長篠落武者日記

長篠の落武者となった城オタクによるブログです。

極寒の設楽城水鉄砲合戦

2016年12月11日 | 奥三河
「みんな戦がしてぇんだよ!」
とは、今年の大河ドラマ『真田丸』での後藤又兵衛のセリフ。

城の機能を説明することが多い自分ですが、実際、攻めたらどうなるのか。
後藤又兵衛のセリフには魂を揺さぶられます。

全国各地で城攻め水鉄砲イベントは開催されていますが、ガチの山城、というのはあまり聞かない。
高い土塁や切り立った崖、ガレ場では足が滑り、切り株や木の枝は障害物となり、怪我と隣り合わせの命懸けの障害物競走になるからでしょう。

そんな中、丸馬出と堀切の深さで見事な東栄町にある設楽城は、地元の方達『元気城山』の方達が整備されており、戦をするには丁度良い感じだなぁ、と、思っておりました。

そしたら、『元気城山』の竹内先生から「水鉄砲合戦良いじゃないですか。」と、許可をいただく。
聞けば、昔は子供同士50人vs.50人の100人で戦ごっこをしたもので、城を縦横無尽に駆け回り戦ったそうです。

好機到来。

当初は地元の子供が合戦体験を通じて、地元の歴史を知るきっかけに、などと思っておりましたが、

愛知県の山間地で尾張部の人は中々来ない東栄町。
『普通の人』には城として認識されない建築物もない山城。
そして、日程は都合上12月上旬。
東栄町の12月は下手すれば昼でも0度前後の極寒の季節。
そんな時に水鉄砲。

『狂気の沙汰』

と、いう言葉しか当てはまらない。
初雪が降るかも、という予報があったので子供はさすがに風邪をひいてしまい親が困る、ということで断念。

しかし、大人ならば自己責任の範囲でやれないものか。
と、いうことで、常々こうした企画に興味を示していた私の周りの「城好きがこじれそう」な素質を持った方々に声をかけてみました。

夏ならともかく真冬の水鉄砲合戦。
こんなクレイジーな企画に人は集まるのか。。。

私の心配は見事に裏切られ、
むしろ『極寒』というフレーズにシンパシーを覚える、イカれた方達から多数の参加表明を頂きました。
しかも、東栄町には一度も来たことがない、という小牧市や名古屋市の方、三重県より愛知県の西側あま市から単身駆けつけてくださる方。

みんな城好きがこじれそうだなぁ、と。

当日は、暖かな日で、気温は10℃程度。
日が当たっている場所では、動けば汗ばむような感じ。
しかし、城は風が抜け木々が日を遮るため、結構冷える。
集まった人間は16名。

戦場は、設楽城が誇る丸馬出を中心に、攻め手と守り手に分かれ、攻め手が2倍の兵力となるようにし、審判を置く。
バケツは攻め手と守り手に10リッターのものを2つずつ。
途中の堀切に色が異なる2つのバケツを2つ置き、奪えるようにしました。取ってもよし、相手に取られる前にこぼすもよし。



ジャケットの色が変わる部分が大半変わったら死亡宣告。
全員討ち死にした方が負け。
または、城にいる大将を表すジャケットを濡らすと濡らした方が勝ち。
時間は15分。

まずは、地元の竹内先生による現地案内による城解説。




その後、4回戦を行いました。

※ここまでくるとサバゲ―な映像


※大筒のような効果を発揮した竹水鉄砲的なやつによる攻撃。

当日は風が強く、水が流れるので狙いがむつかしい。
当初は皆慎重でしたが、




徐々に活発化し、まずはそれぞれ作戦会議。


そして激戦。












討ち死も続出。







※忠魂碑の前が討ち死した方の集合場所

と、まぁ、途中ジャケットが乾くインターバルの休息時間を設けながら、大の大人が4回戦行い、
城を縦横無尽に駆け巡りました。

絵面みると、すごい迫力…。
(写真は戦場カメラマン役を買って出ていただいた「のんほいタウン」編集長藤本氏提供)

皆さん、大変楽しんでいただけたようです。

色々と改善点も見えてきました。
次回、もう少し温かい時期の子供向けイベントとするため、オペレーションを改善して、必ず開催したいと思います。

でも、準備する大人もやれるようにしたいな…。
大騒ぎする父母を見て、子供もあきれるくらいにしたいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

古宮城整備活動2016 無事終了しました!

2016年10月15日 | 古宮城
今年も無事に開催されました、古宮城の整備活動2016!


