元関心空間 daisaku-otの関心キーワードと関心空間日記
元:長男と漢字検定一級の家族合格への挑戦 ~四字熟語篇~
22年度第3回の漢字検定で家族合格致しました。
 



ようこそ! 自称「謎の円盤UF王」と申します。

(1)2011年以降は、J-popのハロプロの音楽に嵌っています。
2010年までは、殆どがK-popを鑑賞してました。しかし、2010年の年末に日本レコード大賞最優秀新人賞を取ったのは、K-popからやってきた少女時代ではなく、スマイレージだったのです。此に驚いた私は、2011年になって、スマイレージからハロプロを見始めて、初めは℃-ute、次第にモーニング娘。などに嵌っていくこととなりました。
2013年以降も、ハロプロを中心に嵌ってますが、J-popの様々なユニットを見ています。2008年頃のJ-pop女子ユニット界隈とは雲泥の差で、百花繚乱です。現在のハロプロの注目は、℃-ute、モーニング娘。は、勿論ですが、Juice=Juice、つばきファクトリーという2017年メジャー・デビューしたグループに惹かれています。

そんな今のマイ・ブログが「爍爍たる光耀の如く、眩く燦燦と煌めいて~え~ぇ~、芳香芬芬たる乙女達の映像や歌声を堪能し~い~ぃ~、清清しい爽快気分の横溢は闌に到達するーーーーーーっ!!!!!!!  有ると思います。」という、超長いタイトルのブログです。よかったら、見てみて下さい。

(2)2009年から2010年は、K-pop女子グループに嵌りっぱなしでした。
 2008年初頭、Perfumeを知ることにより、音楽視聴熱が再発。初めてJ-popなど日本の音楽を真剣に聴くようになりました。しかし、日本では、Perfumeのような良質な女子グループがTVなどで登場することが少ないまま、日の目を見なかったり、そのまま消滅していたことなどを知って、幻滅していた。
 そんな気分のときに、2009年になって、これまた初めてKpop女子ユニットSNSD(ソニョシデ)のGeeという曲を聴いて、衝撃を受ける。以来、SNSDに留まらずに、Jpopには無い、韓流音楽文化のエネルギッシュで、百花斉放たる繁栄を感じ、次々と繰り出す韓流女子ユニットにゾッコン、嵌りっぱなしと云うわけである。


以下は、2007年以降の記述です。

(1)登録語のジャンル
私の関心は、ここでは、音楽が中心です。その他、食品関係とキャラクター、女子と漫画などのキャラクターや番組などです。

(2)音楽関連の登録語のジャンル
 登録している語は、殆どが、80年代後半の頃にディスコでかかっていた、洋楽ダンス系中心の音楽アーティストからなっています。
70年代にヒットしたディスコクラシックスの曲も、当時ディスコでかかっていたので、そられの曲も一部にあります。

UKブラックと英国シンセポップ系、英国ブルーアイドソウル系、日本人とユーロビート、BlackとAitken/Stock/Watermanプロデュースの曲、その他のユーロビート。
RapのやDance Classicsとバラッド曲、ブラック系R&Bを中心に色々、有名アーティスト、House,美男美女系、Breakfast Clubもあり。
英国Houseやブラック有名アーティスト、Madonna,Ofra Hazaなどいろいろ。英国ハイエナジー、ハウス、米国ブラックなど。PUNK,シンセポップ、3人娘、3人息子などです。70年代の有名作品など。Babyface&L.A.関係の曲など。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Juice=Juiceの今年の第二弾シングルです。またも、トリプルです。
画像は、仮です。未だ公開されていないようです。

儂が今、一番期待しているsingleCD+DVD(MV)が、Juice=Juiceなんです。

ハロプロの今年一番のシングル発売は、Juice=Juiceだったはずなのですが、第二弾シングルは、こぶしファクトリーに抜かれて、先に第二弾トリプルA面シングルを出されてしまったんですよねぇ。

確かに、こぶしは、Juice=Juiceが獲得できなかったレコード大賞最優秀新人賞を昨年獲って、乗りに乗って事務所からも推されているんでしょうねぇ。片や、Juice=Juiceはライブ中心の活動だから…?

でも、Juice=Juiceは今年ドラマにも主演したし、そこで一気に、攻めてきて欲しかったんだけどねぇ。反って、それが仇となって、シングル発売が遅れてしまったのかねぇ。
まぁ、御陰で、武道館コンサートが年内に決まったことは、良かったし、期待しちゃいますけど…。

さて。今回、つんく♂、前山田とダンス☆マンなど、作者は豪華です。それにしても、最近のつんく♂作品は、Dreamをよく使っています。作品の音源は、既に、ラジオ専門番組や、テレビ専門番組のスタジオライブにて披露していて、それらを視聴するに、どんなPVが公開されるか、かなり期待しています。


の画像




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )








三田寛子さんも可愛いが、水谷麻里さんも可愛い。で、藤井フミヤは良い声出し、歌も上手いね。

そんなロカビリーとかオールディーズ色を最近出してきているアイドルが、カントリーガールズ。



作曲編曲は中島卓偉でした。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先日発売されたばかりのLittle Glee Monsterのニュー・シングル曲です。

「私らしく生きてみたい」の方は、まぁまぁな感じでしたが、「君のようになりたい」のMVが、ヤバかった。
こちらの曲は、大ヒット上映中のディズニー映画最新作「ジャングル・ブック」(8月11日公開)のキャンペーンソングだそうです。

兎に角、編曲が、儂のようなおじさんには、堪りませんわ。

MV

の画像




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ちょっと恥ずかしいんだけどさ、自分でアイドルのアルバムLPレコードを初めて買ったのって、河合奈保子のライブアルバムだったんだよね。

日本のアイドルLPを買ったのは、それが、最初で最後なんだけどさ、そのころのアイドルって言えば、松田聖子でさ、歌うまいけどあのブりっこがはなについてさ。

で、私の場合は、歌い方もストレートで、さわやかな、河合奈保子にいったんだよね。なんかCDボックスセットが最近でてるみたいです。



2016/08/16追加⇒写真集




の画像




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




山梨の桃をPRしながら全曲ウイスパーボイスで歌うグループ、Peach sugar snowのミニアルバム。

発祥は3人グループであったが、最近は、一人でも、続けてやっていた。

しかし、このアルバムでは、新メンバー山口サララも加わって、二人組となり、儂も注目した。
新メンバーが加入しても、相変わらず、一貫して、つぶやき声で歌っている。
この徹底ぶりは凄いよな。

アルバムのリード曲は、『私キミに恋してる』⇒MV


の画像




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




チャオ ベッラ チンクエッティとしては、初アルバム。

昔はポッシボーだった…。もっとメンバーがいた…。
AKB48が秋葉に登場する前から、秋葉にいたよなぁ。

人数が減っていき、名前も変え、粘り強くやってきて、愈々、今年は武道館に向かっている。

収録曲で、最近公開された「BOOM!×3 ~ジェラしっちゃうぞ!焦らしっちゃうぞ!~」のMVを見るに、此所まで来たかという感じやなぁ。突き抜けたっていえば突き抜けたかなぁ。

まぁ、武道館に相応しく対応できるように、幅広くやっていくことが必要なんだろうなぁ。


BOOM!×3 MV


の画像




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Czecho No Republic(チェコノーリパブリック)の4thアルバム。

儂は、今まで、このグループは、よく存じ上げていませんでしたが、最近、夏に拘って、クラシックからエレクトリックなど色々と探して、視聴しているわけですが、そんな中、見つけました。

今夏のベスト夏アルバムを見つけましたって感じなのです。そもそも、儂は、大瀧さん以来、長年、ベスト夏アルバムなんて謳ったこと無かったですけども…、久しぶりに、コレはいいのですよ。

ベースは、ロックバンドなんでしょうかねぇ。4thと言うことで、歴史有る感じですが、此までの経緯を調べていないので、よく分かりませんが、ただ、アイドル系やダンス系や様様な幻想的な夏を満喫できる、聴いてて爽やかで、心地良い、癒やされる感じです。

電波系は好みじゃなかったのですが、こんな電波系にはひっくり返されました。
Electric Girl MV

の画像




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




恐れていたが、やっぱり、終わるのか

今まで、楽しく、使わせて頂きました。
どうも(*^-^*)有り難うございました。

サヨナラ、関心空間…。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




画像は仮ですが、りかりこと称する、正真正銘の双生児で、相当に別嬪さんです。CD発売は無く、配信のみのようです。

DJかラッパーのサングラスのお兄さんは、よく存じ上げず、申し訳ありませんが、こういう脱力感がある緩慢な雰囲気が良いですね。本心内心はよく分かりませんが、パフォーマンスとしてこの媚びないナチュラルな雰囲気は、とても好感が持てますよ。清涼感を所望する夏の日々にも整いますよ。屹度、女子にも好感度高いんじゃないでしょか?

で、サウンドが、零年代後期だと思いますが、儂が大のお気に入りだった、泰から来たヴォーカリストMayのスイヴァケを髣髴とさせてくれまして、この夏ソングとして、重厚なローテになりそうな予感です。


MV

の画像




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