江馬直の創作奮闘記

やっとこさ無職ではなくなった創作家、
江馬直の日常を綴るブログです。

訃報相次ぐ。

2017-06-30 00:58:34 | 日記
今、「知人」が、死に瀕している。

年齢は六十代半ば、女性である。

知り合ってほぼ十年になるだろうか。

数日前にそれを聞かされて以来、実はやや呆然としている。


この「知人」は、居酒屋のおかみさんである。

私は飲み歩く癖がないので、彼女の店にはただの一度も行ったことがない。

単なる「ご近所さん」というだけのはずなのだが、何故だかよく話し込んだ。

不思議な関係性であった。


先週不意に倒れて、人事不省なのだという。

長くないらしい。

店は畳むしかないのだろう。

あと十年は続けると口にしていたのに、なんともあっけない幕切れであった。


最近、近辺で訃報が相次いでいる。

先月は、幼少期大変世話になった老小児科医が大往生した。

今月頭には、大叔母が急逝した。

平凡すぎる言い草であろうが、もう続かないでほしい。


死が続くと、ついつい考え込んでしまう。

死の先には何があるのか、と。

そんなものはないのだろうと思っている。

だからこそなおさら、私は死ぬことに恐怖しか覚えない。


死を超える恐怖を見出し得ないのである。

それとも、他に何かあるのだろうか。

こういうことを考え始めると眠れなくなるくせに、それでも考え続けてしまう。

実に厄介な生き物である。


ただ願うらくは、私が好もしく思った人々には、出来るだけ健やかで豊かなる生が与えられんことを。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あの痛みは忘れたって消えや... | トップ | 失敗しない人生なんて味気な... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事