ラカン精神科学研究所goo出張所

ラカン精神科学研究所ホームページ
http://lacan-msl.com/

ラカン精神科学研究所メールマガジン 第76号(2016年7月1日)発行のお知らせ

2016年07月01日 | お知らせ

ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

2016年7月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン76号発行しました。

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。


No,76今月のメルマガのテーマは「個・自我を育てる:子どもの部屋」‐No,2- です。


…子どもが自分の部屋に籠ると

「何をしているかわからないからダメだ」と言う人がいます。

…子どもが部屋に居ない時に勝手に入ってはいけません。

子どもが部屋にいる時に、必ずノックをして

「入って良い」という許可を得てから入ります。

…自分だけの部屋でリラックスする、個人の楽しさと、

家族という集団の中で団欒を味わう、集団の楽しさ、

この二つの楽しさを学習し知っている事です。

…人を育てる環境として『部屋』と『食事』が特に大切です。

…親自身が個として尊重される環境に居なければ

子どもを自分とは違う個人として認め尊重する事は出来ません。

…私が自分の間違いやコンプレックス(無意識)に気付いて修正出来る方法は、

精神分析でした。

                      (メルマガより一部抜粋)


興味ある方はお読みください。

第76号 ラカン精神科学研究所メールマガジン


           インテグレーター(精神分析家) 登張豊実



下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

メルマガ:子育て相談室便りこのページより登録できます。

ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。

始源回帰セラピー

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大阪 子育て相談室 日程のお知らせ(平成28年7月6日)

2016年06月30日 | 教室、講座のお知らせ

大阪子育て相談室を開きます。

日 時 : 7月6日(水) 午前11:30~12:30

場 所 : JR大阪駅周辺(詳しくはお問い合わせください)  

参加費 : 2,000円 プラス交通費を一人500円負担お願います
        (1回:1時間 完全予約制 電話等にて連絡してください)


お一人から参加いただけます。

子どもさんの年齢に関係なく、子育てに関しQ&A方式で相談会を開催しています。

日常の些細な事から、不登校、ひきこもり、非行、神経症など話し合います。


子どもを理解し、親の考え方・態度が変わると、子どもは変化していきます。

子どもの年齢に制限はありません。

これから妊娠出産を考えている方、お父さんの参加も歓迎します。

母親とは、母性とは何か、子どもへの対応法「オールOK」についてもお話しします。

興味関心のある方、参加希望の方は下記へご連絡ください。

また都合により日時を変更する場合もありますので、参加の方はメール電話にて必ずご連絡ください。


『子育て相談室』は複数人で行ないますので、個人のご相談は、精神分析になります。

詳しくはホームページを見ていただくか、電話等にてお問い合わせください。

電話: 077-558-8766

携帯: 090-7357-4540

メアド:lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)。



             インテグレーター(精神分析家) 登張豊実



ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

不登校・ひきこもりに悩む方々へ

非行・家庭内暴力に悩む方々へ

ラカン精神科学研究所メールマガジン

始源回帰セラピー

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

滋賀インテグレーター養成講座Ⅱ開講日程のお知らせ(平成28年6月30日)

2016年06月24日 | 教室、講座のお知らせ

インテグレーター養成講座Ⅱ巻上(病理編)を開きます。


日   時 : 6月 30日(木) 午後1:00~2:30 

場   所 : ラカン精神科学研究所(滋賀県大津市 JR湖西線「唐崎駅」下車徒歩5分)

受講費用 : 一受講につき一万円
        初めての方はプラス テキスト代一冊5千円 (全四冊)


- インテグレーター養成講座Ⅱ上 -  講義内容

  病理Ⅹ《躁うつ病・治療編》
 
     うつ病の診断基準 メランコリー型の診断基準 季節型の診断基準
    
   躁病の症状と躁病エピソード

     A項目 気分高揚の持続 B項目 気分障害の下位分類と診断

     うつ病性障害の下位分類 双極性障害の下位分類

     概念と症状 定型と非定型 重症と軽症 持続の問題

     定型的うつ病の症状 心理的変化 社会行動的変化 身体的異常
    
     否定型的なうつ病の症状 病前性格 形成   

    
テキスト途中の項目からでも参加できます。

また試しに一度受けてみたいという方や、この項目を聞いて見たいという方も受け付けます。

その場合は、一回の受講費用 一万円とテキスト代(一回分) 二百円 です。 

遠方の方にはスカイプによる講座も受講していただけます。

詳しくは、skype de stherapy(スカイプ セラピー) のページをご覧ください。

こちらに、スカイプの設定の仕方も載せています。

6.スカイプでセラピー手続きマニュアル

一人での受講も可能です。

その場合は1講座1時間で、受講料は1万円です。
 
興味・関心のある方、参加希望の方、下記へ連絡ください。

077-558-8766(電話) 

