ぬる鑑

                     ぢゃ、ぬる鑑で。

ストックを使わない手はない

2017-02-09 05:57:41 | 不動産鑑定
本日の天気は

おお、すごい(笑)



我が家のご近所でも、ドンドン分譲戸建が増えてきて、ビックリするくらいの値段で売れてっちゃうんですけど、みんなどっからカネ出してるんすかねぇ?不思議、不思議。

自分はとても6~8千万円レベルには手が出なかったのと、あと、そーは行っても最低でも25坪はある南方位の整形地を欲していましたので、泣く泣く中古と相成りまして。

でも、その結果、彼是12年くらい経ちましたけど、後々のメンテコストや税金をひっくるめても、個人的には正解だったよーな気がしております。

戸建、特に木造住宅って、法規と耐震さえクリアならば、どうとでもリノベーション出来るのよね。

しかも、今だと、購入後のリノベ資金を住宅ローンに一まとめにできたり、工事履歴がデータで蓄積されたりするんで、益々便利、且つ、安全になってきております。

ライフスタイルなんてのは、何年かすると変わってっちゃいますし、それに合わせるカタチでハコも変えていける方が使い勝手いいし、何より経済的です。

マンションって手もあるけど、子供が小さい頃は何となく自分なんぞは(意外にも)気を遣っちゃうタイプなので、気持ち的にゆったり出来ないってのもあったりするし。

何よりも、こんだけストック余ってるんだから、やっぱ使わない手はないと思います。

老朽化で危険なモノもございますので、こーゆーのは除却方向でいくとしても、使えるハードは使えるヒトが面白楽しく使っていけば、そのヒトにとっても街にとってもイイこと尽くめだと感じる次第です。

勿論、中古マンションも含め、様々な可能性をね、模索していく所存です。


↓Instagramでも御休憩をっ!

Instagram
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 覚悟に至るまで | トップ | 良質な判断 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

不動産鑑定」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL