江馬直の創作奮闘記

やっとこさ無職ではなくなった創作家、
江馬直の日常を綴るブログです。

銀河の歴史がまた一頁。

2017-05-06 03:23:21 | 各種感想文
『銀河英雄伝説』劇場版「我が征くは星の大海」&第二十六話「さらば、遠き日」、視聴。


BSプレミアムで放送していたので、ついつい観てしまった(その前に放送していた『ジョーカーゲーム』がとんでもなく面白かった。去年の作品なんやね。そのうち全話観よう)。

で、ちょいとショックだったのだが、「さらば、遠き日」の作画がかなりな部分で書き直されていた(主に人物)。

全百数十話の中で多発した絵柄の出来不出来を統一したかったのだろうが、結果かつて存在したはずの「味」が喪われてしまった(これ、両方観た人じゃないと判らないかなあ。新旧の作画がちょくちょく混ざるので、凄まじい違和感に襲われた)。

しかも、「ある主要人物」が「退場」する話での作画書き換えだったので、「あれは(多少雑な絵でも)そのままにしておいた方がよかったのに」と思ってしまった(旧作画の方が目や髪の「芝居」が自然だったような気がするのだ)。


まあ、エピソードそのものが変わったわけではなかったので、いいっちゃいいんだけど……なんか、ねえ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そういや、『プラネテス』に... | トップ | 僕は人間じゃないんです。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

各種感想文」カテゴリの最新記事