OBERON 日記

1999年1月25日。パソコン通信から始まった公開日記。
できれば、死ぬまで続けたい・・・(爆)。

何の意図でもって作られたのかが分からないと・・・

2017-04-19 16:11:38 | Weblog
誰でもそうなのか
わたしだけが拘っているのか・・・

映画を見ていて、作り手の意図が見えないと、どうしても映画に集中できないんですよね。

別に、最初から「この映画が作られた目的は何だろう」って思いながら見始めるわけではないんですよ。それに、深遠なテーマを求めているわけはないです・・・なにせ、香港映画好きですし(爆)。

だから、主演の男優さんをカッコよく撮ってファンの女子をキュンキュンさせたいってことでもいいし、女優さんを色っぽくとって男性たちを惑わせてあげたいっていうのでもいいし・・・誰も描いたことのない未知の世界を映画の中に作り出したいとか、最高に美しい映像でスクリーンを満たしたいでもいいし、観客を泣くほど怖がらせたいとか、笑わせたいとかでもいいし・・・人間の本質を抉り出したいとか、世の中に知らせなきゃいけないことがある、訴えたいことがあるっていうようなことでもいいし・・・

もちろん、好き嫌いはありますし、すべての映画を楽しむわけではありませんが、一応、作り手の意図が推測できれば、そのつもりで見ることができるので、わたしなりに受け入れ態勢が出来るんですが・・・

時々、これって何のために創られて、何のために公開されたんだろう・・・ってことが、どうしても分からなくて、そのことばかりが気になって、映画そのものに気持ちが向かっていかない映画があって・・・これにはとまどうんですよね。

単に、わたしが理解力がないってことなのかもしれませんが・・・理解力以前に、感性が貧困だからかもしれませんが・・・どうも、気になって気になって仕方ありません。わたしの感性の範囲を越えて・・・わたしの経験や既成概念の枠を越えて、何かを発信している人たちがいるってことなのかな・・・ふむ・・・不可解だ・・・不可解でならない・・・そして、不可解ってことは、とてても不安で落ち着かない気分になるんですよね・・・ふむ・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無為に過ごす時間のなんと早... | トップ | 神の必要証明 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。