090-7357-4540(携帯電話)

lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変えたアドレスでメール送信してください。(スパムメール対策)



         インテグレーター(精神分析家) 登張豊実



ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン

始源回帰セラピー

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

滋賀・ラカン講座開講日程のお知らせ(平成28年6月21日)

2016年06月13日 | 教室、講座のお知らせ

滋賀、唐崎セラピールームで 『 ラカン講座 』 を開きます。


日   時 : 6月 21日(火) 午前11:00~12:30 

場   所 : ラカン精神科学研究所(滋賀県大津市 JR湖西線「唐崎駅」下車徒歩5分)

受講費用 : 1回の受講につき1万5千円
        初めての方はプラス テキスト代一冊5千円
      

ラカン講座 『 象徴界を目指して 』   - 講義内容 -

 1. 主体の分裂と象徴秩序の成立

    原抑圧
      抑圧
      性欲
     (前回の続き テキストP2,6行目から)


ラカンのいう『象徴界』、この『象徴界を目指す』とは人間になるという事です。

では、人間とは何か?

正しく言葉を使い、考える・思考する事だと考えます。


『ラカン講座』は、受講生1名の場合は1回1時間30分で行います。

2名以上は1回2時間で行います。

今回の講座に参加することも出来ます。

新しく個人またはグループでの講座を設定し、受講することも出来ます。

遠方の方にはスカイプによる講座も受講していただけます。

詳しくは、skype de stherapy(スカイプ セラピー) のページをご覧ください。


興味・関心のある方、参加希望の方、下記へ連絡ください。

077-558-8766(電話) 

090-7357-4540(携帯電話)

lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変えたアドレスでメール送信してください。(スパムメール対策)



             インテグレーター(精神分析家) 登張豊実


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン

始源回帰セラピー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

分析家の独り言 751(世代連鎖を断ち切る:大和君無事見つかる)

2016年06月07日 | 分析家の独り言

親自身がその親に適切に世話されて育ったのならいいのですが、

残念ながら多くはそうではありません。

何らかの欠損・欠如を抱え、受け入れられず拒否・拒絶を味わい

傷つきを持っています。

しかしそれを意識に上げておくと辛いので、まるで無かったかのように

普段は無意識に抑圧し、思い出さないようにしています。


子育ての場面で母親・父親は子どもと向き合った時、

自分のコンプレックス(無意識)が刺激されます。


例えば子どもが甘えてくれば甘えてくるほど、

要求を出してくれば出してくるほど、

親自身が子どもの頃親に甘えられず、拒絶された自分が想起されます。

瞬間的に、子ども時代に甘えたかったのに甘えられなかった自分が、

甘えて来る子どもを通して見えてしまいます。

「自分はそんなに甘えたことはない」、「なのに何であんたは平気で甘えてくるの」、

「甘えて来ないで」、「自分でしなさい」等々、

その人によっていろいろなフレーズが浮かびます。

腹が立ちイライラし、自分が親にされたように、子どもを拒絶したり、

怒ったりするでしょう。


子どもが甘えや要求を我慢している限りは、甘えられなかった自分、

要求を叶えられなかった自分、拒絶された自分を見ずに済みます。

むしろ子どもを通して従順な自分を見るので、

葛藤せず安心・安定していられます。

このために、子どもに「あれしなさい」「こうしなさい」「それはダメ」と

親は命令指示します。

自分の都合の良いように子どもを動かしていれば、心穏やかに過ごせます。


ところがその裏で、子どもは自分の言いたいことが言えず、自分を出せず、

親の命令指示の強度に比例して、主体性を奪われロボットにされていきます。

そうされた子どもが後に叫ばない訳がありません。

多いのは思春期に不登校や非行などの問題行動としてあらわれるケースです。


親自身がその親から受けたマイナスは、下の代に行くほど強化されていきます。

無意識に子どもに転付してしまい、

その事に気づかずに世代連鎖されていくので恐ろしい事です。


精神分析は、子どもへの対応を変えて『オールOK』する事と、

親が自分を知る事でこの祟りのような世代連鎖を断ち切っていきます。


北海道の七飯町の山林で「しつけのため」として置き去りにされた

小学二年生の大和君が無事見つかり本当に良かったです。

よく無事でいてくれました。

山林で置き去りにした両親もまた、

置き去り、見捨てに似た体験があると思われます。

ただ反省しただけでは、形を変えて無意識(コンプレックス)は

いろんな場面で顔を出します。

根本的解決と大和君の心のケアが必要と考えます。


       インテグレーター(精神分析家) 登張豊実



ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

滋賀インテグレーター養成講座Ⅱ開講日程のお知らせ(平成28年6月16日)

2016年06月06日 | 教室、講座のお知らせ

インテグレーター養成講座Ⅱ巻上(病理編)を開きます。


日   時 : 6月 16日(木) 午後1:00~2:30 

場   所 : ラカン精神科学研究所(滋賀県大津市 JR湖西線「唐崎駅」下車徒歩5分)

受講費用 : 一受講につき一万円
        初めての方はプラス テキスト代一冊5千円 (全四冊)


- インテグレーター養成講座Ⅱ上 -  講義内容

  病理Ⅸ《 心気・心身症 》②
 
   心身症
    
     心身症の定義 身体表現性障害

   心身症のパーソナリティ

     母子関係 アレキシサイミア タイプA行動パターン

     心身症パーソナリティ 治療 プラセボ効果 心理的治療

     ヒストリーをきく 分析治療   

    
テキスト途中の項目からでも参加できます。

また試しに一度受けてみたいという方や、この項目を聞いて見たいという方も受け付けます。

その場合は、一回の受講費用 一万円とテキスト代(一回分) 二百円 です。 

遠方の方にはスカイプによる講座も受講していただけます。

詳しくは、skype de stherapy(スカイプ セラピー) のページをご覧ください。

こちらに、スカイプの設定の仕方も載せています。

6.スカイプでセラピー手続きマニュアル

一人での受講も可能です。

その場合は1講座1時間で、受講料は1万円です。
 
興味・関心のある方、参加希望の方、下記へ連絡ください。

077-558-8766(電話) 

090-7357-4540(携帯電話)

lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変えたアドレスでメール送信してください。(スパムメール対策)


            インテグレーター(精神分析家) 登張豊実



ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン

始源回帰セラピー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

分析家の独り言 750(躾で山林に置き去り事件によせて)

2016年06月02日 | 分析家の独り言

北海道七飯(ななえ)町東大沼の山林で28日夕から、北海道北斗市の小学2年生、田野岡大和君(7)が行方不明になっている事件。
両親が「しつけのため」として山中で車から降ろし、数分後に戻った時には姿が見えなくなっていたという。
大和君は28日、家族4人で近くの公園を訪れた。小石を人や車に投げつけるなどしたため、両親が「悪いことをするとこうなる」という意味で、同日午後5時ごろ、現場の山道で大和君を車から降ろした。500メートルほど離れ、5~10分してから戻ったところ、大和君はいなくなっていた。
両親は「言うことを聞かなかったことがあり、しつけとして置いてきた」と話しているという。

                   (朝日新聞デジタルより引用)

・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


大変な事件が起きてしまいました。

小石を人や車に投げつけるなどしたため、両親が「悪いことをするとこうなる」、

「言うことを聞かなかったことがあり、しつけとして置いてきた」という。

これは躾ではなく虐待です。

大和君の父親は、「本当のことを言うと(虐待をしたなどと)疑われるかもしれず、

世間体を気にした。」と言っています。

この期に及んでも世間体を気にし、自分を守りたい。

人は自己愛の傷つきを命がけで守ります。


本当の意味で子どもを躾けるのなら、

なぜ人や車に投げつけるのかをきき、それはしてはいけない事だということを

子どもが納得するまで話し合い説明します。

この父親は、子どもを納得させる言葉を持っていなかった事になります。


「悪いことをするとこうなる」という意味で、車から降ろし置き去りにするとは、

置き去りにされる恐怖を与える事で、言う事をきかせようとしたという事です。

「小石を人や車に投げつける悪い事をしたら、置き去りにするぞ。」

「置き去りにされたくないなら、人や車に小石を投げるな。」

これが大和君の父親のいう躾です。


恐怖で子どもにいう事をきかせても意味がありません。

恐いから、怒られるから、暴力を受けるから、置き去りにされるから

親の言う事をきくだけです。

子どもはなぜそのことがいけないのかを納得しなければ、

形を変えてまた同じことを繰り返します。

例えば、子どもは小石を人や車に投げると怒られるが、

小石以外の物ならいいだろうとか、

親に見つかると怒られるから、見つからないようにしようなどと考えます。

これではより巧妙に陰湿になる可能性があり、危険です。

物事の本質を理解しなければ、応用もききません。


今回の事は、置き去りにされた大和君が見つからないという事で、

このような事件になりマスコミも取り上げ、皆が知るところとなりました。

もしもこれが、置き去りにした所に戻って、そこに大和君が居て

親は何事も無かったかのように大和君を車に乗せて帰宅したとします。

そうすると、親は子どもにとんでもなく悪い事をしたと反省したでしょうか。


置き去りにされ、短時間であっても見捨てられた大和君の心の傷は

いかほどのものでしょう。

親は5分もすればすぐに迎えに行くのだから

大したことはないと思っているのでしょうが、

置き去りにされ見捨てられた子どもには、そんな親の思いはわかりません。

独りで生きていく事の出来ない子どもは、

山林から独りで帰る道もわからない大和君にすれば、

置き去りにされる事は命の危機、死に相当します。

親の目線や立場と子どものそれらは全く違う事を認識しなければいけません。


こういう私も精神分析の理論を知らなれば、

大和君の父親とかわらない方法で躾だと言っていたと思います。

多くの人達にも起こり得る可能性があります。

知らないという事、無知である事が悲劇を招いてしまいます。

こういう事件が起こると、親となる人、なった人に精神の構造や発達の仕方、

子育ての方法を知って欲しいと思います。


躾は丁寧にしない事。

つまり「躾」が「お躾」=「押し付け」になってはいけないのです。


最期になりましたが、大和君の無事を心より祈ります。



        インテグレーター(精神分析家) 登張豊実



ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラカン精神科学研究所メールマガジン 第75号(2016年6月1日)発行のお知らせ

2016年06月02日 | お知らせ

ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

2016年6月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン75号発行しました。

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。


No,75今月のメルマガは「個・自我を育てる:子どもの部屋」‐No,1- です。


…小社会である家庭は、個と社会が交錯する場所です。

…集団と個の使い分け、どこまで個を主張するか、どこまで集団に合わせるか

この学習が、社会化の学習の基礎になります。

…家の構造でいうと、リビングは家族みんなが集う場所であり、

社会でいうなら公の場所。

個人の個室がプライベートな場所になります。

…個室が与えらえないと個が育ちません。

自我境界が自分と他者は違うという仕切りになります。

この自我境界こそ部屋を仕切る壁・ドアに相当します。

…自分の部屋が確保され、自分の部屋では何をしていても

絶対に他者にわからない事で、

自分だけの秘密を持つことが出来ます。

…自分の事は自分しか知らない、その事によって明確な自分が出来ます。

…親は、その子、その子の個性を尊重する対応をする必要があります。

                      (メルマガより一部抜粋)


興味ある方はお読みください。

第75号 ラカン精神科学研究所メールマガジン


           インテグレーター(精神分析家) 登張豊実



下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

メルマガ:子育て相談室便りこのページより登録できます。

ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。

始源回帰セラピー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スカイプ・インテグレーター養成講座Ⅱ‐1開講日程のお知らせ(2016年6月)

