迷レンズ探訪

あまり陽の目を見ないレンズやカメラを取り上げていきます。
そんなレンズで撮る写真も載せていきます。

かわいいレンズだけどちゃんと写るんだ!  Kino-Sankyo 13mm F1.9

2017-03-07 23:31:03 | Cine lens, TV lens
先日紹介した8ミリシネカメラSankyo 8Tのターレットについていたレンズです。

8ミリシネカメラの標準レンズにあたります。
これをPentax Q7につけると、35ミリフィルムカメラ換算で約60mmのほぼ標準レンズとして使えることになります。

Pentax Q7につけるとどうですか、レンズが小さくてかわいいでしょう。小さなボディにかわいいレンズ、結構似合っていると思いませんか。


さて写りはいかがでしょうか。
まずは遠景です。開放F値では拡大すると若干ほやっとするのに気がつきますが、特に問題になるレベルではありません。


絞っていくと四隅がケラれていきます。4:3の画面ではF5.6で少し影が出て、F16まで絞ると四隅が黒くなります。3:2にすると影響はかなり少なくなります。

最短撮影距離は約30cm。焦点距離13mmですので開放F値でようやくボケが見られるようになります。


そして、こういうシーンですと、ちょっとぐるぐるします。

  いずれも Pentax Q7+Kino-Sankyo 13mm F1.9

Pentax Qシリーズでしか使えないのですが、面白そうなレンズです。これからも、時々持ち出して楽しんでみたいと思います。
『デジタルカメラ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ずっしり重い中望遠マクロ  ... | トップ | 優等生の明るい標準レンズ  ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Cine lens, TV lens」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。