壬生の政局やいかに…

真の民主主義町政を求めて…

尽きない、議員定数削減論

2017-01-25 20:20:56 | Weblog
高根沢町が議員定数の検討をしているそうで、近々壬生町を訪ねるとのことです。

2006年2期目の選挙を来春に控えた私は、当時の「民主クラブ」の二人の代表のひとりとして「議員定数検討委員会」に臨みました。

当時22だった定数を、わが「民主クラブ」は18=4減を主張。同委員長から「結論を携えて会議に臨むべきでない」と大目玉を喰らいました。

結局16に収まりましたが、当時多数存在した他の町議員からは「町で一番大きい壬生町がそんなに減らしたら、立つ瀬がないよ」と。

よく「市民&町民が納得のいくカタチを」と言われますが、現行が適正か否かは議会が判断すべきと強く思います。

壬生町議会の場合、16が落とし所だっただけ、それ以上でもそれ以下でもありません。

しかしつくづく、「議員永くやってるなー」って…。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 堤真一はいい! | トップ | 祝脱極寒 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事