西湘ケチおばRIN

こういうものが欲しい!を中心に
(読書はたいてい借り物で…)

首相夫人は…もはや公人じゃないの?

2017-03-07 22:28:57 | 情報うぉんつ

昭恵夫人「注目に戸惑い」

男性政治家の奥さんは、昔から、舞台裏では一緒に働いていたはずだ。
もっぱら舞台裏なので、フツーは家にいるか、夫の手がまわらない時、支持者の冠婚葬祭などには、代理で行く。

昔の農家や商家が、大きくても小さくても、自営状態、つまり妻も当然、家業に従事するのと、同じだ。給料は出ないが、働いて当たり前。
妻が家業に直接従事しないのは…たとえば、ひとり親方の大工の奥さんが、家で別の内職をしてるときぐらいだろう。この大工がちょっとでもエラクなり、弟子とか、人を雇ったりすれば、現代とは違い、衣食住の世話や手配は、妻の仕事だったはずだ。相撲部屋のおかみさんみたいに。

海外、つまり欧米式の訪問等では、夫人同伴が社交の常識。
奥さんがいない場合などは、娘さん(現・朴大統領とか、田中角栄時代の娘さんとか)が、かわりをつとめた。

「働く能力もないし、家事もできないのに、こんなに注目されちゃうの、なぜかしら~?」
…て。
昭恵夫人、それは…「首相夫人」だからです…。

昭恵氏講演に職員2度同行=答弁書

昭恵氏の講演、14年も政府職員同行 森友学園の幼稚園

この方が特に、あっちこっち出歩くのか。
ネット時代で、自分から発信できるようになったからか。
確か子供がいないから、手もあいてるし、自分も大人になれない。←差別発言だな。

でも、警護はつくだろうし、私人にしては、政治活動し過ぎてると思うが…。
首相夫人でなければ行かないところ、呼ばれないところへ、行ってるはずだから。
政治家の夫人は、給料が出ていなくても、ひとりの個人ではなく、「政治家の妻」だ。
公人と思わなきゃ、辻褄合わないのでは?

いっそ、いくらか給料を払えばいい。
隠れ蓑にできなくなり、クリーンに、クリアになる。

自営業の「青色専従者」みたいに。

安倍首相の「疑惑」…森友学園へ関与示唆する事実続出、夫人の名誉校長就任前日に大阪入り

森友学園の報告違い 松井知事「補助金詐欺なら刑事事件」

安倍首相夫人同行は「公務」=政府が答弁訂正

それはそうと。
オバマ前大統領のミシェル夫人、自分の仕事をもってて有能だったのに、「ファーストレディー」をつとめるため、自分の仕事はやめるしかなかった。
ファーストレディーには給料は出ないらしい。
それなのに、れっきとしたキャリアウーマンが「妻」として活動しなければならないほどの負担の重さが、現代において、適切なのかと、話題になったことがあった。
(なんて、まともな話題だ! トランプ大統領のツイッターの嵐や、移民である元モデルの奥さんが英語がどのくらいできるのか、などという現状に比べると!)

確かに、奥さんが自分の仕事を持っているのに、なげうって、夫の内助をつとめなければならないとは、時代にそぐわない感じがする。

アメリカ以外の国では、女性の首相や大統領が増えた。
歴史的に、男女差より大きい身分差を経験しており、今も実は結構カーストがあるからだろう。
で、旦那さんが、ファーストジェントルマンになる。

でも…男女同権、といいますか、妻が旦那の添え物でないなら、
「配偶者同伴」のしきたりは、早晩なくなっていくだろうし、そうあるべきだろう。

そもそも。
欧米の「夫人同伴が常識」なのは、何故なのだろう???

記事がダラダラ長くなってしまったので、覚えていたら、そのうち調べることにする。

首相夫人の支援透明化=私的活動でも職員同行―菅官房長官

昭恵夫人、涙ぐむ=「自分の甘さ反省」

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「未来講師めぐる」びっくり~ | トップ | 薬局で処分セール…? »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あまおう)
2017-03-08 01:00:23
今晩は。
昭恵夫人「注目に戸惑い」この記事をチラッと身ましたが、何故今になって、コレがニュース扱いになるの?
歴代の首相の奥様の常識的範囲内でしょう・・

夫の仕事意よ。。関係ないわ~・・なんて 気楽に構えられないのよね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。