シェア·カー診断ツール

みんなと一緒に車の診断ツールについての良い記事を共有しており、それは世界的な自動車診断ツールのサプライヤーを持っています

FVDI2、VCI Lite(V1)、VCI 560でDAFキーをプログラミングする方法

2016-12-07 14:57:17 | 日記
費用対効果の高い方法で鍵を作るのを助けることができる別のDAFの診断ツールを使用して、DAFキーをプログラムの3つのオプションのソリューション/キープログラマ(FVDI2、VCIライト(V1)、VCI 560)は、あります。



オプションI:Flyobd FVDI2 DAFの司令官:$ 409

それはFVDI2司令官とDAFキーをプログラムする最も安価な方法です。



どのようにFVDI2 DAFとDAFキーを作るには?

注意:キーをプログラミングする前に、すべての現在のキーがリセットされ、同じイモビライザーにプログラムすることができます。



DAFのためのFVDI2ソフトウェアを起動します

選択し、「キーの学習を」

押して"次へ"

接触にプログラムするための鍵を入れて、位置接触-ONに切り替え

挿入キー1を押して「次へ」

キーが正常にプログラムされています!

キーの使用量は、プログラムされた:1

次のキーを押し、「次へ」を学ぶために

キー学習を釣るために、押して "終了"

オプションII:DAF VCI 560(本物の):3550 $

オプションIII:VCIライト(V1)(VCI-560のコピーバージョン):$ 800



まず、DAF VCI liteのか、VCI 560?ここでは相違点をリストします。

*価格

$ 800のための新しいDAF VCIのライト(V1)、元VCI 560 $の3550における



*接続

USB接続、無線LAN&USB接続を介して使用するVCI 560を経由して使用DAF VCI liteの



* LEDディスプレイ

LEDディスプレイ、LEDインジケータ付きVCI-560キットなしのVCIライト



* PCB(ハードウェア)

VCI liteのハードウェアは、VCI-560に比べて、PCB上の1つの部分を欠いています

(その逃した部分は、任意の診断、リプログラミング、設定は必要ありません)



* OBD経由で

VCIのライトがOBD経由して点火を見ることができない、VCI-560はOBD経由していることを行うことができます



* 関数

DAF VCI 560は、 SCR /アドブルーの除去、電力増加、DAVIEコンフィギュレータ(DEVIK)と言語のプログラミングをサポートしています

VCI-560はまた、デイビー開発ツール(DEVIE DT)を参照してください特別なプログラミングおよびサービスレベルをサポートしています

しかし、上記の機能は、DAF VCI liteのパッケージに記載されていません。つまり、あなたはDAF会社で購入する必要があります。



要するに、どんなにVCI 560または交換VCIライト(V1)は、上記の両方のいくつかの側面を除いてほぼ同じDAFトラック上でうまく動作しません。あなたがオリジナルのか気にしないのであれば、VCI LiteはほとんどVCI-560としてではなく、より低コストで同じ機能を持っているあなたのために良い選択であるべきです。DAF VCIライト(V1)は、より費用対効果の高いです。





だから、どのように使用してDAFキーをプログラムするVCI 560またはDAF VCI Lite(V1)を?

DAVIEソフトウェアを起動します

イモビライザー(安全/セキュリティシステム)に移動します

そして、プログラミング

プログラムキー

キーをプログラムする前に、すべての現在のキーがリセットされ、同イモビライザーで再プログラムすることができますのみ


マッチイモビライザー

新しいイモビライザーユニットを取り付ける前に、次の操作を実行します。

接点オフ1-スイッチ

2-イモビユニットを交換します

接触すると、3-スイッチ


http://obdii365.website-ondemand.com/2016/12/07/program-key-for-daf-truck-by-vci-560-and-fvdi2/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FVDI2はBMWのバイクをサポー... | トップ | JMD Handy babyはVWポロに201... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。