「今日も美味しく召し上がれ~♪♪」

20年続けてきた夫と息子へのお弁当作りも卒業し、旅行やお家ご飯&お外ご飯、その他いろいろ思いつくままに・・・。

2日目「個室ダイニング 蔵」で朝食、チェックアウト

2017年11月14日 | 千葉旅行(H29・11月)

そして、一夜明けて。


朝食は、確か午前8時~と、午前8時半~からの選択制。
チェックイン時に、早い方の8時~で予約。

昨夜の夕食と同じロビー前の「個室ダイニング 蔵」へ。

余談だけれど、個人的に、部屋食だとお座敷に長時間座るのが苦手なのと、
食事のニオイが充満した部屋で寝るのが嫌なので、
こういった個室ダイニングへ移動しての食事は、とっても嬉しいサービス


朝食
  

炊きたて、熱々~
 
ご飯、美味しい
・・・ちなみに、我が家も土鍋で炊いてまーす

席に着いて、しばらくして運ばれてきたもの。

 
焼き魚と、がんもどき煮、あおさの味噌汁(画像忘れたー

食事もまもなく終わりかける頃、運ばれてきたもの。

昨夜のお刺身からとりわけたという、
「伊勢海老のおダシの味噌汁」

宿泊した「穂の香」のお部屋プランには、この味噌汁がつくのだとか。
うーん、それなら「あおさの味噌汁」飲まなきゃ良かったー
昨夜、聞いて知っていたけれど、出てこなかったから、
聞き間違いかもーと、先に出た「あおさの味噌汁」全部飲んじゃった。
しかも、コチラの「伊勢海老の味噌汁」の方が、激熱で数倍美味しかったのに。
さすがに、味噌汁&味噌汁は、お腹ポンポンで無理、無理
・・・・・あーあ。

その後、ホテルの方に見送っていただき、
チェックアウトし、早々に帰りましたとさ。

お部屋もとても綺麗だし、
部屋に入ったら完全プライベート空間を楽しめるお宿なので、
そういった物を準備して行くのがおススメ

また、来ますね~

  

  

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

1日目夜「個室ダイニング 蔵」にてお夕飯

2017年11月13日 | 千葉旅行(H29・11月)

お待ちかねのお夕飯の時間。

お食事は、ロビー前の「個室ダイニング 蔵」へ移動して。

朝昼ともに、こちらで。
個室ダイニングなので、入室時以外は他のお客様の目も気にならない。

ロビー

ロビー前が駐車場なのも、車好きには安心かも

「お夕飯」
料理長のお名前の入ったお品書き。
  
中庭がライトアップされて綺麗。  

食前酒は、果実酒(アンズ)ほぼ下戸の私でも飲める
  
先付、前菜。

夫は、生ビール、今夜は、飲めない私も頑張ってアンズ酒のソーダ割り。
  
・・・で、アンズソーダをちびちび飲む。
私にとっての致死量度数は、アルコール3%までって、弱っ!!
夫曰く、これはもはやジュースらしい。
OLの頃は、接待も多く、もう少しは飲めたのになぁ


「お造り」
    
「穂の香」のお部屋には、伊勢海老がつくのだとか。
(翌朝、この伊勢海老は味噌汁に)

冷たいお造りの後の、温かい御椀が嬉しい。
「月見南瓜真丈」ウサギ人参入り
  
「アワビの酒蒸し」
熱々の大きな蒸しアワビは、美味しすぎて夫婦揃っておかわりしたかった

「金目鯛の煮付け」 私の大好物

こっくりと濃い目のお味で美味しい

「柚子シャーベット」
        
アンズ酒で頭がグラグラしてきたので、私は戦線離脱しアイスコーヒーを追加。

「和牛やわらか煮玉地蒸し」
  
優しいお味。

「和牛のサラダ仕立て」バルサミコソース

シンプルで美味しかったので、今度、うちでもやってみようと、
帰宅後、美味しいバルサミコ酢をすぐ購入。
 

「郷土料理 なめろう」
なめろう丼、その後、おダシでまご茶漬けに。
  
混ぜ混ぜするから、「まご茶漬け」と言うらしい。

おダシがすごーく美味しい
  
夫のなめろうは、私に全パス
でも、おダシ「は」美味しいから!と、
日本茶の様にお飲みになってた(右写真)

「栗プリン」

秋の味覚を堪能

食後、ロビー前のお土産コーナーを散策。
  
「鯛せんべい」 有名だよね、これ

「タコせんべい」

ん?
タコにねじり鉢巻・・・って、誰が決めたんだろ?
なんだかなー



やっぱりこうでなくっちゃ ↓ 
TACOつながりだもの。

          

その後、ロビー横のぶら~んとした椅子で写真を撮り、お部屋へ。
 


しばらくすると、
「○○もコレ食べる?」と、夫殿。

食事たりなかったよねー、やっぱり
次回は、肉系もしっかり出るお宿さがすからねー


では、おやすみなさーい

つづく








コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

1日目後半「緑水亭 勝浦別館 翠海」へチェックイン

2017年11月13日 | 千葉旅行(H29・11月)

勝浦水中展望塔を後にして、宿泊地へ移動。
  
しばし、山道をグルグル、クネクネ走る。

今夜のお宿は、 「緑水亭 勝浦別館 翠海(すいか)」
・・・こちらは、H28年3月にオープンしたばかりで、
某有名企業○○の保養所だったらしく、とても綺麗。
駐車場は、20台あり、部屋数より多いので予約不要。
今回は、急遽決めた1泊旅行だったので、
ネットで、日付を入力して、
夫のリクもあり、「近隣で個室露天風呂有り」の空室でヒットした宿から選択。


