壬生の政局やいかに…

真の民主主義町政を求めて…

『連合赤軍「あさま山荘」事件』

2017-05-16 20:50:35 | Weblog
当時警視庁の責任者として事件に当たった、佐々淳行氏の著作をようやく読了しました。

先の安田講堂事件をはじめ、この時代ならではの過剰なヒートアップ=若者が極左へと際限なくひた走る姿に、旋律を覚えました。

立て籠った犯人に対し、「アナタは正しい。いつか世間は判ってくれる」とケレンミのない親たち、対する佐々氏の嫌悪ーー自分がこの時代に生まれていたら…。

結局「コイツラは人間のクズ」という結論に行きつきました。14人を“粛清”という名のリンチのすえ、凄惨なやり方で死に追いやったのです。

なかには、お腹に子供を宿した女性もいたそうで、その究極足る思想は時代を問わず糾弾されるべきと認識します。

そのうえで“保守中道”は、ボクが政治活動をする不文律であることを、あらためて。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 後援会連絡所 | トップ | 新車両=リバティに大興奮! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。