ピグマンのお絵描きブログ

趣味で絵や漫画を描いています。

『日刊UNDEADMANまとめ』

2016年11月18日 05時04分36秒 | 日刊UNDEADMAN(完結)
 このページはピグマンが2016年4月19日~2016年11月17日の期間に1日1コマペースで描いていた漫画のまとめページとなります。
『UNDEADMAN』とは、数年前、ジャンプSQで連載作をもたれていた八木教広先生のデビュー作で、これはそれを見ながら私がペン入れしたものになります。
主にペンを使う練習をしたくてはじめたのですが、線を引いたり,ベタやホワイト,基本同じ作業の繰り返しはかなり勉強になったと感じています。
ただトーンを貼るのは省いたため真っ白に…
 この作品が載っている月刊少年ジャンプかコミック『めざせ漫画家! 手塚・赤塚賞 受賞作品集6』をお持ちでしたら、見比べてみてください。
※たまに勝手に下描きから変えている箇所あります。
あまり目にできる機会が少ない八木先生の第32回赤塚賞入選作、知ってもらって楽しんでもらいたいです^^
※繰り返しますが、勝手に作画を変えている箇所あるので、本物ともたれる印象はかわってしまうと思います… 本物はすごい。


逃げたぞ
追え!!
やつを外に出してはならん

必ずつかまえろ
手段は選ぶな!!

逃げられただとォ!
馬鹿者 一刻も早くやつをつかまえろ!!




ねェ 知ってる? あの話
なんのことだよ?
例の変な研究所からバケモノが逃げ出したって話よ
ああ あの話か 知ってるぜ

そのバケモノってのが不死身で絶対死なねえってんだろ
そうそう

噂によるとそのバケモノ 人の脳ミソ食べるんだって

男どもがながした たんなる噂だろ?
くだらねェ

柳子は信じてないんだ
信じるわけねェだろ そんな話

ねえ それはそうと 科内くん 一週間も学校こないけど どうしたの?
知るかよ あんなやつ! なんでオレに聞くんだよ

えーっ だって柳子って 科内くんとつきあってるんでしょ
ば…馬鹿ゆうな! だれがあんなやつとつきあうかよ


でもよくいっしょにいるじゃない
あれはな あいつが勝手にくっついてくんだよ!!

はあ
はあ

でもさ お弁当作ったりしてるって噂もあるよ

馬鹿ゆうなよ
でたらめだよ

またぁ
本当のところはどうなのよ

!!
バーカ オレがそんなことするわけねえだろ

うがァ

え!!

きゃあああ 柳子ォ!!


……… ………
……… ………

な…?
……… ………

ふう

いやーっ やっぱりおまえの作った弁当はうまいなーっ

なんなんだ てめーはよ!!
わーまてまて オレだ! 科内だ!!

科内 ……だと

よく顔を見てみろ! ハゲてはいるが面影はあるだろう!!


う―――ん……

ちっともにてねーじゃねーか
わ――っ まて まて まて まて

この声を思いだせ! 声は変わってないぞ!!
愛していた男の声ぐらいわかるだろ!!

だれが愛してたんだよ だれが!!

でもたしかに声や性格は科内くんじゃない?
うーん
そうだな

いったいどうしたんだそのナリはよ
整形手術でも失敗したの?
うむ…

話せば長くなるんだが…
とりあえず……

これとってくれ


きゃあああああ

なにィ
みうしなっただとォ

は… はあ
そ…それがその 人ごみにまぎれてしまいまいして…

馬鹿も――ん!!

みうしなったですむか たわけが!!
やつはただの人間じゃないのだぞ!!

た…ただの人間じゃないとは どういうことです……


たわけ者!!

きさまぁ 助手のくせに わしの極秘の研究を聞きだそうとするとは なんたるふとどきなやつだ!!
博士がいいかけたんじゃないですか~~っ

まあよい… もののついでという名言もあることだし 話してやろう

やつは わたしの長年の研究の集大成なのだ
え! 博士の研究というと まさか!!
そう そのまさかなのだ

それじゃ 博士が長年研究していた 「いけない女子高生 Hでいやらしい大研究」がついに完成したんですかァ!!
そのまさかじゃな―――い!!!

いわば 年老いたわしにとって 願いでもあった研究じゃよ
と…いいますと…

不死(アンデッド)の研究じゃよ

な!?
不死(アンデッド)!!!!



不死の研究に成功したということは あの男はまさか!!
ふっふっふ さっしのとおりだよ 山口くん

なんなんですか あの男は いったい?
きさまは人の話をきいとるのかーっ!!

あの男こそ わしの研究していた不死の男
不死人間(アンデッドマン)なのだーっ!!


不死人間(アンデッドマン)ですってーっ!!
そーだ そーだよ! だからやつが外に出てはまずいんだよ!!


