ふれあいネットワーク

大津町社会福祉協議会(熊本県)のブログです!
一期一会を大切にしながら、優しさや地域支え合いの記事を掲載して行きます

災害ボランティアセンター+1(ぷらすわん)【151日目】

2016-09-19 17:26:03 | 災害ボラセン
開設151日目です。



  曇り雨の
蒸し暑い一日でした。

東北と北海道が気になります。
自然災害を経験すると、なお一層、東北での被害が心配です・・・
仲間が、支援に向かいました!
現地入りした仲間からの依頼で
岩手県岩泉町に送った資材が
土曜日に到着して、活躍しているようです!


被災財を見らんで人ば視る
おったちが、何とか したかとは 人たい!
 大津町災害ボランティアセンター愛ことば…

本日の活動は2件でした。
≪ボランティアさん3名にご協力いただきました。≫

現在、ボランティさんの活動は、
お電話での登録をお願いしています。
事前に活動できる日をご登録いただき
ニーズが整い次第、お電話を差し上げる方法を試みています
現在は、登録できる期間を、
 ~10月2日(日)までにしています。

災害ボランティアセンターのお休みの連絡です
9月11日(日)、18日(日)、25日(日)は、お休みします。


明日の活動は0件です。
台風16号が接近している為≫

現在、
9月22日(木)
9月24日(土)
10月1日(土)に活動していただける
ボランティアさんを大募集中です!

ニーズの調整が出来れば対応できる活動が18件あります。

☎090-8348-2784
登録をお待ちしております!!


遠くの親せき宅や子ども宅へ避難していた高齢の方や
電話するのを長く悩んでいたり
ひとりで片付けなどを頑張っていた方や
隣近所にうわさを聞いて
思い切って、勇気をふりしぼり
電話をかけてニーズの相談をされる方が増えています

内容は、高齢者の方などが在宅復帰の為の
被災財(瓦礫)の清掃や室内の片づけ等が少なくなり
屋内の片づけなど細かな作業のニーズが増えています。
女性の参加大歓迎です!
九州管内の皆様のご参加をお待ちしております

貴方が出来ることが大津町には沢山あります。
皆様よろしくお願いたしますm(__)m

現在、
自家用車で移動可能な 九州管内在住の方」の受け入れを行っております

社協が運営する、大津町災害ボランティアセンター+1では
地震の為に、自宅の居室が片づけられず困っている
仮設住宅へ移るのに荷造りや荷解きに困る等
お一人暮らしの高齢者などの方に対して
丁寧にニーズを聴き取り寄り添いながら
ボランティアによるお手伝いをメインに行っています
ボランティアさんの活動には、限界があります
できない事も多くあります。
その時は、ご自身で専門家による対応をお願いしています

高校生は、保護者の同意が必要になります
ご協力をお願いいたします

1人で地震後の片づけが出来ない方は
ご相談ください。m(__)m
☎ 080-5073-9469


感謝

本日の“にっこりほっと”
スタッフの言葉より

泥だしブチョ~と一緒に活動が出来て に にっこり  
台風16号の接近に伴い、備えを行いました。  



ボランティアさんが紙コップを再利用するように名前を書かれています  


岩手県 岩泉町のフェイスブック に にっこり  


久しぶりの泥だしブチョ~の参加に にっこり  
隣村で活躍中のボランティアさんの近況も聞けて にっこり  

豪華なランチに にっこり 


ゴーヤー
ゴーヤーチャンプルにしてボランティアさんと食べました。



本震から5ヵ月を迎えます。
熊本県の被災者の生活復興支援の為に、
各ブロック社協の方々や県内社協の方々の
第3フェーズへ向けての支援職員のご検討をお願いいたします。
地域支え合いセンターへ向けての準備も進んでいます。



日増しカレンダーは、職員が作成しました。


感謝


様々なつながりを導いてくれた、
「みんなの大津町災害ボランティアセンター」は
被災された方々に寄り添いながら
素敵な出会いがあった場所!
 つながりを感じることができた場所!
  “ありがとう”の言葉で感動ができた場所!


「あなたの大津町ボランティアセンター+1(ぷらすわん)」は
被災された方々に寄り添いながら
素敵な出会いがつながった場所!
 絆や感謝、思いを感じることができた場所!
  “ありがとう”の一言で感動ができた場所!
 
大津町災害ボランティアセンター+1(ぷらすわん)
 フレ愛ネットワーク
   ~友(フレンド)を愛し、人とひとをつなぐ~

詳細は、本会のHPをご覧ください。


新たなステージに移りつつあります\(^o^)/
10月3日(月)から
大津町災害ボランティアセンター+1の活動は、
大津町老人福祉センター駐車場のプレハブ事務所から
大津町社協の「ボランティアセンター」で引き継ぎ
土曜日の活動をメインに継続して行きます!


中高生の地元版の作品

あんたの頑張りば
 明日ん 仲間が
  つないでくれるばい!!
一日数時間の活動は微力ですが、バトンをつないで行けば
大きな力になります
あせらず、相手のペースに合わせて、ゆっくりと活動ができるといいですね~♪




被災財を見らんで人ば視る
おったちが、何とか したかとは 人たい!
 大津町災害ボランティアセンター愛ことば…



頑張ってねの言葉より、
一緒にがんばるよ! 熊本・大津!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 災害ボランティアセンター+... | トップ | 災害ボランティアセンター+... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

災害ボラセン」カテゴリの最新記事