“坂の上の雲”

登っていく坂の上の青い天に、もし一朶の白い雲が
輝いていてもいなくても、また坂を登っていきます。

17/01/29『老根別山』

2017-01-29 | 山行報告

昨日に続き、1月最後の日曜日は占冠、金山周辺の山「老根別山(906m)」です

―ろうねべつやま―

 

 

昨日とはうって変わって好天に恵まれた占冠、金山

 

 

Amigoさんは、

ラーチの朝食でご飯を3杯おかわりし、

Toshiは控えめにおかわり1杯


ごちそうさまでした

 

三人は毎度のことながら“旨い旨い”を連発し、卵かけご飯に

納豆に海苔、サバの塩焼き・・・

兎に角、ラーチスタッフの皆さんには感謝しております

 

 

■8:55  登山口 駐車スペース

 

予報通り晴れてくれましたが、

予報通りでないのは“風がほとんど吹かなかった”本日の「老根別山」

 

なので、気温は低くても春の陽射しを感じる今日一日でした。

 

 

朝のうちサラサラだった雪面も10時を過ぎる頃にはもう湿気を蓄えてくる。

 

Amigoさん、4杯飯しのパワー全開で、この少し重いラッセルをこなしている

ところを見ていると、とても還暦を過ぎている人とは思えません

 

 

Toshiも“おかわり”の数では負けますが、ラッセルでは負けじと交代で

雪を踏みしめて登っていきます。

 

視界がだんだんと広がっていく9:40

 

老根別山の南東斜面を仰ぎ見るピークに到達

 

Toshiも飲んだ次の日にも関わらず意外と快調で

いつもなら喉が渇いてしかたがない登り下りに、この日は水分補給ゼロ

 

 

ヤッパリ、

ラーチの朝の食事が良いのでは

 

 

最後の登りに差し掛かり、1杯飯しのhiromiちゃんもエンジン全開

 

妹に負けてなるかToshiも全開

 

登り始めはまだ雲がかかっていた頂上に今は青い空が広がり、

昨晩宿泊したラーチのある金山湖周辺の景色も綺麗です

 

 

っと、

頂上まであと僅か・・・という標高900m地点まで来て、

斜度が最大になりかけたとき、

辺りに、背中がザワつくような...雪面がきしむ音を耳にしたので、

 

ここで登りを断念

 

きつい斜面にストレスを掛けぬようツボ足に切り替えるて

 

無理せず下山しま~す

老根別山ピークまであと300m、

そこからの眺めは春にまた来たときに

 

この斜度ですから・・・ね。。。

 

■14:40 頂上直下 標高905m地点

 

それにしても、ボードで滑りたくなるような斜面

 

あと僅か・・というところまでが刻まれている本日の老根別山トレース...

確かにこう見返してみても急であります

 

 

下山の時刻までよく晴れて、ほぼ無風の尾根歩きでした

 

■11:40 登山口 駐車スペース 


山歩きの楽しい動画もアップしましょうねぇ~[3:29]

 

それではまた来週まで、さようなら~

 

 

 

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 17/01/28『BC 0の山』 | トップ | 17/02/04『音江山BC』 »

コメントを投稿

山行報告」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。