廃墟賛歌ブログ

廃墟をはじめ軍艦島とか炭鉱とか廃線とか、産業廃墟作品制作ユニット<オープロジェクト>オフィシャル・ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『見学ナイトvol.15 池島からの報告』

2014-03-03 00:26:30 | イベント情報
大人の社会科見学で知られる小島健一さん主催、
『見学ナイトvol.15 池島からの報告』に、
オープロジェクトがゲスト出演します。

池島からの報告

小島さんは3年前から長崎市の協力隊として、
九州最後の炭鉱である池島炭鉱に渡り、
池島の普及に尽力されて来ました。
そのおかげで、かつて殆ど知る人のいなかった池島も、
今では多くの人がその存在を知り興味を持つ様になりました。

オープロジェクトは、軍艦島のDVDや書籍で知られていますが、
実は軍艦島の初期の撮影の頃から同時進行で、
池島炭鉱も撮影していました。

その頃はまだ東南アジアの研修生が沢山いて、
実際の石炭の採掘は終了していたものの、
海底深くの坑道や坑外の多くの施設が稼働していました。

今回のイベントでは、
それらまだ動いていた頃の池島炭鉱の姿を、
映像・画像と解説でご覧になって頂ければと想います。

池島

いまでは殆どが水没してしまった海底坑道。
そこにはいったい何があったのか、そしてどんな世界だったのか。





池島

また、池島の港に着いた時に、
最初に港内から見える、斜面にへばりついた工場群の中には、
果たして何があるのか。





池島

更に、池島からも見える、
池島の沖合3キロに浮かぶ蟇島(ひきしま)。
島内には池島からもうっすら建物が見えますが、
果たしてそこには何があるのか。
永年池島に通い、
そのつど気になっていた蟇島へ昨年ついに上陸!
その一部始終をリポートします。

池島にご興味のある方は、是非ご参加くださいませ。



『見学ナイトvol.15 池島からの報告』
阿佐ヶ谷ロフトA
2014年3月9日 [日]
OPEN 18:00 / START 19:00 / END 22:00予定
予約¥1,500 / 当日¥2,000(共に飲食代別)

小島さんのサイト/告知ページはこちら →九州最後の炭鉱 池島より

ロフトA →阿佐ヶ谷ロフトA/スケジュール
『長崎県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『廃道ビヨンド前夜祭』終了! | TOP | 廃道リポート:砂糠山の廃道 »
最近の画像もっと見る

Similar Entries