なるほど…ようやく博士のいうことがわかりました
わかってくれたか 山口くん

ところで ひとつ質問してもいいですか?
なんだ


どうして不死の研究にその男が選ばれたのですか
名前でだ

やつなら成功するという気がしたんじゃ

へー

つまり 悪の軍団が科内くんに目をつけて ムリヤリ改造されたわけだ
ま そんなとこだ

なんで てめぇなんかに 目をつけたんだよ
オレって いい男だから 改造人間にうってつけだと思ったんだろ

そして スキをみて 研究所を逃げだしたんだ

あれ以上いたら 改造されつづけて おそろしいバケモノにされてしまうところだった
(すっかりバケモノじゃねーか)


で… おまえよう
これからどうするんだよ

へ?
「へ?」じゃねえよ おまえずっとそんな姿でいるつもりじゃねえだろ

柳子 おまえさえよければ オレはいつでも おまえの人生の伴侶になってやるぞ
だれがそんな話をしてるんだよ!!

そんな姿って…そんなにこの姿がおかしいのか?
変だ
きもちわるい

な……

おおおォ 柳子ォ どうすればいいんだ!!
気色悪いから きばんじゃね―――よ!!


そうだな そうゆうのは
もとをたどるしかねえな

もと!?
つまり てめえをそんな風にした野郎を つかまえるしかね――ってことだ

馬鹿ゆうな! ようやく逃げてきたってのに またあんなおそろしい場所へもどるなんて!!
(てめえの顔の方がよっぽどこわいんだよ)

いやだ―――っ 絶対いやだっ 死んだっていかないぞ!!
死なないじゃない
あ――も―― 仕方ねえなあ

オレもいっしょについてってやるよ


本当か?
ああ

よし いくぞ 柳子!!
きみの愛にこたえるために!!


うひゃーっ いかにもって感じの家だな
しかし いきなり正面から入っていいのか?

こんなときは かえって正面からの方がいいんだよ
そうかな しかしなぁ う―――む

ぐだぐだいってねえで さっさといけ!!
わっ


が―――――っ

うう…


!!

あ…

………………

きゃああああ 科内―――っ!!

科内―――っ! しっかりしろぉ
いきなり やられまくってんじゃねえよ

あ―――っ 痛かった
きゃ――――っ!!

だからいっただろ 正面はマズイって
………………

だ…大丈夫かよ…
顔つぶれてるぜ
大丈夫 すぐなおる


ほーら

きゃああああ
わっ あぶない やめろっ

ワナになにかかかったぞ!
侵入者だ!!


げっ やばい! このままじゃみつかっちまう どうする科内!!
よし 柳子まかせろ オレに考えがある!

この場はキスをしてカップルをよそおいやりすごすんだ
なに考えてんだ てめえ

なに者だ!!
なにをしにここへ入った!!


愛しあう接吻を邪魔するとは なんて無粋な人たちなんだ


げげ 「愛しあうふたりの抱擁作戦」が通じない!!
あたりまえだ! 他人の家ん中でキスしてるカップルがどこにいるってんだよ!

どうしよう 相手は拳銃だ あたったら死んじまうぜ
バカヤロー! てめえ不死身だろが!!

あっ そ―――か
てめえ 不死身ってのは人を驚かすことじゃねえんだよ

いけーっ 科内ィ!!
ザコどもなんか敵じゃねえ

拳銃なんか相手にしない
無敵のパワーみせてやれ

いくぞ ザコども!!
お―――っ その気になってるぜ


へへっ バカヤロ―――ッ 拳銃なんかきかね―――んだよ!
ざまあみろ!

ものすげ―――― 痛い!

よく考えりゃ 死なないつっても 痛みは感じるんだ
死なない分 よけー痛いよ
わ…わかったからよるな たのむ

その話はあとにして 今はやつらをどうにかしろ

こうなりゃヤケだ 殺せるもんなら
殺してみろ!!

でやあああああ




いけーっ 科内!!
不死身のパワーをみせてやれ―――っ!!

ぐぎぎぎ




どりゃああああ


ひええええ!!

バケモノだーっ!!

……………
やったじゃねえか みんな逃げたぜ


お…おい 大丈夫か 科内!!

なにィ 不死人間(アンデッドマン)が復讐にやってきただとォ!?

不死身にしてやって礼のひとつもいわんで 恩知らずなやつめ!
そりゃ勝手にやれば怒りますよ

しかしまずいですよ 相手は不死ですよ どうするんですか


うろたえるでない 山口くん
不死身といえど 弱点はあるものだよ

ちくしょう カギかかってやがるぜ
科内! 体あたりかなんかであけてみろよ


バカゆうな ただでさえ出血多量で死にそうだってのに…
てめえ 男だろが! 気力でいけ 気力で!!

出血多量に男も女も……
せ―――の!


だめだなーっ テレビなんかじゃ簡単にあくけどなーっ
む… むごい



あ わりィ科内 このノブ逆まわしでやんの
あははは

だいたいよォ 不死なやつが貧血でぶったおれんなよな
貧血じゃなくて出血多量だって
死なねえんだから同じだろ




なんだ てめえら まだこいつの相手する気か!
いつでも相手になってやるぜ
あ~~~っ
ふっふっふ

相手もなにも そいつの作り主は このわしじゃよ


なにィ するとてめえか! 科内をこんな風にした野郎は!!
オレをもとにもどせ~~~っ

親も同然のこのわしにむかってそんな口のきき方をするとは…
まったくなっとらんの―――

かまうこたねぇ こいつらぶちのめして もとにもどる方法 はかしちまえ!! いけ――っ 科内ィ!!
い…いけーってあのね……

てめえ それでも男かァ!!
そーゆー問題じゃないって……
(………………………
…………………………)

てめえ ぐだぐだいわずに とっとと いってこい!!


