壬生の政局やいかに…

真の民主主義町政を求めて…

『英国王のスピーチ』

2017-04-29 20:24:15 | Weblog
2010年の同作品を、図書館で借りて視聴しました。

吃音に悩まされたイギリス王ジョージ6世(コリン・ファース)とその治療にあたった植民地出身の平民=言語療法士(ジェフリー・ラッシュ)の友情を、史実に基づき描いた作品です。

いい出来栄えでした。イギリス製作は、やはりいいです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “地方切り捨て”の罪深さ… | トップ | GW突入 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事