ピグマンのお絵描きブログ

趣味で絵や漫画を描いています。

2016年10月29日(土) 『第19回 白金色の結末』

2016年10月29日 15時41分49秒 | ジャンP流
10月29日(土)

 ジャンプSQでやっております。
そういえばもう長い間SQ買ってない…

 ということで第19回です。

いつもの模写のペン入れです↓


----------------------------------------------------

実技!マンガテクニック 第19回 エフェクト編“光”

今回は漫画の重要な効果である「光」の描き方を一緒に学んでいきましょう。

※第16回の「トーンフラッシュ」の説明とほぼ一緒です。

・まずは全体にトーンを貼っておく
・中心点を決めて、光のアタリを下描きする
・描きおわったらカッターマットを敷いて中心点に画鋲をさす
・金定規を画鋲に当てながらアタリにそってカッターで削っていく
●削る長さはランダムにすることで自然な仕上がりに
・アタリを練りゴムで消す
・全体のバランスを見ながら再度トーンを削っていく
・最後に光の中心(画鋲周り)の余分なトーンを剥がす

完成!
応用編としてホワイトも使用する




 今回、何回か練習したんですが、やはりトーンがうまく削れず、汚く剥がれたりと失敗ばかりでした。
DVDの映像でも剥がれかけていましたが、さらにその外側を削っていき、中心点の周りのトーンごと最後にはがしてきれいにしているようでした。
もっとうまくできるように一緒に練習していきましょう!

------------------------------------------------------------------
<先生情報>(DVD内容範囲)
・下描きは鉛筆。おそらく「ハイユニ(三菱)」のB
・消しゴムは「MONO」
・ペン入れは主にGペン
・ペン軸は両側に挿せるタイプで両方ともGペン(片方はホワイト用だと思う)
・ホワイトは「ミスノン(LION)」
・カラーはコピック
・カラーを塗った後の細かいスミ入れに「コピックマルチライナー」を使用
・少し太め&ベタには筆ペン「墨液ぺんてる筆」を使用
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 『ロボットだったり犬だった... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL