江馬直の創作奮闘記

やっとこさ無職ではなくなった創作家、
江馬直の日常を綴るブログです。

もう少し何とかならなかったのかなあ。

2017-02-09 00:26:06 | 各種感想文
『徳川家康 われ一人腹を切て、万民を助くべし』(笠谷和比古著 ミネルヴァ日本評伝選163 2016.12)、読了。


はっきり言って、前半はとてつもなく退屈。

従来説をただ列挙しただけなのである(それと、著者の主観が入り過ぎている気が……評伝としてそれってどうなんだろう?)。

まあまあ面白くなってくるのは「関ヶ原」以降。

こういう風に「関ヶ原」や「大坂の陣」を解釈するのは、ありっちゃありかなあ。


結構期待して購入しただけに、落胆の方が大きかった。

「ミネルヴァ日本評伝選」シリーズは当たり外れが激しいことで定評(?)があるが、今回は外れかなあ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« それの別名は「異端審問」。 | トップ | 「天然魚」と「養殖魚」。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

各種感想文」カテゴリの最新記事