長篠落武者日記

長篠の落武者となった城オタクによるブログです。

第2回 極寒の山城水鉄砲合戦 in 設楽城

2017年12月11日 | 極寒の水鉄砲合戦
極寒の山城水鉄砲合戦 in 設楽城の第2回大会が開催されました。

※開始前。静かな闘志が漲る。


※こういう人もいる。

15分の戦いを4回戦行うパターン。
攻め手と守り手を同数程度の場合、当然守り手が圧倒的に有利となることを第1回戦で体感していただく。


※まずは飛距離の確認から。

第2回戦以降は、皆さん地形の状況がわかり、お互い初顔合わせの人達も徐々に慣れてきて動きもよくなる。

※この臨場感あふれる走り!!

通信機器の無い中、お互いがどこをどのように動いているかわからない攻め手側に対し、守り手側は相手側が丸見えのため指示者がいると連携プレーが取りやすく、第2回戦は守り手側が2倍の攻め手側を全滅させました。守り手側には死者なしの完勝でした。


徐々に戦いに慣れるにつれ、反省点を活かした作戦タイムが長くなる。

※開かれる作戦会議。中々終わらない。笑。

単独では城郭施設をうまく使う守り手にやられてしまうので、連携プレーを攻め手側が重視し始める。


今年から水鉄砲をより戦国時代の戦闘に近づけるため、押出式の水鉄砲に統一しました。そのため、一回にかかる水の量がハンパない!
しかし、連射が効かない、水が近くにないといけない、ということで、かえってゲーム性が高くなりました。
特に、水の手を断つことが重要となるため、相手側のバケツを奪う・倒す人達が増え、白熱して転倒者も続出。


とどめを刺される人達。


あと、きっと昔の戦場にもいたと思われる事態が。
帽子に金魚すくいのポイを付けていたところ、帽子が取れてしまい取りに戻ったところを一斉に攻撃され無念の戦死。



何か大事なものを落として気が逸れた瞬間を狙われた人って、きっといたんだろうな、と、想像してしまう。

回り込む攻め手機動部隊のうち、守り手の気をそらすため陽動作戦をしていた人が終戦に気づかず帰還兵として帰ってくるパターンも発生。ちなみにこの時は攻め手が勝利でした。


城内を見られないうちは守備側が強く、一人で3人をくぎ付けにできる。これは城機能の強さの証明ですね。


城内に入られると建物が攻め手側にとっても有利に働く場面が発生します。また、通信機器がないため連携がわからず守備側1名で2方面に睨みを利かせることも可能。にらみ合いが続くのも面白い。




しかし、一度突破され、特に守備側の人数が1名でも欠けると連携できずに途端に守備側が苦境に陥る。
もはや白兵戦の様相に。



第4戦は大将が逃げ回ることを可能にしたところ、大将以外の守備側が全て戦死。
大将は城を捨て脱出したところ、落武者狩りイベントが発生。
自決有ルールにしましたが、逃げるところを追い詰められて結果撃たれ死亡。

※背中はびたびたです。


※勝利の雄たけびを上げる。

何にせよ、今年も寒い中、皆さん大立ち回りをされていました。
そしてこの試合、見てるだけでも、すごく楽しいことがわかりました。


まだまだイベントとしては試験段階なので至らない点も多かったかと思いますが、御参加いただいた皆様ありがとうございました。
次回もよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

古宮城整備活動2017 無事に終了しました。

2017年10月16日 | 古宮城
初の雨空開催となりました古宮城の整備活動。
雨天にも関わらず多くの方にお集まりいただき、誠にありがとうございました。


※雨天のため軒先に集中する参加者の皆さん。

地元の方々に混じって、わざわざ遠くから
「城を掃除する」
ためだけに、集っていただくクレージーな方々。


昨年度もご参加いただいたMさんは、草刈機を持参で遠く中津川からの参戦。豊根村からはKさんも同じく草刈り部隊に。
今年度は新たに名古屋城ボランティアガイドをされているという、マイロさん(本ブログコメント投稿時のハンドルネーム)とIさんは、女性2人組でのご参加。
その他、安定の参加率を誇る「のんほいタウン」編集長のふじもっちゃん。

さらには、翌日行われるダモンデトレイル(山の中を走る大会)に参加される途中のGさんはじめ4人組やS夫妻も応援に駆けつけてくださいました。



幸い心配された雨も、ほとんど振り込まず作業には支障がありませんでした。

初年度から参加されているふじもっちゃん曰く
「昔のような『開拓』的部分が減って来ましたね。」

その通りでして、昔に比べると作業そのものは少し物足りなさを感じるのですが、それだけ、城が見やすくなった、ということです。

実際、城の形は本当にはっきりと見えるようになりました。

作業終了後は城説明を行った後、原田邸で恒例となって来た懇親会。
こうして、古宮城が縁で全く知らない人同士が繋がる、というこの妙なイベント。毎回私も楽しみにしています。

こうした活動が、続100名城に選ばれた原動力に少しでも繋がっていたら幸いです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 古宮城整備活動は開催します!

2017年10月14日 | 古宮城
おはようございます!
本日の古宮城整備活動は開催します。
13時半より古宮城へお集まりください。

なお、本日の新城市は終日雨模様。現在、霧雨が降ったり降らなかったりです。
古宮城は木立の中にあるため、作業には支障がないと判断しておりますが、雨具や長靴等、雨対策をされてお越しください。

年に一度の古宮城に集う日。
初の雨開催となりますが、楽しみましょう!

お待ちしております!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2017年10月14日の古宮城整備活動について

2017年10月13日 | 古宮城
明日開催の古宮城の整備活動ですが、雨天の可能性が高いです。
基本的には雨天決行いたしますが、警報が発令された場合などは中止します。
14日土曜日午前8時00分前後に本ブログに開催の有無等についてお知らせします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年も開催!古宮城整備活動2017!

2017年08月15日 | 古宮城
続日本百名城に選ばれた古宮城。
その原動力となった(?)整備活動を今年も開催します!

開催日は平成29年10月14日(土)午後1時30分から午後3時00分まで。
作業内容は見学しやすいよう、見学路の枝をよけたり、遺構が見やすいように草を刈ったり、その草やゴミを片付けたり、と、いった内容です。

この活動は完全なボランティアで賄われており、

 「古宮城が好き」
 「山城が好き」
 「奥三河が好き」
 「作手が好き」

と、いう気持ちだけで集まった人々で行われております。
それでも、毎年20名弱の方が集まって、なぜか続いている不思議な活動です。
これも古宮城の持つすごさといえるかと思います。
希望者には作業終了後の城解説も行います。

DA MONDE TRAILの前日、作手で体慣らしをしてから翌日のレースに参加するもよし。
今まで活動に参加した学生さんの就活実績が非常に高いので、就職祈願に参加するもよし。
城好き以外の方も大歓迎です。

詳しくは以下のチラシを。
不明な点等がありましたら、本ブログへのコメントへの投稿でお尋ねください。
現在、コメントは事前承認制にしましたので投稿しても即公開はされませんのでお気軽にお尋ねください。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加