亜鉛の効果は骨の発達、疲労回復

男性機能など様々ありますが、サプリなどで飲み すぎてしまうと過剰摂取になってしまうこともありますので注意が必要です

経営破綻した傘下の米原子炉メーカー、ウェスチングハウス

2017-07-29 11:57:20 | 日記
ワシントン清水憲司】東芝は28日(米国時間27日)、経営破綻した傘下の米原子炉メーカー、ウェスチングハウス(WH)による米国での原発2基の建設事業を巡り、発注元の米スキャナ電力に21億6800万ドル(2432億円)を支払うことで合意した。WHが工事を完成できない場合、親会社の東芝が債務保証する契約を結んでいた。
http://faewripoae.asks.jp/519.html
http://minkabu.jp/blog/show/821713

 東芝とスキャナが合意内容を発表した。スキャナが発注していたのは、南部サウスカロライナ州のVCサマー原発2、3号機。東芝は今年10月から5年間かけて分割して支払う。スキャナは原発建設を継続するかを近く判断するが、この判断と関係なく、東芝に支払い義務があるという。

 東芝は6月に別の原発2基の建設を巡り、発注元の米サザン電力との間で36億8000万ドルを支払うことで合意。今回の合意を含め、電力2社から受注した原発4基に絡む東芝の親会社保証の上限額が6561億円で確定する。
http://minkabu.jp/blog/show/821712
https://eventregist.com/p/vosV8qLCARbW

 東芝は6月末に発表した2017年3月期の業績見通しで、スキャナへの保証負担が膨らむことを見越し、最終損益を9952億円の赤字に下方修正していた。2社への保証額は東芝が見積もっていた範囲内だといい、「既に損失処理しており、業績見通しに変更はない」としている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  LINE <3938> の株が出直る兆... | トップ | 日産自動車と仏ルノーは27... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。