コツコツ歩き隊!

「歩く」がテーマのブログ。ウォーキングコースを作るのが趣味です。のんびりやっております。

散策!亘理町(5) 逢隈エリアに行って三十三間堂官衙遺跡を見学、左甚五郎の伝説を知る(お土産情報あり)

2017年05月11日 | 街歩き(旧「散策!」シリーズ)・地図付き

宮城県亘理町逢隈エリアの散策レポート(2017年5月9日実施) 前編

クリムゾンクローバー

今年の4月に亘理町の亘理エリアを散策しました。
その時、亘理町の観光サイト「ぶらっとわたり」に大変お世話になりました。
こちらのサイトは現地で得られる観光マップが手元になくても、散策計画がきちんと作れるくらい、
豊富な情報を提供しています。

その情報の中には亘理の自然を紹介するコーナーもありまして、
「おおくま花畑」の「クリムゾンクローバー」が出ていました。

「クリムゾンクローバー」。
そんなクローバーがあるのですね。
それはぜひ、見てみたいと思い、逢隈エリアの散策を行うこととしました。 

ウォーキング開始!

1.逢隈駅

仙台からJR常磐線で行くこと約25分で、「逢隈」駅に到着します。

こちらのホーム、素敵なトンネルの風景を眺めることができます。

なんかいい感じ。

逢隈駅は無人駅ですが、きれいに整備されていて利用しやすいです。

最初の目的地は「三十三間堂官衙遺跡」であるため、線路を渡って駅の西側に向かいます。

2.三十三間堂官衙遺跡

三十三間堂官衙遺跡(さんじゅうさんげんどうかんがいせき)は椿山の丘陵部に広がる平安時代前半の遺跡です。

駅のホームからも見える所に三十三間堂官衙遺跡の看板がありますが、見るべき遺跡はこちらではありません。

目の前の坂をずっと上って…

説明板のある所まで来ます。

遺跡は南北に分かれており、まずは北エリアに向かいます。

いずれは史跡公園として整備されるとのこと。きっと良い公園となるでしょう。
ちなみに官衙とは郡役所のことだそうです。

説明板のある所が北エリアの遺跡、実務官衙域で郡庁院などがあったそうです。

現在は草が生えていますが、こんな感じのものが発掘されました。

続いて米を収める倉庫があった南エリアへ。
古代東北の政治機構を知る上で重要であることから、国史跡に指定されている三十三間堂官衙遺跡には、

亘理町の民話として左甚五郎伝説が残っています。
この地に来て一夜にして建てる、と工事にとりかかったが左甚五郎でありますが、
天邪鬼が、一番鳥の鳴く前に鶏鳴をまねて鳴いたので、礎石を置いただけで工事は止めたというものです。
左甚五郎と言えば、日光東照宮の「眠り猫」で有名な彫刻職人ですが、色々な言い伝えのある人物のようです。
ご興味のある方はウィキペディア「左甚五郎」をご覧ください。
なお、亘理町の左甚五郎のお話は悠里館のミニシアターでも知ることができます。

ところで、こちらの遺跡、イノシシがよく出没するようです。(汗)
お気をつけ下さい。

お土産・いちごだワ・イン「夢みる乙女」

イチゴが特産の亘理町。
こちらにはイチゴを使った食品が数多くあります。「夢みる乙女」もその1つ。

アルコール分5%のイチゴワインです。

イチゴジャムの香りがする甘いワイン。食前酒やデザートワインにうってつけ。
おいしいので思わずグビグビいってしまいます。(笑)
逢隈エリアだと、「(有)おおほり」さんと「おおくまふれあいセンター」で手に入ります。
箱入りで1,200円。(箱入りじゃないともうちょっと安い。)

散策マップ


このエリアは飲食店やコンビニがあまりありませんので、
レジャーシートやおやつ、水筒などを用意して行かれると良いと思います。
田沢磨崖仏方面はお手洗いがありませんので、ご注意ください。
また、砂利道を歩くことが多いので、スニーカーや運動靴等でお出かけください。

参考資料

  • 亘理町文化財マップ
  • 三十三間堂官衙遺跡の説明板
  • ウィキペディア「三十三間堂官衙遺跡」

つづく

『宮城県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仙台でカフェタイム(22)... | トップ | 散策!亘理町(6) おおく... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。