江馬直の創作奮闘記

やっとこさ無職ではなくなった創作家、
江馬直の日常を綴るブログです。

消えぬ灯火。

2017-07-15 11:59:10 | 各種感想文
『天空の詩人 李白』(陳舜臣著 講談社 2017.01)、読了。


三回忌に合わせての刊行だったのだろう。

絶筆となった李白論以上に、同収された漢詩集、『澄懐集』の一篇に目が止まった。


 逆旅

逆旅同爲客  逆旅 同じく客と為り
浮生離合多  浮生 離合多し
氷壷醪醴盡  氷壺 醪醴尽き
益似戀燈蛾  益々恋灯の蛾に似る



陳舜臣の死によって、漢詩を手掛ける日本人作家は絶えたであろう。

改めてその死を惜しむものである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「本質」 | トップ | 甘えぬように、寄り添うよう... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

各種感想文」カテゴリの最新記事