あた!
ん?


げ!!


て…てめえ 瀕死の男をいきなり なぐりやがって
それでも人間か!!

き…きさまァ 人が出血多量だと思って いい気になりやがって
この目の下のくまをみてみろォ!!



げげ


こら――っ やめろォ
…… ……
てめえら 今にも死にそうなケガ人に なんてことすんだ!!

柳子~~~ッ

やめろォ!!

科内ィーッ!!




死ぬほど いてーっ

大丈夫かよ おい
こんなになっても生きてるなんて… これなら死んだ方がまだ楽だよ

てめえ このやろ バズーカは卑怯じゃねえか!!
男なら素手でこい!!
そうゆう問題じゃないって…
がははは いかに不死といえ バラバラにされれば手も足もでまい!!

さて お嬢さん よくみるとなかなかわいいね
わしの研究に協力してもらおうかな

な…なんだよ 研究って

シュタイン博士の「いけない女子高生 Hでいやらしい大研究」!!
やっぱりそうだったのか
きゃあああああ

こわがることはない すべてをわしにまかせなさい
なにがまかせろだ てめえ!!


べつにスケベな気持ちでやるんじゃないぞ わしは純然たる研究心をもってだな
説得力ねえんだよ!!

科内 てめえ なにぼけっとしてんだ たすけろ!!
オレにどうしろってんだ

そんなにだだをこねるもんじゃないよ お嬢さん
急にしぶくなってんじゃね―――よ

首だけでもいいから なんとかしろォ てめえ男だろが
むちゃくちゃいってるな

えーい ききわけのないやつだ 実験室まで つれてこい!



バカヤロー 科内ィ
自分の女が どうなってもいいのかよ!!

オレの女!!!!


!!!

な…なにごどじゃ!!

柳子ォ 今たすけるぞォ!!


ぎゃああああ

おお かわいそうに よほど エロじじいがこわかったんだね
てめえの顔がおっかね――んだよ!

よ…よみがえりやがった
あんな バラバラ白骨から復活するなんて

!!
バケモンだ―――っ!!
逃げろォ
あ!!

こんなバカな! あんなバラバラにされて なぜ復活できるんだ

きさまのように 頭のかたい学者どもには わかるまい


愛の力だーっ!!
柳子とオレの愛の力が不可能を可能にしたんだァ!!


そ…そうか…
わかったぞ

急激なアドレナリンの分泌により ディオキシリボカクサン二十螺旋の変形で すさまじいまでの細胞分裂を生じ さらに脳波αの作用によって異常再生をひきおこしたのかーっ!!
博士 なにいってるのか さっぱりわかりません

さぁ 部下たちの逃げた今 きさまに勝ち目はないぞ
かんねんして オレをもとにもどすんだ

も…もどしてもいいが もとにもどったら今までの反動が いっきにくるぞ

今までの反動!?
つまり 不死になってからうけてきたダメージが もとにもどったとたん いっきにおしよせてくるわけです

不死になってからうけたダメージ
……………


それじゃ オレは元にもどったとたん バラバラってことかァ
早くいえば そうゆうことになりますか

うおおお オレは一生 このままなのかーっ!!
(みてられねえぜ)


そういや 聞きたかったんだけど なんで不死の研究に こいつを選んだんだ

え!?

そういや オレも本当のところを聞きたいな
あ――― 選んだ理由ね そうだな―――  本当のこといったら 怒るかな?
意外とウケるかもしれませんよ

いやあ たいした理由じゃないんだけど
実はですね


ちくしょう ふざけやがって なにが名前だよ くそぉ
同情するぜ

でもよ 考えてみりゃ 不死ってのもいいかもしれねえぜ
ずっと生きてられるってことなんだしよ

柳子…

オレがこんな姿になっても きみの変わらぬ愛をたしかめることができて うれしいよ
これからも ふたりで愛をはぐくんでいこうな

いきなりさわやかな顔して 何バカいってんだよ なんでオレがてめえなんかにほれなきゃなんねえんだよ あんまりバカいってると はったおすぞ てめえ ハゲ!


おまえ さっき オレの女だと いったじゃないかぁ!!
ありゃ ことばのはずみだ 本気にすんじゃね―――よ

不死でもいいっていっただろがァ!!
はげましただけだ オレはバケモノは苦手なんだよ
柳子ォ オレの目をみろぉ
目ェ血ばしらせてきばんじゃね――よ 気味悪いんだよ てめえ!

------------------------------------------
 今読み返してみると(ただ見本をみて描くだけだが、)よくこんな膨大な量を描いたものだと思う。
1日1コマでも地道な作業というとはとてつもないことができる可能性を秘めている。
だからちょっとずつでも頑張っていこうといまだ思えるのかも…
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『1111』 | トップ | 2016年11月20日(日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL