思いついた写真をアップする家

写真を撮ってコメントを書く。それだけ。

17年7月9日の十五夜

2017年07月12日 23時30分00秒 | 日常的電脳日記
「天体」カテゴリーでも作れば良いのだろうけど、赤道儀を使うなど本格的な
天体撮影をやっている訳じゃないし。そもそも、☆に嵌ると金が幾らあっても
足りぬ・・・ ハッブルの公開画像を眺めていた方が精神衛生上よいのである。

はぁ、ポタ赤で良いから欲しいのぅ。上手く極軸合わせられるか自信が無いけどさ。

尚、ジュノーが送って来た最新の木星写真は「キモカッタ」けどなぁ・・・

さて、コメントの流れで、先日の十五夜の様子をご紹介。写真であっても、
何らかの変化が皆様にも起こったらステキではないですか! 悪い変化が
起こっても責任は取れないけどさ。



満月とは言っても、当日17/7/9の正午月齢は15.0。つまり、実際に撮影した
17/7/9 23時ごろというのは、少し過ぎちゃっている訳ですね。


F6.3 1/15sec ISO-400

普通に撮ると、満月というヤツは思いの外明るいので、月は真っ白になって
しまいます。当日は雲が厚く、偶に隙間が有ったり薄くなったりする時間が
あったので、雲を映してやろうと考えてシャッター速度を遅めにすると、
こうなるのであります。


F6.3 1/13sec ISO-400

ですが、うまい具合に雲が重なるタイミングを待てば、この様に写せるという。
薄雲によって太陽の光が空一面に光ってしまう日の、月光バージョンと思えば
よろしい。結構光が回って、雲に色が出て来るのであります。

これをベースに画像処理を行えば、もっと違和感のある仕上がりを得ることも
出来ます。雲が出ている日の満月撮影というヤツも面白いと知っていただければ
幸いでございます。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

色々な感情があるけど処置に悩む17/7/9

2017年07月09日 21時31分37秒 | 日常的電脳日記
そういう訳で、あれこれと悩んでは人に相談して、結局は自分で判断して行動するしかないという…
当たり前といえば当たり前。期待し過ぎてはいないけど、どうしたものやら?!なので人に聞いてる。
要するに、拘り過ぎるな、許してやれ、自分のやることに集中しろ、の、3本で~す。ンガクック。

それが簡単に出来たら悩みやしねーよ。と思うけど、人生経験、生存年数、知識量からして自分より
絶対的に上回る方々から言われている訳で、あり難く実行できるように努力します。します。たぶん。

---------------------



ニホンネコの野生種。ま、ノラですな。器用にスルスルと登って行った。写真をよく見ると、ピントが
後ろに抜けてやんのww とっさのチャンスでAFがこういう結果を叩き出して下さると、とーっても
凹むんですよね… 



雲というか、霧というか。標高的には雲であるが、晴れそうなので上がってみたら雲の中でした!と。



世羅方面の雄大積雲。今日は福山・三原尾道地域で雷注意報が出ていた模様。雄大積雲狙いで灰ヶ峰に
登ったのに、絶好調!の頃の雲は遥か彼方に進んでしまっていた。コッチが雲の中では、見えないんですよ
なーんにも。とりあえず、涼しかったですけどね。



広島湾、似島方面。西の方角の低空に雲があるので、今日の夕日に期待は出来なかった。西(山口県)
方向の雲が切れてくれていたなら、日没直前~日没後に雲が赤く染まったはずなのだが、そんな都合
良く赤くなるの日は少ない。そもそも、雲が無いと染まりようがないので、余計に難しい。



んー、大分むぎ焼酎「二階堂」のCMを思わせるような、自分トコのブログではありがちな写真。もっとも、
この写真は瀬戸内海(呉)であり、九州じゃないんですけどね。

----------------

話は戻って、先制攻撃されて黙って相手を許してやるほど甘くはないつもりだが、それを許すのが懐の広さとかいう。

どーなんそれw やられたらやり返す!という方針は「アリ」とは思うんですけど、そーいやー、そんなドラマが
流行った事もありましたなー。あれを「素」でやるバカが現実に居るはずなどないしなーと感じたから、あのドラマは
詳細まで見てなかったりする。非現実的で滑稽だっと思ったから。あれやったら干されるでしょ普通。ドラマでも栄転
扱いの左遷だし。戦術的勝利を収めたけど、戦略的敗北を喫したというオチのドラマだったと認識している。

