廃墟賛歌ブログ

廃墟をはじめ軍艦島とか炭鉱とか廃線とか、産業廃墟作品制作ユニット<オープロジェクト>オフィシャル・ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『端島炭坑古事記』展 開催中

2014-05-02 02:25:47 | イベント情報
長崎のピースミュージアムにて、
『閉山40周年記念 端島炭坑古事記~無人島から近代都市になった軍艦島~』
展が開かれています。

閉山40周年記念 端島炭坑古事記~無人島から近代都市になった軍艦島~

端島炭鉱、通称軍艦島に関して、
20年以上にわたって研究を重ねている、
一級建築士の中村享一氏の研究発表的なエキシビションは、
おそらく、過去に開催されたどの軍艦島の展覧会&写真展より、
深く、かつ興味深い展示だと想います。

展示の最大の焦点は「明治時代の軍艦島」。
東京湯島にある三菱史料館で発掘された明治期の図面を元に、
岩礁中腹に記された横坑の位置等、
三菱以前の軍艦島の姿が明らかにされています。

前回の記事で、軍艦島の蒟蒻煉瓦に関してはお伝えしましたが、
今後、ますますヴェールに包まれたプレ三菱時代の軍艦島が、
明らかになって行くと想います。
そしてそれは同時に、来年の認定を控えた
『明治日本の産業革命遺産群』の中で、
これまで広告塔的な役割しか認められていなかった軍艦島が、
他の産業遺産と「明治日本」というポイントで、
肩を並べることができるようになることでもあります。

ちょっとディープな軍艦島ですが、
是非ご覧になって頂きたいと想います。



閉山40周年記念
『端島炭坑古事記~無人島から近代都市になった軍艦島~』
場所:長崎ピースミュージアム
会期:2014年4月15日 [火]~5月11日 [日]
開館時間:09:30~17:30 [最終日は14:00まで]
休館日:4/21 [月]、28 [月]、5/7 [水]
入場無料
住所:850-0921 長崎県長崎市松が枝町7-15

詳しくははこちら →長崎ピースミュージアム
『長崎県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 軍艦島閉山40年 | TOP | 『廃道レガシイ Obroad Legac... »
最近の画像もっと見る