西湘ケチおばRIN

こういうものが欲しい!を中心に
(読書はたいてい借り物で…)

ついに都庁も伏魔殿…

2016-09-15 22:16:42 | 叫んじまうぜ

都のやってきたことに、その時期の代々の都知事はどのくらい管理責任があったとされるのか、とは思っていた。

石原爺さん、「だまされた」と言ってたらしいが…。

石原氏「豊洲地下にコンクリの箱を」 知事当時に発言

さらに過去の発言が発掘され、取材を受け、自分は素人なんだから、下からあがってきたことを説明しただけ、なんだって。
「都庁は伏魔殿だね」と、捨て台詞。

なんか、なつかしい言葉~。
昔、田中真紀子が外務大臣だったとき、宿泊場所の値段が問題視されたか、指輪がなくなった云々のごたごたがあって、その「ごたごた」を内々で隠してもらえないところが、いかにも外務省に陰険にイジメられてた感。
「外務省は伏魔殿!」
て、言ってたと思うなー。

…これ、知ってるひと、ワタシ以上の年齢なんだなー。

でも。

『謎の地下のたまり水…』
『どこから来てるか、わからない』

これは…福島原発でも、ずっと言われ、今も言われてる言葉…。

もしかしたら、豊洲も、うまく除去できないかもしれないね…。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊洲地下のたまり水 | トップ | 公共施設の天窓 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ルレクチェ)
2016-09-16 06:58:58
おはよう御座います。

伏魔殿、、忘れていた言葉だ。
あ、懐かしい言葉ですよ~  そうそう、、指輪がどうのこうの 言ってましたね。ふしまでん と 読んでしまったワ。ふくまでんだ・・。

取り巻く全てが 敵なのか?
完全アウェーなのね・・。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。