一緒に小原大二郎

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2001年の

2017-07-08 09:13:12 | 日記
すでに日本国にあるほとんどの銀行などの金融機関は、既に国際的な金融市場や取引に関する規制等が強化されることまでも視野に入れて、財務力のの強化や金融機関の合併・統合等を含めた組織再編成などまでも精力的に取り組んでいます。
一般的にバブル経済(日本では80年代から)について。時価資産(例えば不動産や株式など)の市場価格が度を過ぎた投機により実体の経済成長を超過してなおもありえない高騰を続け、最終的には投機による下支えができなくなるまでの経済状態を指します。
すべての証券会社が設立者である日本証券業協会のことをご存知ですか。この協会では協会員である国内にあるすべての証券会社および登録金融機関の行う株券など、有価証券の取引(売買の手続き等)を厳正で円滑にし、金融商品取引業が堅実なますますの成長を図り、投資者の保護を協会の目的としているのです。
未来のためにも日本国内で生まれたほとんどの金融グループは、広くグローバルな市場や取引にかかる金融規制等の強化もしっかりと視野に入れ、財務体質を一層強化させること、合併・統合等を含めた組織の再編成などに積極的に取り組んできています。
銀行を意味するバンクはあまり知られていないけれどイタリア語のbancoに由来している。ヨーロッパでもっとも長い歴史を持つ銀行は?⇒600年以上も昔、15世紀の頭に豊かなジェノヴァ共和国で生まれ、領土の統治にも関与していたサン・ジョルジョ銀行であると研究されている。
FXとは、証拠金をもとに外国の通貨を売買して補償金の何倍もの利益を出す取引です外貨を扱っても外貨預金や外貨MMFと比較してみても利回りが高いうえ、為替コストも安いのがポイント。はじめたいときは証券会社やFX会社を選ぶことからスタートしよう。
そのとおりロイズとは、イギリスのロンドンにある世界中に知られた保険市場を指すと同時にイギリスの制定法で法人とされた、ブローカーとそのシンジケート(団体や組合)が会員の保険組合そのものを指す場合もある。
西暦1998年12月、総理府(省庁再編後に内閣府)の内部部局ではなく外局として委員長は国務大臣にするとされている機関である金融再生委員会が設置され、のちに金融庁となる金融監督庁は2001年の金融再生委員会廃止まで、その管轄下に2年余り配されていた過去がある。
平成7年に全面改正された保険業法の定めに基づき、保険を取り扱う企業は生保を扱う生命保険会社、損保を扱う損害保険会社に2つに分かれることになった。どちらの会社も内閣総理大臣から免許(監督および規制は金融庁)を受けている会社でないと行ってはいけないのです。
一般的にスウィーブサービスとは?⇒通常の普通預金口座と証券用の取引口座、この間で、株式等の購入のための資金や売却でえた利益などが手続き不要で振替される新しいサービス。同一金融グループによる顧客囲い込み戦略です。
西暦1998年12月、総理府(当時)の内部部局ではなく外局として国務大臣を長にすることとした新しい組織、金融再生委員会が設置され、金融監督庁(民間金融機関等の検査・監督)は2001年に内閣府の外局となるまで金融再生委員会の管理下に約2年半位置づけされていたということ。
ですから安定的であるうえに活気にあふれた金融市場や取引のシステムを誕生させるためには、どうしても銀行や証券会社などの民間金融機関だけでなく行政(政府)が両方の立場から問題を積極的に解決しなければならないのです。
特別の法律により設立された法人である日本証券業協会の目的⇒協会員の有価証券(株券や債券)の取引等を厳正で円滑なものとし、金融商品取引業界全体が健全なさらなる成長を図り、投資者を保護することを協会の目的としているのです。
保険業法(改正1995年)の定めに則り、保険の取り扱いを行う企業は生命保険会社あるいは損害保険会社の2つに分かれ、どちらの場合も内閣総理大臣からの免許(監督および規制は金融庁)を受けた会社を除いて経営できないとされているのだ。
つまり「金融仲介機能」と「信用創造機能」そして「決済機能」以上、重要な機能の総称を銀行の3大機能と称することが多く、「預金」「融資」「為替」の基本業務、最も肝心なその銀行の持つ信用力によって実現できていると考えられる。
小原大二郎
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 多数の者が定められた | トップ | ファンド(投資信託などの形態で »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。