里山記録 いなぎ里山

いなぎ里山グリーンワークの農作業の記録、会長の名言録、スタッフのスケジュールです

2017年5月19日(金) 保育園サツマイモ

2017年05月19日 | 保育園

 偶然でしたが保育園、みる・みーる委員会、パルシステム労働組合の3つのイベントが重なってしまい、保育園は」大きいリッキーハウス、みる・みーる委員会は改修中の小屋の集会室、パル労組にはピザ窯のリッキーハウスを使ってもらいました。

(左から本郷ゆうし保育園の中山園長先生、中島ゆうし保育園の佐藤園長先生、松葉保育園の富岡園長先生)

(みる・みーる委員会の雑木林調査活動)

参加メンバー

山田リーダー、浅井さん、私の3人です。

今日の作業

(1)保育園のサツマイモ植付け

 今日は、松葉保育園と第六保育園の園児による植え付けで、1園あたり2畝、1人当たり概ね2本程度の植え付けを行いました。これで東保育会の保育園のサツマイモは終了です。10月下旬の収穫を楽しみにしましょう。

 植え付け体験の後は雑木林でのお遊びと栄養士の先生が作るカレーです。カレーには里山で摘んだスナップエンドウがのっています。

(昼食を作ってくれた栄養士の先生です)

 

(2)みる・みーる委員会の里山見学

 パルシステム東京がこの里山の土地を購入したことを受け、みる・みーる委員会の皆さん16名が見学に来てくれました。里山でパルシステムの企画に参加した会員の方々に伝えていること、雑木林と農業のつながりなどを軽くお話ししました。

 パルシステムが作成した資料にもとづき、パルシステムがこの土地を購入した目的、広さ、当NPOとの関係等を説明し、雑木林の見どころをご説明して実際に歩き足の裏で落葉樹林を実感してもらい、落葉の堆肥に乗って、最後に落葉の堆肥と有機肥料を混ぜ合わせるところを見てもらいました。併せて、化学肥料を使う目的とタイミング等の説明をしました。

(竹林を見学)

(見学を終えたら野菜の収穫体験です)

(昼食をとってから委員会です。活発な議論があったようです)

 里山らしく、カモミール・ティーを楽しんでもらいました。

 

(3)パルシステム労働組合の方の里山視察

 こちらはパルシステムの松長さんに全面的にお任せして里山の紹介をしてもらいました。


今後の予定・計画

  5月20日 (土)   :Palsystem企画 「落花生植付け体験(一般会員-抽選)」
  5月21日 (日) :Palsystem企画 「落花生植付け体験(年間会員)」

  5月22日 (月) :保育園サツマイモ植付け(城山)

  5月27日 (土) :農作業をします

  5月28日 (日) :森フェス2017(どなたでもご参加ください 当日券1,200)

   http://www.inagi-morifes.com/about/

  6月  3日 (土) :Palsystem企画 「麦茶用大麦の刈取り(年間会員)」

  6月  4日 (日) :Palsystem企画 「麦茶用大麦の刈取り(年間会員)」

  6月10日 (土) :Palsystem企画 「梅の実もぎ(1)(一般会員・抽選)」

  6月11日 (日) :Palsystem企画 「梅ジュース・ジャムづくり(一般会員)」

  6月17日 (土) :Palsystem企画 「梅の実もぎ(2)(一般会員・抽選)」

                           Palsystem企画 「ラズベリージャムづくり(1)(一般会員・抽選)」

  6月18日 (日) :Palsystem企画 「ラズベリージャムづくり(2)(一般会員・抽選)」

                           Palsystem企画 「梅の実もぎ(3)(一般会員・抽選)」

2017年度上半期の企画予定は、いなぎ里山グリーンワークのHPにアップしています。

 http://www.inagi-greenwork.com/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年5月14日(日) サツマイ... | トップ | 2017年5月20日(土) 落花生の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。