小田急中心の模型のブログ

小田急を中心に私鉄を模型で楽しむブログ。

営団5000系アルミ車を作る・01S

2017-06-17 21:52:06 | 営団・メトロ
気が付けばいつにも工作関連の記事を書いていなかった(^^;)


2017-02

コトの起こりは今年の1月。
オクでボナの5000アルミ非冷房キットを落札したことから始まりました。
当然のことながら細帯化を画策したものの、ホワイトメタルの前面をゴリゴリやる
技量はなく、一旦はご覧のとおり着工したのですが・・・


2017-02

2月のある日、焼き鳥屋でおもむろにこのようなメタル前面を頂いたが最後、
もはや習性と化している細帯化に舵を切りました(´∀`;)アジャパー


2017-04

表面が若干荒れているので、先生の作例を手本に
サフを吹き細かいペーパーで仕上げました。
このパーツ、後退角が不足気味でさながら切妻のように見えるので、
裏に筋を彫った上でステンレス定規を用い、じわりと角度を増しました。

ホーロー引きか何かと思われる帯は、今後プラペーパーで工作する予定です。


2017-03

前面と並行して、大きな山場となる乗務員扉前の帯削りを進めました。
ご覧のとおり、太帯に繋がる三角形の部分をリューターで平らに仕上げる工作です。
細めのビットを用いてあまり角度を付けず、だましだまし平らにしていきます。
乗務員扉の枠は完全に無傷が難しいので、帯を撤去した後に
アルミステッカーによるマスキングとゼリー状瞬着を駆使して再構築します。


2017-05

次なる山場はご存知の方も多いであろう、地獄のドア枠テーパー付けw
外板と内板を張り合わせると、ドア周りに階段状の段差ができ、
ここに瞬着なりパテなりを盛って斜めに削ってね♪という構成です。
言うは易し、行うはヤバし。
ここを超えれば一気に視界が開けるから、と言い聞かせて自分との戦いです。

下が貼り合わせただけの状態。
ここに後述の黒瞬着を盛ったのが上。



やや粗削りながら、こんな感じに仕上げます。
コーナー部は上も下もやや複雑な形状となるので、
上は丸ヤスリ、下はカッターを駆使して仕上げます。



やや試行錯誤しましたが、
盛るのはガイアの黒瞬着パテ、
削りにはウェーブのスティックヤスリ(#400・ソフト)を用いることに落ち着きました。
前者は瞬着硬化スプレーを吹けばすぐに固まり、
食い付きと切削性に優れているのでスピードアップに効果絶大です。

後者は画像のように適当な幅に切り出して使うと○。
当然のことながらこの後より細かいペーパーで表面を仕上げます。

この手の加工は無機質な仕上がりを目指すので、手作り感は厳禁。
左辺を削り始めたらひたすら 無 心 で 各側板の左辺を削り続け、
続いて右辺右辺右辺...、上辺上辺上辺...と無心で流れ作業を行うようにしています。



しばらくアルミ車を頑張るつもりですが、
ステンレス車ももちろんやります。
西船橋開業で投入されたグループの登場時にする。
窓はボナ前面に合わせて再構築しますが、
先にライトをやりました。

左がオリジナル。
右がトレジャーの最新版シールドビームを用いた様子。
オリジナルはややライトがロリ目気味で、
そのままトレジャーのパーツを入れてもスカスカで付けられませんので、
別の車体からコルゲートを丸く切り出し、はめ込み→ど真ん中に
一回り小さく再穿孔しました。



こんな感じで。
律儀に別の前面から切り出したけど、
側板から取ってもコルゲートのパターンは一緒っぽい(先頭を1両無駄にしてしまった)

・・・続く。



割と重たい工作をしながら、
やっぱり買ってしまったものの報告。京王8000系!
もたもたしているうちに瞬く間に市場から姿を消し、
私にしては珍しく探し回りました。
どっちかというとシングルアームパンタの8710+8810のほうが品薄っぽく、
買った(買えた)のはひし形パンタ時代の8701+8801ですが、
好きなのは6000系末期の2009~2010年頃。
諸々交換して再現してみます。

グレースカートになる可能性もないではないが、
それやるなら4両だけでも別編成が欲しい。



泉北3000、前回の大和川橋梁の記事では買えないーと言ったけれど、
手の届く感じで出てたので買ってもた。
こんな並びもやりたいけれど、コルゲートにSEMBOKUプレートがモールドされているので、
現行仕様にします。
昔の泉北ならば、どっちかというと100形が欲しい!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まにあっく阪神 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。