (いつ見てもすごい!)

私の中の目印 Monumento a Vittorio Emanuele Ⅱ ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂 (カモメがいっぱい)

も立ち寄っております。

後半はお待たせ!グルメ編です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いっぷく亭つれづれ 其の2

2017-02-24 | 日記
写真はいっぷく亭の父と母。その昔るるぶに「気さくな店主...」と紹介されたことがある。(ちなみに写真を撮ってくれたのは私のお友達です。いい写真をありがとうございます。)それも相当昔だ...。いっぷく亭は2017年3月末までの営業、という方向で進んでおります。

****
重ね重ね申し上げるがいっぷく亭は中華屋さんではなく、正しくは
ら〜めん・餃子処 いっぷく亭
であるので、メニューはラーメンと餃子である。この味について私が覚えている全く勝手な意見を書いていこうと思う。

ラーメン
何と言ってもうちはスープがキレイ。お客様にも見た目から楽しんでいただいてきました。鶏ガラとトンコツ、煮干しなどとお野菜でとる透明でキラキラしている丁寧に作られたスープです。厨房では「お骨の処理」と呼ばれる作業でキレイにして丁寧に雑味を取り除きます。日々研究なので実は色々変えてました。マグロ節を使っていた時期もあったような...それはそれでいい香りでした。
麺にも実は色々な歴史がありますが、麺屋さんに協力していただいてオリジナル麺・スープに一番あう麺を追求し続けてきました。

・中華ラーメン
醤油ラーメン。うちの味を決めている醤油だれの魅力を存分に味わえる。この醤油だれがなんともいい香りで一口飲めば旨味のかたまりのように飛び込んでくる。ついつい他のメニューを頼みがちだが改めて食べるとサイコーに美味しい。最近は結構な細麺で提供、その細さに味がよーく絡んで最後まで旨味たっぷりです。トッピングはチャーシュー、ねぎ、のり、メンマ。「マル得」はいわゆるトッピング全部のせ(上記に加え角煮と煮卵)があります

・塩ラーメン
某人気サクソフォーン奏者がスープを「バイカル湖」とコメントをしてくださって有名。笑 気に入っているので繰り返し書かせていただきます。塩だれに干しエビの旨味がプラスされ、スープの甘みといい香りを最大限引き出している名品。塩は一見さっぱり、でも旨味レベルとしてははこっくり、です。トッピングは中華と同様。「マル得」あり。

・みそラーメン
みそ。結構見落とされているのですがこれも美味しいんです。寒い時にぴったりです。上品なみそだれで、ちょっと香るニンニクが味をキリッとさせています。味噌ラーメンにはうるさいという北海道出身の方にも気に入っていただきました。
昔、風邪をひいた時に病院で点滴を打たれ、帰宅してさらに元気つけようと思って餃子とみそラーメンを食べました。こんなに食べられるなら点滴いらないでしょ...と自分で突っ込んだ記憶が蘇った。昔はここにもやしものっててそれも美味しかったな。にんにく、辛味の薬味はお好みで。

・ごまからラーメン
これぞいっぷく亭の看板娘。うちを「ごまから屋」と呼んでいるお客様もいらっしゃいます(いっぷく亭です...!)。これは、ピリ辛の濃厚な特製ゴマだれを醤油ベースのスープで仕上げたものでスーパー美味しいラーメンなのです。太麺で食べるのもいいですが、標準は中麺でご希望で太麺も選べます(という時期もありました、だったらごめんなさい)。これは一度食べたら皆さんトリコ。麺にごまが絡んできて充実した味わいでお腹いっぱいになります。ごまからデラックス、という全部のせに、さらに白飯を注文して、最後にスープをかけて食べる、という若者にしかできない食べ方もあります。標準のトッピングはチャーシューではなく肉みそ。これ、美味しい。
ごまからで心を掴まれた方が何かのきっかけで塩を食べると今度は塩ばっかりになってしまうという現象も多々あったようです。(経験あり)

冷たい麺
・ゴマだれ冷やしつけ麺
夏季限定。冷たい麺を冷たいゴマだれでいただくのですが、食欲のないときでもぺろっといけるものです。辛くないタレにさらにむきごまをプラスするのが正解です。トッピングは別盛りの肉味噌とネギ。

・ごまから冷やしつけ麺
途中から登場。こちらのゴマだれはピリ辛。やみつきですよ。

つけ麺ブームがやってきた時に一時期つけ麺もやりました。冷たい麺と温かい汁。醤油ベースで結構ガツンとしていた記憶が。そのガツンは魚粉(というと美味しくなさそうですけど、旨味です)をプラスしてつけダレが薄まらないように工夫をしていたような... 冷やし中華のような醤油ダレの麺もあったような...。いつのまにかやめてた。笑

餃子
・焼き餃子
冷凍・焼きのお持ち帰り、冷凍は発送もさせていただいています。とはいえ、やっぱりお店で食べるのが一番。お店で焼くと皮の底はカリッと、上の部分はモチっと、中の具はジュワッと。宇都宮餃子らしくキャベツ多めの軽い味わいなのでパクパク食べられます。

・水餃子
実はいっぷく亭の餃子は水餃子向きなのです...。ちょうどいい皮が水餃子のモチっと感をうまく出してくれます。

・スープ餃子
水餃子のバリエーションでラーメンのスープとともに餃子を楽しみます。醤油、塩。

餃子とともに使っていただくラー油。これもいっぷく亭は自家製です。ごま油と唐辛子をゆっくり熱していくのですが、作っている時は香ばしくていい香りが漂います。さらにご好評いただいているのがお持ち帰りにつくブレンドされた餃子のタレ。これは実はお持ち帰り専用ダレでお店では味わえませんが、なんだかすっごくいい配合なんですよね...。最近の私の流行りはこのタレを辛味大根にかけて焼き餃子を食べる。アレンジもきく良いタレなのです。

その他
・角煮
トッピングの花形。角煮、ってやっぱり目にしたら頼みたくなっちゃいますよね。いっぷく亭の角煮は脂抜きをきちんとした美味しい脂を楽しめる一品です。これはラーメンに入ってよし。ご飯にのせてよし。おつまみで単体で食べてもよし。というパーフェクトな存在です。OCTAVE主催の演奏会の時には角煮丼ぶりをお弁当として共演者のみなさまにも食べていただいていました。これ小さくして混ぜご飯でおにぎり、というのも海苔といいバランスで美味しいんですよね...。

・煮卵
絶妙な半熟具合と味のしみ方で皆さんのハートを鷲掴んできました。母が担当していますが時間通りやってるだけよ、と。とはいえ手間と小技で美味しくできているようです。

・チャーシュー
醤油だれで煮込む肩ロース。角煮の陰に隠れがちですが食べると驚きのおいしさです。もちろん両横綱なので文句なし。厚切りチャーシューも流行った時代もありますが、私はチャーシューは薄いほど美味しく感じるのですが。
そうそう、チャーシュー麺というメニューもあります。これはご褒美的な響きがするのはなぜでしょう...。角煮丼ぶりにも負けずチャーシュー丼ぶりは禁断のおいしさです。

・メンマ
実は私、昔これも嫌だったんです。しかしこれもお店で優しく煮ておりますので上品な味わいでエグくないのです。一味をふるとお酒の良いつまみになります。

・ごはん
これねえ。いっぷく亭で出される白いご飯はお客様がびっくりするくらい美味しい。栃木の美味しいお米とガスで炊くおいしさ、だけでもないくらいです。一粒一粒立ってるんですよね...。らーめん屋のごはんの域を超えています。
ちなみに生ビールも皆さんびっくりしてた。なにこれ美味しい的な。今は瓶ビールのみです。

・もやし
昔ラーメンに乗ってた記憶が...これまたキレイな状態でパリッとしてました。もやしのファン、という方もいらっしゃいました。

美味しさは伝わったでしょうか。この味も3月末までです!
何か忘れてはいないかしら...思い出したら追記します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いっぷく亭つれづれ 其の1

2017-02-15 | 日記
いっぷく亭が2017年3月末で閉店する方向で動いています。最後に思い出して少し書いておこうかなと思います。
それまでは月・火定休 昼のみ(14:30頃まで)営業となります。

*********
この19年と半年くらい
「どちらのご出身ですか?」
「宇都宮です」
「あっ、じゃあ餃子ですねー」
「実家餃子屋なんですよー」
「えー!中華屋さんですか?
「いえいえ、ラーメン屋で餃子もやってるんですよ...」
にどれくらい助けられてきたか。
結局話はこれで盛り上がって別れる頃にはピアノを弾いていることは忘れられていたりした。初対面の方にイマイチ気の利かない対応をしてしまう自分としては、このような話題に救われてきたものだった。そういう意味でも両親にはお世話になってきたわけだ。

昔から羽石家は商売の家で、同じ場所で洋品店を営んでいた。父で3代目。「やっぱり子供の頃はおやつはラーメンですか?」と言われたりするが、そういうわけではないのだ。マダム向けのお洋服を仕入れて販売していた。母は裁縫が得意だからお直しなんかもしていたが、そのおかげで私は一切お裁縫ができないというオマケつき。

私が高校終わりか大学に入った頃、それまでとあるラーメン屋さんで修行させてもらっていた父が独立して店を始める話になった。最初は洋品店は残して別の場所でラーメン店を、という話もあったが結局家を立て直して始める方向でまとまった。何度も家族会議があって親戚一同に挨拶もかねたラーメン試食会を開いたりした。

ここで言うのもなんだが
当時私はラーメンが嫌いだった。

といっても、外で食べたことなんてない。母には悪いが「家庭のラーメン」がとても嫌いで、栄養バランスを考えて作られた茹でられた野菜の山と、スーパーの生ラーメンのラードのにおいが苦手すぎて小学校高学年頃にはもう「ラーメン食べません宣言」をして母に勝手にしろとキレられラーメンの日は一人でうどんを茹でて食べていた。
だからラーメン屋になる話になってもあまり興味がなかったのだが、試食会の前に父が

「お前が今まで食べていたのはラーメンではない。これが本当のラーメンだから」

と言われて(ますます母には悪いが)食べてみたら、美味しいと思った。
今と変わらず澄んだキレイなキラキラしたスープで、1口目はちょっと薄いかな?でも2口目はあっウマイな、食べる終わる頃には満足、という「いっぷく亭 黄金バランススープ」(今考えました)。今でもそんなに他のラーメンは食べないが、うちのラーメンは食べたいなあと思って、食べると美味しいなあと思う。本当の成長期にこれで育ったわけではないが、やっぱりこれが私の「家の味」なのかもしれない。

そして1999年8月、いっぷく亭はオープンした。友達は海外に夏期講習に行くなんて聞こえてもきたが、私は兄弟と入れ替わり立ち替わりピアノも弾かずに店を手伝った。もちろんバイト代はないが私の貴重な「音楽ではないバイト」経験。その後もエプロンをつけて店に立ったりしたが愛想がないのは相変わらずだったので看板娘にはならず。笑それにしてもオープンからたくさんのお客さんが来てくれて、嬉しかった。
生き生き忙しく働いている父は楽しそうだった。元から働き者の母ではあるが、ラーメン屋のおばちゃんになって頑張る母もえらいなと思っていた。
改めて数えてみればちょうど今の人生の半分は「ラーメン屋の娘」で生きているらしい。どおりで馴染んできたわけだ。
其の2では愛すべき味のことを書きたいと思います。つづく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いきなりですが改めました。改めざるを得なかったんです。

2016-10-01 | 日記

一見まったく変わっていないのですが
ブログ、改めました!というのは…正直に言うと

誤って消しました。

おいおい。私、何をやっているんだね…。ポツポツと、でも実は長い期間書いてきたんですけどね…自分で息の根止めてどうする。

PCの整理をしていた時に「gooのアカウントはもういらないんだったな」とふと頭によぎりプチっと何も迷いなく消しました。でも私の意識の中では正しくは
「gooのメールはもういらないんだったな」だったんです。うう
こういうことをするから信用ならないこの私。

ところでこの「外伝」というスタンスは自分の中で結構気に入っていて、一瞬これを機にもう辞めちゃうかなとも思ったのですが蘇らせちゃいました。あまり音楽の話にならないから「外伝」。本編は http://octaveburg.seesaa.net 演奏会の予定専用です。以前は混ぜこぜで書いていたのですがごちゃごちゃになっているのが自分でも嫌で整理したのです。それをさらに整理しすぎました。

実生活でもやおら整理整頓を始めるので、後になって「あれっ。。。間違って捨てちゃったかな…」と冷や汗をかくこともよくありますが、探せば出てくるのが常で「よかったーそこまで「モウロク」してなかったー整理整頓もちゃんとその都度やれば...」などとつぶやいてきました。急にやるから、いけない。その結果がこれですよ。

…いやいや、普通ブログの初投稿はこんなことではいけない。もっと爽やかにご挨拶をするものです。なのに同じgooブログで、同じテンプレートを選んでしまうあたりもいかん、新鮮さに欠けている。つまりは焦って復旧しようとしているというところです。できればバレないように…いやいやそれは無理か…(涙)octave-burg ハイフン入りました。

でも一昔前とずいぶん状況は変わり、何事もすぐ、検索してね!webでクリック!みたいな時代になりましたので、登録とは言いません。検索していただければ…これからもポツポツこちらで書いていきます。どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。
写真(やたら大きい)は前のブログへの弔いの花として(花といえば超有名・超人気のあの方が目の前で作ってくれたデモンストレーションのブーケ!)そしてこのブログこっそりオープンの花として。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加