2016年05月31日 | 教室、講座のお知らせ

毎週日曜日の夜、スカイプでインテグレーター養成講座を開いています。

 ‐ 2016年6月の予定 ‐  <インテグレーター養成講座Ⅱ>

  日  時 : 6月5日(日)PM8:30~9:30

  講座内容 :  夫婦共謀2 《自己愛的・口愛的共謀》

         自己愛的共謀
          自己愛的な相手の選択
          自己愛者の男女関係
          自己愛者の相手としての補足的自己愛者
          自己愛的結婚   
          自己愛者の相手の選び方
          自己愛的夫婦葛藤への転変
         口愛的共謀
          口愛的な相手の選択
          口愛的夫婦葛藤への転変
          口愛的共謀のまとめ       
 

  日  時 : 6月12日(日)PM8:30~9:30

  講座内容 : 夫婦共謀3 《肛門的・エディプス期的共謀》

         肛門-サディズム的共謀
          肛門-サディズム的な相手の選択
          肛門-サディズム期の結婚生活
          夫婦の葛藤
          権力闘争
          嫉妬と不貞の共謀
          要約
         男根-エディプス期的共謀
          男根-エディプス期的な相手の選択
          相手選び
          ヒステリー結婚
          ヒステリー結婚の経過
          男根-エディプス期的共謀
          男根期的共謀のまとめ

        
  日  時 : 6月19日(日)PM8:30~9:30

  講座内容 : 夫婦共謀4 《共謀の行き詰り》

           行詰り
         第三者の取り込み
          三角関係
          子供の役割
         心身症的な夫婦
          葛藤中和作用
          共同の防衛症候としての心身症
          心身症的コミュニケーション
          心身症の三型
          まとめ        

  日  時 : 6月26日(日)PM8:30~9:30
  
  講座内容 : 夫婦共謀5 《共謀治療》

          治療目標
         療法の選択
          適応基準
          初回面接
          同席面接
          夫婦治療における抵抗
          治療を受ける意志のない方の抵抗
          治療意志のある方の抵抗
          夫婦の抵抗
          治療者の抵抗
          治療的共謀
         治療者の性別に関する問題
          女性患者と男性治療者
          男性患者と男性治療者
          離婚
          再婚
          理想的夫婦     

受講費用 : 一受講につき一万円
          初めての方はプラス テキスト代一冊5千円 (全4冊)
          またはテキスト代(1項目)200円


遠方の方にはスカイプによる講座を受講していただけます。

個人での受講時間は1時間、2名以上の受講は1.5時間で行います。

試しにこの項目を聞いてみたいという方、受講受け付けます。

新しく個人またはグループでインテグレーター養成講座を開くことも出来ます。

詳しくは、skype de stherapy(スカイプ セラピー) のページをご覧ください。


興味・関心のある方、参加希望の方は下記へ連絡ください。

077-558-8766(電話) 

090-7357-4540(携帯電話)

lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変えたアドレスでメール送信してください。(スパムメール対策)


            インテグレーター(精神分析家) 登張豊実



精神分析についての詳しい内容や、出張、講座、教室等の予定は下記ラカン精神科学研究所のホームページ並びに、2.スケジュール(googleカレンダー)をご覧ください。
             ↓
ラカン精神科学研究所のホームページ


オールOK!子育て法

メルマガ:子育て相談室便り

始源回帰セラピー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大阪出張セラピーのお知らせ(平成28年6月1日)

2016年05月25日 | 出張セラピー

大阪で出張セラピーをします。


日時 : 平成28年6月1日(水)

場所 : 大阪梅田駅周辺

分析料: 初回は75分15,000円、2回目以降は50分10,000円(プラス交通費2000円)

    * 場所、分析料、交通費について詳しくは、電話等にてお問い合わせください。


自分自身、子ども、夫婦、家族、対人関係その他様々な悩みご相談ください。

大阪近郊で精神分析を希望される方、連絡ください。

日程が合わない場合、互いの都合のつく日時を調整します。

交通費を負担していただければ、お宅へ出張もします。


完全予約制となっています。

詳しくは電話またはメール等で連絡ください。

電話 077-558-8766  携帯電話090-7357-4540

メアド:lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変換したメールアドレス(スパムメール対策)にメール送信願います。



                  インテグレーター(精神分析家) 登張豊実



精神分析についての詳しい内容や、出張、講座、教室等の予定は下記ラカン精神科学研究所のホームページ並びに、2.スケジュール(googleカレンダー)をご覧ください。
              ↓
ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン

ラカン精神科学研究所forスマートフォン

始源回帰セラピー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加