今年もお馴染みの地元の有志の方々に加え、なんと、遠くは新潟からバイクで駆けつけてくださった方も!
その他、今回は静岡、岐阜と他県から城好きで古宮城に魅せられた方々もお見えでした。
県内からも小牧、半田、名古屋の尾張、東三河からも豊橋と豊根という上下流からも参加がありました。
全国から城好きが、わざわざ整備活動のために訪れていただける城になったのかと思うと感慨深いものがあります。





そして、今年も地表面が出てくることで、今まで意識していなかった櫓台への取り付け部分がわかりやすくなるなど、新たな発見がありました。毎年、この活動で城が露わになっていく状況を、F氏は

「野球拳で勝った感じ。」

と、絶妙の表現。

昨年まで学生さんだったのに今年は社会人として駆けつけてくれたり、今年新たに参加した学生さんに古宮城の整備活動に参加した学生の就職率100%の実績を説明したりしていると、色々と城の整備活動で広がる縁を感じます。

そして何より見通しが良くなり、素晴らしい景観となった古宮城!


「こんなキレイに城がみれるなんて!」
と、過去の笹やらがボウボウとしていた時期を知る人達も感動ひとしきり。

はじめて5年も経過すると、城が見やすくなるものだなぁ、と、私も興奮しておりました。

活動終了後、会発起人の原田先生宅で懇親会もあり、いろんな地域の、いろんな方々とのお話も楽しい限りでした。
こんなユルい感じですけど、この活動が古宮城が全国の城好きの方への認知を高めるきっかけになっていると思うと不思議な感じもします。

今年は自分も多忙で、周知が不十分でしたが、これだけの人が集まるというのは古宮城の力かと。

本日、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします!
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

本日の古宮城整備活動2016は開催します!

2016年10月15日 | 古宮城
本日の新城市は晴天に恵まれました。
予定通り古宮城の整備活動は開催します。
ご都合のよろしい方は午後1時半か午後3時までの間にお越しください。
軍手と活動しやすい格好だけで大丈夫です。
お待ちしています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

古宮城清掃活動2016開催日決定!

2016年08月27日 | 古宮城
今年4月に入りまして諸事情でブログの更新の時間が取れず、なんとなく休止しておりました。

今年もやります!古宮城の整備活動!
なんといっても今年2月にNHKで全国の名だたる全国の名城11のうちの一つに取り上げられ、人気急上昇中の城。
毎年1回ですが、見学がしやすいよう、少しずつ草刈りや倒木除去といった整備活動を、ボランティアで行っています。

完全手弁当で、勝手に集合して勝手に解散する、10月15日(土)の午後1時30分から午後3時00分までの間であれば、好きな時間に現地に来て、好きな時間だけ作業します。5分だけ来て帰る、見学だけでも大歓迎です。
午後3時からは、希望者が多ければ山城案内人原田純一先生による案内もあります。(参加無料)

古宮城に少しでも興味のある方、大歓迎です。ぜひ、お越しください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

引越しテトリス

2016年03月27日 | 日記
このところブログの更新が滞っておりました。

長篠周辺へ帰るため引越しの準備が大変なのです。
引越しの日程は4月初旬なので、4月頭の土日が名古屋最終土日。今週、ある程度準備しておかないと今度の土日が地獄になる。
そのため、この土日は気合入れてダンボールの箱詰め作業を行っておりました。

箱詰め作業は、テトリスをひたすら続けるようなもの。

※画像出典:ウィキペディア

あまり使わない箱に丁度良い隙間があるから、とよく使うものを入れてしまうと引っ越した後に「あれはどこ?」ということになりかねない。しかし隙間が多いと中の物が動いて壊れやすくなる。しかし詰めすぎると衝撃が加わると壊れる。
この適度な隙間が必要、という話は戦国時代の兜の話とも被ります。

足軽などは借り物や拾い物で甲冑を間に合わせることも多かったようで、大きさがあわずにぴったりとした兜を被っていた人に火縄銃の玉が命中。兜に穴が空くことも無かったのですが、衝撃で死亡してしまい、やはり兜は適度な隙間がないとだめだ、みたいな話を武功雑記だったか何かで読みました。

と、まぁ、ひたすら適度な隙間を作りつつのダンボールを有効活用しながらの箱詰め作業をやると作業そのものよりも案外と頭を使っているようで、ぐったりしてしまいます。
何度目かの引越しと言うことで、プラケースに入っている物はそのまま運んでくれるため入れ替えの手間がかからない、という勉強もしており、今回はよっぽど箱詰め作業が少ない方と言えども油断は禁物。

なんとかこの土日に頑張ったので、今度の土日に終えることができそうです。
まだしばらく引越し予定日まで日にちがあるため、あまり沢山つめてしまうと現在の生活が成り立たなくなる。

このあたりの匙加減は毎回苦しめられますが、今回思ったのが、何度も引越しを繰り返したせいか、意外と物が、すぐ使うもの、しばらく使わないものに分けられていた、ということ。また、たんすに衣料が入っている状態で引っ越せるそうなので、これまた楽。

とにかく、引越しと言うものは手間がかかります。
今回、偶然引っ越しが決まる前から妻が断捨離で物を捨てていたのも幸いでした。

しばらく落ち着かない生活が続きますが、これも奥三河に引っ越すためと思えば。笑。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加