「翠海」へ到着。

ウェルカムドリンクは、夫は生ビール、私は、アイスコーヒー

お部屋は、個室露天風呂付きの「穂の香」。
恒例のお部屋紹介。

・・・と、その前に。
この部屋のすぐ横の奥に、大浴場があるので、
無料貸し出しのタオル類がたくさん!
もしや、行き交う人のスリッパ音や話し声で、
騒がしくて最悪なのでは?と一瞬心配したけれど、
小さなお子さん連れの方もいた気がするけれど、
もともと部屋数も少なく、各お部屋も広いので全然問題は無くヨカッタ

  
「お風呂を出た後に、冷たいアイスをどうぞ」との事。
これは、嬉しいサービス

部屋へ入ると、下駄箱。
  
バリアフリーがゆえのデメリットもあるので、
腰かけて靴が履ける椅子が置かれてるのも、お宿側の優しい配慮。

廊下の手前左には、予備の寝具類、右がセミダブルのベッドが2つの寝室。
  
リビング同様の大きなテレビが嬉しい

廊下の左奥に、廊下の突き当たりには2つの洗面台&脱衣所。
  
洗面台の奥はシャワールーム、その奥が外へつながり露天風呂へ。

信楽焼の露天風呂と、目の前の景色。
1階なので、ソコだけは、我慢ポイント?
温泉水では無いけれど、部屋を出てすぐそばに大浴場もあり。

足をまっすぐ伸ばせる大きさが嬉しい

寝室つながりに大きなリビング、テラス側から撮影。
「水」が大好きな夫には有り難い、ウォーターサーバーも有り。
  
お部屋の冷蔵庫は空っぽで、宿周辺にはコンビニも飲食店も無いとの、
宿泊者の口コミレビューを知っていたので、
途中のコンビニで買って持参し、即冷蔵。

そして、テラス側のリビング片隅には、
専用のマッサージチェアが!!
  
マッサージチェア購入を検討中なので、機種・性能もくまなくチェック  
「パナソニック EP1280」
夫の第1希望の足裏マッサージの機能こそ無いけれど、
ふくらはぎのマッサージが、
長時間アクセルを踏んで疲れきった足に気持ちイイ
滞在中、夫が使う時以外、
部屋に居る時は、私はソファ代わりにずっとコチラへ。

お部屋に置かれていた、お茶菓子。

ちょっと、割っていただいてみると、
甘すぎず美味しい

さて、お夕飯の時間までのんびりするとしましょうか。


  







  


















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1日目前半「勝浦海中公園展望塔」へ。

2017年11月12日 | 千葉旅行(H29・11月)

またまた、更新が絶賛滞り中でありますが、
皆様お変わりございませんでしょうか? 


その間に、ポッと思いついて、先日夫と近隣へ。
急遽計画したので、もという事で、目指すは、千葉県勝浦市。
  
今回は、私の愛車で

・・・と、言う事は写真が少なめの予感? 
「もしもーーし、助手席さーん! 頼みますよー」 


      
アクアラインを越えて、
首都圏中央連絡自動車道の「市原鶴舞」で降りて、
国道297号線を勝浦方面へ。
朝も食べて来なかったので、
お腹すいたなーと思ったものの飲食店があまり無い国道沿い。

ソコに、突如出現したお蕎麦屋さんへ立ち寄る事に。
「ふくだ屋」
  
テーブル席と、小上がりのある店内。  

「天麩羅定食」と、「湯葉刺し」
湯葉刺しは、ツル~ンッと美味しい
  
江戸前天麩羅を食べ慣れている私達には、少々薄味の天つゆ?

お蕎麦屋さんを後にして、
チェックイン15時まで時間をドコで潰そうか?
  
夫の提案で、「勝浦海中公園」へ寄ってみる事に。
途中、何度もトンネルがあり、しかもその道幅が狭っ!怖っ!

立体駐車場も明るくて綺麗。
しかも、休日だったのに空いてるー なんで?
「久々に、外国人観光客を全然見ない観光スポットに来たなぁ」とは、夫の弁。
確かにー

水族館ではないので、あくまでも博物館的な展示。
  
フムフム・・・と館内を歩いてみる。

おおっ!!ここで、ファッショナブルなリカちゃんに会えるとはー


展示室はソコソコに、お目当ての海へ突き出た海中展望塔へと歩く。

わぁっ絶景!!
     
海も綺麗、見上げた空の雲もなんて綺麗

海中展望台に向かって、左右の景色。
  
ちょっと肌寒い位の秋の風が、心地イイ

海中展望塔へ到着。
この日の海中透明度は、4m。
受付の方に伺ったところ、
この時は、台風の後で海中が回復途中だそうで、
澄んでいる時の透明度は、なんと10mにもなるんだとか!

グルグル螺旋階段を、夫に続いて降りて行くと・・・。

窓から、魚の餌付けが見える。
  
って、もうね、なんかワサワサ。
「ふえるワカメちゃん」をもどしたみたいになってるー
    
この日は、透明度があまりよくないらしく窓のソバに来た魚が見えただけ。

あのー、どちら様で?

海中展望台を後にして、駐車場へ戻る前に入り口のお店で休憩する事に。
  
窓際の席からは、海が一望。

クリームソーダと、コーヒーフロートで一休み


Q・さて、ココで問題です。
私が、注文したのは、どちらでしょうか?? 

 
どっちでもいい? はい、ごもっともで。

さて、今夜のへ向かうとしますかねー。



つづく




































コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加