シェア·カー診断ツール

みんなと一緒に車の診断ツールについての良い記事を共有しており、それは世界的な自動車診断ツールのサプライヤーを持っています

BMW ICOMとXPROGはリセット更新FRMを読み書き

2016-10-15 11:47:01 | 日記
これは、FRMのデフォルトとどのようにFRMを更新するためにリセットする方法、FRMするBMWが勝つ書き方を、/バックアップのBMW CASおよびFRMを読むためにソフトウェアNCSエキスパート&WinKFPをコーディングし、voの使用方法についての顧客のソリューションです。リスクにあなたにお試しください!

使用するためのツール:
XPROG-mはv5.55
BMW ICOM A2
XPROGのv5.5.5ソフトウェアを実行するPC、NCSエキスパートとWinKFP



FRMの修正リスト:
NCSのexpertは、/バックアップCASおよびFRMを読みます
NCSのexpertは、FRMするVINとVOを書きます
NCSのexpertは、VOに応じてFRMのデフォルトにリセット
WINKFP更新FRM
ZBまたはzusbを検索しようとしてWINKFP



NCSのexpertは、 /バックアップCASおよびFRMを読みます

後藤作業フォルダはnettodat.trcとfsw_psw.trcを削除します
ファイル
負荷プロファイル
専門家
F1のFG / ZCS / FA
F3 ZCS / FA fを 盾
R56
CAS
バックF6
F4プロセスECU
CAS
f2の変更ジョブ
codierdaten_lesen(ECUからのコード読み込み)
F4読み取りECU
新しいフォルダへのgoto作業フォルダの移動nettodat.trcとfsw_psw.trc CASオリジナルファイルは読み取り専用にします
F1変更ECU
FRM
F4読み取りECU
新しいフォルダへのgoto作業フォルダの移動nettodat.trcとfsw_psw.trc FRMオリジナルファイルは読み取り専用にします




NCSのexpertは、 FRMするVINとVOを書きます

ファイル
負荷プロファイル
専門家
F1のFG / ZCS / FA
F3 ZCS / FA fを 盾
R56
CAS
バックF6
F4プロセスECU
FRM
f2の変更ジョブ
fa_write(ECUにFA別名VOを書き込み)
f3がジョブを実行します
f2の変更ジョブ
fgnr_schreiben(ECUにFGの別名VINを書き込みます)
f3がジョブを実行します




NCSのExpertは、VOに応じてFRMのデフォルトにリセット
後藤作業フォルダはnettodat.trcとfsw_psw.trcを削除します
ファイル
負荷プロファイル
専門家
ファイル
プロファイル編集
FSW / PSWをクリックします
FSW- / FSW_PSW.MANでPSW-操作オフ
[OK]
[OK]
F1のFG / ZCS / FA
F3 ZCS / FA fを 盾
R56
CAS
バックF6
F4プロセスECU
FRM
f2の変更ジョブ
sg_codierren(ECUにコーディング書き込み)
f3がジョブを実行します




WINKFPの 更新FRM
F1コンフォートモード
F3の更新はFRMR3を選ぶZUSB
F4は、VINを入力してください
f8を行います
f3のPROG。ZB-更新
私はここから残りの部分を覚えていないが、それはFRMを更新します。これは、5〜10分かかり、プログレスバーがあります。



WINKFP更新FRMは動作しない場合。
BMWコーディングツールを使用してWINKFPの更新
フォルダにあなたの製筐体のためのdatensを抽出
オープンBMWコーディングツール
SP-ソースを選択
抽出datensでフォルダを選択します
更新WinKFP




ZBまたはzusbを検索しようとしてWINKFP

(知りません)
F1コンフォートモード
F3の更新はFRMR3を選ぶZUSB
F4は、VINを入力してください
f8を行います
F5診断
F1 ECUのステータス
F2のECUのident

http://obd365.exblog.jp/26277663/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トヨタTechstream V11.20.019... | トップ | BMWキーE9xから走行距離を読... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。