そんなクダラネーことバッカリ頭の中でグルグルと考えてはかき消している。考えるのを止めて、棚ぼた的
幸福の訪れに期待!なんてのは全く信じてないし、あり得んと思ってる。でも、何かにすがりたくなるんですよねー。
ま、そんなコンナで未熟の現れを吐露するという記事でした。

(注:数年前から、ループする思考状態に陥ったら、5~10分で一旦遮断・消去する訓練を自らに課して来た。
ま、今年の春の事案後は、マロンママさんに話を聞いて貰うまで、その周期が凄く短く頻繁だったという話だが)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

17/7/1~7/2の空の模様

2017年07月02日 22時58分42秒 | 日常的電脳日記
メモリーカードを回収したので、昨日の空の様子にプラスして、今日の模様も合わせて記録しておこう。

都民ファーストの会代表となった小池都知事ですが、未だに自民党は籍を外していないというw
これって事実上、旧自民勢力vs知るや知らずのうちに新自民勢力という構図だったという事であり、
正しく理解して投票した都民はどれくらい居たのだろうか、と。

図式はこうである。子供のためにと言いつつ親の都合全開で、出て行ったはずの女房の席を抜かずに
おいて、お前の子の出来を見てから籍抜いてやるかどうか決める!という身勝手な旦那。
その出て行ったはずの女房は渡り鳥といわれ、才女で顔も広いのだが、変わり身の早さから、旦那の
友人からも「アレはサッパリ分からん。好きにやらせておけばいい」と評されており、好きにやらしたら
結構凄いコトやらかしてくれたので驚いた、という。そう、女房はそこら辺のご近所さんにも顔が利いて
いたのを、すっかり忘れていたというか、忘れたかったという具合だ。

一方、将棋界に目を向けると、藤井聡太なる超天才(秀才の可能性の方が高い)が30連勝出来ずに負けた。
元々、相手の心を乱して逆転することを信条として来た最近の対戦であったことから、いつ負けても不思議は
なかったのである。要するに、相手が勝手にビビって自滅した、という。
それくらい、ネームバリューという奴は「効く!」のである。テンデ大したことが無いはずの人でも、
名前を出しただけでビビるというアレである。※続けて書いた文章があったのだが、あまりにも具体的過ぎて
危ないので消した。
だからといって藤井四段の快挙はハッタリではなく、実力(秀才と書いた理由でもある)があってこそ。
今後の長い棋士人生が明るいものであることを祈るばかりである。

ん?これって「今日の模様そのもの」じゃないのかって?

----------------------



梅雨明けてないこともあって、気温と湿度はイッチョマエではあるものの、大気の状態が少々不安定。
視程は夏場のソレであり、雲の発生も上層下層の空気が入り混じっているのであります。
日差しは強いけど、夏至過ぎてますしねぇ。



これが、その代表例。低層には、雨を降らせるほどではないものの雲があり、高層に目をやると、寒気
交じりの水蒸気が上下動しているという。雄大積雲にならないのは、風の流れが結構あることと、暖かい
空気が地上に十分蓄えられていない為である。尚、芸北備北(広島県北部。中国山地の辺り)では、
夕立があったようです。



この時期の夕暮れは、実は結構面白い。西の空が開いていれば、雲に夕日が射して色が乗るのでありますが、
高さの無い場所では精々20km程度先の低空の様子しか見えないので、本当にそうなるのかは、なってみないと
分からないケースが多い。気象予報士の方や、データを十分に持っている人、漁業・農業・土木関係の方なら
分かるのかも知れませんが、自分には、その能力は無いですなぁ。



もっと色が乗るかもと思ったのに、そうでもなかったのが17/7/2の宵の口だった訳です。実のところ、芸北
方面の空が見える場所に立っていたなら、結構な雄大積雲が赤く染まっているところを見れた様なんです。
自分の立ち位置からは見えなかった。21時前の頃には稲光が見えていたので、そういう事だったのでしょう。

