シェア·カー診断ツール

みんなと一緒に車の診断ツールについての良い記事を共有しており、それは世界的な自動車診断ツールのサプライヤーを持っています

Fcar F502ヘビーデューティコードリーダーを更新する方法

2017-07-11 14:43:17 | 日記
オリジナルのFcar F502ハンドヘルドヘビーデューティコードリーダーソフトウェアがオンラインでのアップデートをサポート



公式サイトでオンラインアップデート





Fcar F502ヘビーデューティコードリーダーを更新するには?

バージョン
FCar Reader F502アップグレードユニティ

バージョン1.0リリース、2013年5月

バージョン2.0リリース、2014年5月

はじめに
F502トラックスキャナの説明
F502は、FCar Techが最近開発した手のひらサイズの大型トラックコードリーダー/スキャナーです。これは320×240ピクセルの2.8インチLCDトゥルーカラーディスプレイであり、大型トラック標準プロトコルJ1939およびJ1708をサポートすることができます。Cummings、Detroit、FUSO、HINO、MAN、Caterpillar、Freightliner、International、Kenworth、John Deere、Peterbilt、Sterling、Iveco ISUZU、JAC、Mack、Mercedes Benz、NISSAN、SCANIA、VOLVOなどのディーゼルトラック、バス、誰でもJ1939またはJ1708によってサポートされています。この高性能および高性能スキャナーは、大型トラック/バスの所有者またはトラックフリートの診断専門家に最適です。


製品情報
1.J1939またはJ1708による大型トラックのスキャン

すべてのDTCを読み取り、コードをクリアし、ライブデータストリームを表示する2.ScanトラックのECUコンポーネント。

3.エンジン、トランスミッション、ブレーキ、ターボチャージャー、アクスル、パワーユニット、トレーラー、計器クラスターなどのコンポーネントが含まれます。

4.ディーゼル6ピンまたはディーゼル9ピンコネクタを介してOBD16



アップデートドライバインストールガイド
[Windows XP]


1. vcom.infはUSBドライバで、右クリックしてインストールします

2. FcarReader_502.exeをクリックして更新ウィンドウを開きます

3.ドライバCOMを選択し、ウィンドウの指示に従います


[Windows 7/8]
1.コードリーダーの電源を切り、USBケーブルを抜く

2.コードリーダーの[Enter]ボタンを押したまま、USBケーブルをPCに接続します

3.コードリーダーの3つのインジケータライトがすべてオンになり、ボタン
4を離します。コードリーダーがアップグレードメンテナンスモードに入ります

5. USBドライバをインストールする
1)Windowsのスタートメニュー - >コントロールパネル - >デバイスマネージャをクリックします。2) "F50x USB VComポート(COM4)"をクリックして開きます3)ドライバのアップデートを右クリックし、あなたのダウンロードパッケージからのvcom.inf

6. Upgrade Unitityに戻り、シリアルポート([Query serial port]ボタンを選択して現在のシリアルポートリストを更新し、新しいポート[COM4]を選択します。

7. FCar F502ヘビーデューティーコードリーダーを更新するには[Start Upgrade]をクリックします







http://www.obdii365.com/service/how-to-update-fcar-f502-heavy-duty-code-reader-online-88957.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« BMW ISTAラインゴールド4.06.... | トップ | Xhorse VVDIキーツールV2.3.8... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。