西湘ケチおばRIN

こういうものが欲しい!を中心に
(読書はたいてい借り物で…)

はじめての一蘭

2016-10-01 00:06:00 | 平塚と七夕と周辺

一蘭、NYに米国1号店を開業 味集中カウンターも

そうそう。
先日。ようやく、地元の「一蘭」に行った。

それまでワタシは、よその店で「自分、トンコツ、キライなのかも…」と思っていた。
どこまでも、試すべし。
行ってみた。

ひとりずつの「仕切り」は、あった。
入り口中の、待ちスペースに、「どこが空きか、電光表示」も、あった。
だけど。

家族連れとか、2人以上の客をあとまわしにしないシステムらしく。
あくまでも、入店時の順番で、案内される。
…ちょっと役所のように…。
(若い店員さんに、「役所みたい」の自覚はないだろう…)

ま、仕方がない。

ひとりでしたが、昼時、順当に順番待ちして、席に通された。
ぶっちゃけ、結構おいしかった。
また行くかも。

「八雲」以外で、ワタシがそう言うのは、かなりの高評価だぞ。

ジャンル:
ラーメン
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 右利きですが 何か? | トップ | 寒い… »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ルレクチェ)
2016-10-01 08:23:17
おはよう御座います。
そんなに、美味しいですか?
気になりますよ~。

私は、そこそこ貧乏な家庭育ちだから・・・
味については、如何なるものを しょくしても、、
「そんなもの」だと思い込んでいます。
 いまだ、、m、mm
コレは「不味い」、なんて 思ったりもしない。
逆を言えば、、「美味い」とも 評価はしにくい。
「食えて幸せ、、食べさて頂いて幸せ」 タイプです・・・
この 味覚貧乏性、、生涯直りませんネ。

今月も 素敵な月になりますように!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

平塚と七夕と周辺」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。