コツコツ歩き隊!

「歩く」がテーマのブログ。ウォーキングコースを作るのが趣味です。のんびりやっております。

風景印の旅(77):<仙台上杉四郵便局>朝日神社をお参りして、エンドー餅店でお餅を買う

2017年06月14日 | お楽しみ・風景印(風景印の旅)

仙台上杉四郵便局へ

このところ、当ブログ、食べ物の記事ばかりupしております。
ぼちぼち散策ものを入れたいところであります。
ちょこっと体力も回復してきました。
さくっと実行できる風景印の旅を行うことにしました。
お餅が食べたいので、エンドー餅店に寄れるよう、仙台上杉四郵便局へ行くことにしました。

ウォーキング開始!

1.北四番丁駅からスタート

上杉エリアは徒歩圏内にあるのですが、自宅をスタート地点にして地図を作成することはできないので、
仙台市営地下鉄南北線「北四番丁」駅をスタート地点とします。

味の素のビルが目印です。

6月上旬。良いお天気に恵まれた仙台でしたが、最高気温は19℃。ちょっと寒かったです。
ちなみに仙台では「上杉」は「かみすぎ」と読みます。

作並街道を東に進みます。すると、「勝山公園」が見えてきます。

勝山公園は仙台で3番目に古い公園で、勝山酒造を営む仙台の豪商・伊澤平左ェ門(いさわ へいざえもん、写真右)が
私苑の一部を仙台市に譲渡し、市民に開放しました。

大正7年(1918)の米騒動に際には、勝山酒造を襲撃すべく暴徒が当園に集結しましたが、
ここが勝山酒造が開放している公園であったことに気づき、襲撃を止めたという逸話が残っています。
なお、お向かいにはパン屋の「石井屋」さんがあります。
(こちらのお店人気NO.1のメロンパンについては「おやつタイム IN 仙台 (6)」をどうぞ。)

2.仙台上杉四郵便局と風景印


さらに東に進むと「西友」が見えてきます。「仙台上杉四郵便局」はその向かい側にあります。

テーマ : 朝日神社、鳥居、古木・二本杉 
切 手 : 童話のノスタルジーシリーズ第2集 あかちゃんのくるひ 82円切手

こちらの風景印はずっとこのままでいくのかな…

風景印をもらうと、印のテーマとなっている「朝日神社」に向かいます。

3.朝日神社

朝日神社へは西友の脇を通る「二本杉通」を行きます。

応和3年(963)に創建された朝日神社。

神社の名の由来は諸説ありますが、その1つに源頼朝命名説があります。
奥州征伐の際、この社に詣でた時、朝日が昇ってくるのを見た頼朝が名を残したと言われています。

最近改築されたようで、とてもきれいになっていました。

4.エンドー餅店

お参りを済ませると、仙台・お餅の名店、エンドー餅店へ。

仙台東照宮(右)のすぐ近く。

づんだ餅とすあま、草餅を購入し、

すあまはすぐ近くにある「東照宮二丁目公園」にて実食しました!
(1つ当り、づんだ餅145円、すあま75円、草もち80円也)
こちらのすあまは完璧お餅。ほんわか甘くてものすごくおいしかったです。
仙台のお餅はホント、おいしい!!

おやつタイムを終えると、目の前にあるJR仙山線「東照宮」駅に向かうのでした。
ちなみにこちらの駅、東照宮二丁目公園に1回は入らないと辿り着けない駅であります。

宮町エリアの風景印はこれにて収集が終了してしまいましたが、来る度に良い思い出ができる街。
せめてあと1回は足を運べたらいいなぁ、と思います。

散策マップ

参考資料

  • ウィキペディア「勝山公園(仙台)」
  • 宮城県神社庁公式HP
『宮城県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 駅弁を食す(9) 東北絆ま... | トップ | おやつタイム IN 仙台 ... »
最近の画像もっと見る

お楽しみ・風景印(風景印の旅)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。