コツコツ歩き隊!

「歩く」がテーマのブログ。ウォーキングコースを作るのが趣味です。のんびりやっております。

散策!白石(1) 村田屋製菓でおやつを買い、白石噺を学んだ後、蔵王酒造展示館で試飲をする

2017年07月12日 | 街歩き(旧「散策!」シリーズ)・地図付き

宮城県白石市散策レポート その1(2017年6月21日実施)

遂に白石!

本当は昨年の12月に散策する予定だったのです。
できればNHK大河ドラマ「真田丸」が最終回を迎える前に記事をUPしてみたかったのですが、
用事が重なり、挙句の果てに足の指を捻挫してしまったため、予定をキャンセルせざるを得ませんでした。

いつ、行くべきか、機会を狙っておりました。
すると、宮城県の広報に、「梅花藻(ばいかも)」のライトアップが行われるとありました。
「梅花藻」って何だろうと思うと同時に、「これだ!」と思いました。

「梅花藻」の開花情報を確認し、ホテルを予約しました。
遂に、白石(しろいし)市訪問です。

ウォーキング開始!(1日目)

1.JR東北新幹線「白石蔵王」駅からスタート

できれば、自宅をゆっくり出発して、現地では早い時間から散策を始められたらいいと思います。
その希望が強かったものですから、行きは東北新幹線で白石へアクセス。
「白石蔵王」駅からのスタートとなりました。

駅には観光案内所があります。まずはここで白石市の観光情報を手に入れましょう。

地図やパンフレットなど各種資料が豊富に用意されています。
駅構内で資料に目を通し、事前に作ったコースと照らし合わして、改めて今回の散策コースを確認します。

駅を出ると、生憎の雨。なんとこの日、宮城県では梅雨入りとなりました。(ガチョーン。)

カメラが濡れないよう細心の注意を払い、撮影。まずは、JR東北本線「白石」駅方面に向かいます。
今回の散策では白石駅の西側を主に回ります。
途中、白石市の名店「たかじん」の支店「たかじん東庵」を発見。新幹線で帰る時はこちらでお土産を買うと良いでしょう。

2.駅前通りから「村田屋製菓」へ

ちょっと道を間違えたりしましたが、駅前の通りに到着。本格的に散策開始です。
なお、白石蔵王駅から白石駅まで歩くのはどうも、という方はバスを利用されると良いでしょう。

まずは昼ごはんなど食べそびれた時のために、おやつを用意しようと「村田屋製菓」さんに立ち寄り、
「しろい石」2種とフィナンシェ2つ(合わせて426円也)を購入しました。

「しろい石」はフワッと軽いスポンジをホワイトチョコレートでコーティングしたお菓子。
黒糖と上白糖の2種類があります。
こちらで、「梅花藻」について貴重なお話を伺うことができ、とてもうれしかったです。
女将さん、ありがとうございました!お菓子もおいしかったです!

3.専念寺

村田屋さんを出ると、角を曲がって沢端川へ行こうと思ったのですが、お隣にお寺があったので、お参りしていくことにしました。

「専念寺」です。浄土真宗本願寺派で、片倉小十郎景綱(初代)に重用されたお寺です。

境内には「太子堂」があり、法隆寺古材のクスノキで彫られた聖徳太子像が安置されています。
また、「白石噺」のゆかりの寺でもあり、「白石噺」の仇討ちを題材にして作られた演目、
浄瑠璃や歌舞伎の『碁太平記白石噺』の「錦絵」を保管しています。

「白石噺」について知りたい方はこちらのサイトにてご確認ください。:白石歴史探検マップ・白石噺

4.蔵王酒造展示館へ

太子堂でお参りを済ませると、沢端川沿いに歩いて「蔵王酒造展示館」へ向かうことにしました。

街の中を歩いていると、白石市ゆかりのものをよく見かけます。
左写真の鐘は、片倉小十郎の姉喜多が図案した馬印の黒鐘をモチーフに作られたものでありましょう。
街路灯となっています。

沢端川沿いはとても風情のあるところで、とても良い散策コースだと思います。
雨が降って、ますます趣が増したかも。雨の日に来られて良かったと思いました。
川の真ん中、水中に見える緑色のものが「梅花藻」。花をつけているものもあれば、ないものも。
場所によりけりのようです。

川沿いをちょっとしばらく行くと、大通りへ。こちらに蔵王酒造があります。真向かいは「仙南信用金庫本店」。

明治6年創業の酒蔵です。平成29年全国新酒鑑評会で金賞を受賞しました。

お土産に買っていく気満々でこちらの展示館にお邪魔しました。
こちらの女将さんがまた素敵な方で、色々とおしゃべりに付き合ってくださいました。

おすすめ下さった「純米酒 花撫子」(写真手前・ピンク色のお酒)と写真奥のハーブのリキュール「ヴェルヴェーヌ」を
試飲してみました。
「花撫子」はピンク色の純米酒!こういうお酒もあるのかと感心しました。
「ヴェルヴェーヌ」は宮城県産のレモンバーベナを使用しております。
どちらも甘みがあり、おいしくてクイクイいってしまう良いお酒です。
やはり女性に人気があるそうです。当然ことながら、お土産に購入、家族も大喜びしました!
女将さん、ありがとうございました!

蔵王酒造公式HP:http://www.zaoshuzo.com/
(通販でお取り寄せもできます。)

お猪口2杯で、ちょっといい気分。
(すぐ酔っぱらってしまうんだよねぇ。汗)
気を引き締めて散策を続けるのでした。

散策マップ

散策の様子は時系列で記しておりますが、これは上の地図のコースとは一致いたしません。
歩いた通りにコースを図示すると、あまりにも複雑で非効率的なので、分かりやすく整理して表示しました。

参考資料

つづく

『宮城県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仙台でランチ(21) A Dem... | トップ | 宮城・笹かまぼこレポート ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。