sky-sky!diary

横浜在住Tuba吹きの小さな日常。Don't worry,be happy.

終戦。

2016-10-15 22:25:20 | プロ野球!
横浜DeNAベイスターズの、2016年シーズンが終わりました。球団史上初のクライマックスシリーズ進出→ファーストステージ突破という新たな歴史を残して。あのファーストステージ第3戦の巨人戦が、今から思えば一つの到達点でしたね。あそこでチームとしてはいろんなものを出し切っちゃった。ファイナルステージは、まさに広島の横綱相撲でした。悔しいけど、力の差は歴然でした。選手個々の力はもちろん、ベンチワーク、スカウティング、ファンの応援などが1ランクも2ランクも上でした。こりゃ勝てないよ。シーズン中のぶっちぎりの勝敗がそのまま出てしまった感じ。横浜vs広島だけに限れば数字上はほぼ互角なんですが、実際は残念ながら違いましたね。しかしこのCSを経験したことは、今後の横浜にとって本当に力になるでしょう。98年の優勝は勢いで成し遂げちゃった感じで、その当時から「来年から大丈夫かな・・・」と心配だったことを思い出します。権藤監督という魔術師と、佐々木という大黒柱と、マシンガン打線。でもそのどれもが危ういバランスの上に成り立っていた奇跡のような優勝。だから今年の広島を見ると、強いチームというのはこういうことなんだなという答えを見た気がします。今シーズン、横浜はその強いチームになるための第1歩を、しっかりと踏みしめたという印象です。下手なFA補強などをせず、生え抜き選手をじっくり育ててコアのメンバーを作り上げ、若い選手やベテランで脇を固める。その方向性を来年、再来年と続けていけば、加速度的に強いチームに成長出来るはずです。CSには負けて悔しいけど、その闘い振りをみて、早くも来シーズンが本当に楽しみです。今永や戸柱はルーキーですよ。ヤス君だって2年目だし、ほかにも2〜3年目、20歳代前半という若手が沢山いる。それでこれだけの経験を今年した訳です。ペナントレースとは全く違うポストシーズンのピリピリした空気感、その中で勝つにはどれほどチームが強くならなくてはならないか、全ての選手が完全に理解したはずです。球団だって5年目でこんなにチームを再建させた。ファンだって沢山増えてスタンドの雰囲気は最高です。強くなる要素がいっぱいあるんですよ。これなら有望な新入団選手だって集まりやすくなるでしょう。広島の黄金期はしばらく続くでしょうから、セリーグ2強時代となるよう、横浜にはまずはこのオフシーズンしっかり休んでもらって、疲れやけがを癒してほしいと思います。梶谷の骨折は本当に心配です。来シーズンに影響しないことを祈ります。他にも満身創痍の選手ばかりのはず。まずは、長い長いシーズンお疲れ様でした。広島日本一になれよ!番長25年間ありがとう!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« よし! | トップ | 五色沼。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。