思いついた写真をアップする家

写真を撮ってコメントを書く。それだけ。

17春バラ クリスチャンディオール

2017年06月10日 16時43分40秒 | 薔薇
クリスチャンディオール。ハイブリッドティー系。1958年フランス作出。剣弁高芯咲き。



有名デザイナーの名を冠する名花。背丈の有る樹形に、極めてバラらしい花の形。しかも極めつけに
鮮やかな赤という、文句のつけようがない赤バラ。香りはティー系らしく爽やかさと甘さを併せ持つ。
交配親は、(インディペンデンス×ハッピネス)×(ピース×ハッピネス)。花の大きさはピース、色はハッピネス
。ハッピネスの特徴(良し悪し含め)に引っ張られないよう、フロリバンダ系のインディペンデンスが入って
いる様です。


でも、名前には少々皮肉が混じっているようでw 確かに素晴らしいが、従来のバラを圧倒的にしのぐ
という特徴は持っていない。有名デザイナーのデザインも、毎年出て来るものと変わりがないという意味を
持っているらしい。このバラを作出した本人(メイアン)も、苦心の割には・・・ということなのだろうか・・・

凄い人にも凄い人なりに、他者から見て他愛のないところに至らなさを感じているのかも。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 17春バラ プスタ(ニューデ... | トップ | 17春バラ メサージュ(ホワ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。