西湘ケチおばRIN

こういうものが欲しい!を中心に
(読書はたいてい借り物で…)

配偶者控除 たとえば地方税は?

2016-12-13 18:24:45 | ECOか・ケチか・節約か

配偶者控除、結局は「小幅な修正」だけだった 期待されていた大改革からは程遠い内容に

失業してるおかげで、年末調整作業をしなくてすむのが、正直めちゃウレシイ年末。
大嫌いな仕事だ。
もちろん、失業は困ってるけど…。

…現実問題、夫の給与計算と年末調整の際、奥さんの年収は、申告してもらうだけだから、裏付けもなく、案外、奥さんもダンナさんに本当の額を言ってないとか、ある。

で。
5年以内に、どっちかの勤め先に、たまたま税務調査が入り、給与を調べられ(架空の人件費がないか、など、税務署はとても関心がある…)、たまたま、奥さんが配偶者控除の範囲じゃなかったとわかり。

夫婦両方の住民税まで、さかのぼって、いろいろ修正され、納めるはめになったり…。

そういうの、給与計算担当者が間違えたわけじゃなくても、説明が難しかったりするし~。

それにしても…。
今回のこの改正は、いったい、何の役に立つのか。
ほかのハードルが、いっぱいあるのに…。

よく言われる、夫の家族手当。

妻の社会保険料と、雇用保険と、所得税。
そうだよな、所得税はいじらないのだから、妻は所得税が課税になりうる。

地方税、つまり住民税、すなわち市県民税等は、追随するのか?

会社員のみなさん、あまり意識してないかもしれませんが、住民税の計算は、所得税を基準に行われます。

源泉徴収票と同じ内容の「給与支払報告書」というものを、会社から、それぞれ、お住まいの市町村に送付しているのです。確定申告をされますと、そちらの写しが市町村にまわされ、そちらのデータが使われます。

住民税にも控除があって、項目は所得税とほぼ同じだけど、控除額が、ちょっとずつ少ない。
だから、給与所得が102万で、所得税が課税にならなくても、住民税が発生するラインがある。

今回、地方も追随してくれると、ちょびっと話はややこしくなくなるけど…地方の税収が減ってしまう。

国レベルでも、
「ここで減税してしまったぶん、何でカバーして、財源を確保するか」
考えてたわけで。

市区町村にとっては、イタイかも。

快進撃の松山英樹が住民票を仙台に残す理由は被災地支援

生活苦でも差し押さえ 自治体の徴収、滞納者を追い詰めるケースも

なんか…。
こんな変なマイナーチェンジ、もうやめてよっ。

または。
もう、奥さんたち、みんな、フルタイムで働いちゃえば? と言いたくなるが。
幼稚園に行ってる子供を保育園に入れなきゃならないやら…。
ますます、日本は、ドロ沼。

働く主婦の約8割が「働きやすくなった実感ない」 - その理由は?

『社会』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お歳暮は廃止傾向 そして… | トップ | トランプさん マジで… »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あまおう)
2016-12-14 00:49:51
今晩は。
夫の家族手当、、一応、、・・差し引き・・・だ。

適度に貰えば良い物を・・

ああ、、住宅手当だっ、、・・・だよン。

適度に貰えばいいのにね。



Unknown (あまおう)
2016-12-14 00:55:21
失業してるおかげで、年末調整作業をしなくてすむのが、正直めちゃウレシイ年末。
大嫌いな仕事だ。


あああ、かなり前、、 事務員さんの目が 三角に なってた!!

わかりますよ!わかる、、・・。。

その とばっちりが、、 あれれれ、、あちこちに・・
 でも、、 
すっかり
 峠を越した。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ECOか・ケチか・節約か」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。