おかるとのヲタク日記

咲 -saki-、ラブライカ、百合、true tears、まどマギ、ガルパン

咲 -saki- 第133局「決闘」 小林立:著 ヤングガンガン

2014-11-08 | 咲 -saki-
1ヶ月ぶりの咲-saki-は、巻頭カラー。
そして、デジタルの化身、のどっち、乳首披露(笑)

なぜか、モロ出しよりも、チラリズムに反応するものです。
服の隙間からチラっと見える、そんな感じ。

でも、咲-saki-の世界、長野スタイルですから、もともとそんなにチラって感じじゃないんですが。
はじめちゃんは、相変わらずだし。

扉絵は、咲さん可愛い、定番ですが、注目は、モモです。
完全に大人っぽい雰囲気になってます。
初登場時よりも、おっぱいも増量されているし、なんだか、身長も伸びたように感じられる。

これは、かじゅと、やりましたね。ええ。完全に少女から、大人の女性に変身です。

さてさて、まずはダヴァンから。
インディアンの血を引く感じなのでしょうか。今はインディアンっていう表現はしないか。
ウェスタン、西部劇、ジョン・ウェインの世界ですよ。

能力の解説をさせたら、ひろこ。
どんだけ、研究しているのか。ほんとに。

姉帯さんの、先負。追っかけリーチで勝つ能力に近いですね。
相手がテンパイするのを待っていて、タイマン勝負に持ち込むのが、スタイル。

のどっちが、どうみても、お姉チャンバラです。

ダヴァンの能力、もし、タイマンではなく、3人、4人テンパイとなったら、どうなんでしょう?
あと、ダヴァンよりも、高速テンパイをする能力者、例えば、淡のダブルリーチとか。

かなり限定的な能力な気もしますね。

次回は、2週間後。休載にならないように(笑)



blogram投票ボタン
ポチっと押してもらえるとやる気が上がります(笑)



咲-Saki- 第13巻
「咲-Saki- 全国編」 七 (初回数量限定特装版) [Blu-ray]
咲日和 第3巻
シノハユ 第2巻
『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« COMIC FLAPPER (コミックフラ... | トップ | ガールズ&パンツァー コミ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。