まー、自分もある程度常識のある時間には家に居たいという事情もあり、遠くまで行ってしまうと戻って
来なきゃならん訳で、遠くまで出かけない!のが、このところ1年2カ月程度の行動パターンです。
取り敢えず、対神経障害性疼痛用のクスリは少しだけ減らしてよし!が一昨日決定しましたので、徐々に
回復してきてはいるのでしょうけどね。時間がかかりますわ。それに、時間かけても完全に治りはせんのだしw

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ホタル撮影に行っていた17/6/19

2017年07月01日 20時49分36秒 | 日常的電脳日記
2017年も半分を過ぎまして、既に後半戦に突入であります。思えば4月中旬まで椎間板ヘルニアから来る
腰回りの不安と右坐骨神経痛を抱え、それが一段落付きそうになって来て、呉氏見に行ってウヒョッ!とか
思ってた翌日には、今までの人生でも相当に落ち込む経験をし、なんとも言えぬ心情をぶつける先が無くて
鬱々と過ごした挙句、マロンママさんに話聞いて貰って少し落ち着いて… で、7月1日であります。

ん?ここまで書いておいて、6/19とはコレ如何に。そーなんです。今日の空の様子(空なら、空見える
場所なら比較的容易に写真が撮れるから)でもUPしようと思っていたら、メモリーカードを置き忘れ。
回収に行くのは後日にしたので、写真がありません!という具合。

とはいっても、明日の夜に記事をupするかどーか決めていないので、出来る時にやっておこう、と。



はい、ホタル。。。 これで終わっても良いのだけど、少し書き足しておきましょうか。左下の方のは、
スマホなんです。よっぽど頑張っても、スマホでは難しいと思うのですが… 動画なら撮れるかも
知れませんけど…

ホタルは光通信やってるので、強すぎる光を当てるとダメなんですよねぇ。原則、「光を照らしちゃダメ」
なんですけど、それを知らない人が多い。もちろん、大昔の、そこら辺に幾らでもホタルが居た時代の人は、
一々気にする必要もなかったんですけどね。

ま、そんな訳で、道具が便利になりすぎるのも考えものだなーって。とか書いてるクセに、自分自身も
道具の力で、この写真を撮っている… 矛盾だらけなんですなぁ。

命を大事に!とか言いつつも、他の命を食らわねば生きられない。無意識に奪っている命は無尽蔵にあるし、
殺虫剤や農薬で殺しまくってる。土用の丑の日といっては、絶滅危惧種のニホンウナギを大量に殺して食って
いる。お肉の類は例外なくそう。米とか麦も、蒔けば芽が出るのに殺して食ってる。

人には親切にしよう、優しくしよう、仲間を思い仲良くしよう、いじめ良くない等々、幾らでも人として
理想的な「善い行い」が掲げられているけど、それを行う行わぬは、結局は自分の都合。明確な判断基準は
無いし、ましてや、他人の言った不確かな情報でホイホイ付いていくケースも多々ある。

実際に会ったことのない有名人の人格を、さも詳細まで知っているかのように錯覚させてくれる各種マスコミ。
それを見聞きして知識を拡げていく我々。情報を知っているのは圧倒的有利で間違いなしだけど、その入手
方法にまで頓着しない。こだわって耳をふさぐようなことをするものは、先ず居まい。

とか書いていると、「人間って生きていること自体が矛盾であり、それを承知で死ぬまで生きていくもの」
なんじゃないか、と。答えなんて出る訳がネー。

精々出来ることといえば、今年もホタル奇麗だったなー。と感じることくらいなんでしょうな。見られるだけでも
相当の幸運に恵まれているのだと、自分の今を感謝すること、くらいかなー。

でも、自分は人間が出来ていないので、分かっていても、悩みも怒りもするんだなー。修行が足りんね。
恐らく、死んでも悟れんとは思うけどさ。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

バカ正直な行動をとった17/6/18

2017年06月18日 22時42分58秒 | 日常的電脳日記
と、いう訳で、さっそく海へやって来たのです。

 
左:オリンパス E-M10  右:ニコンE5000

広島県地方は花崗岩地域が多く、風化→雨→砂礫化という流れで「真砂土」が多く産出される
ところでもありました。海に流されて明るいベージュの砂浜となります。そういう事情から、
海砂が建築材として大量に採取されまして、海の底はガレ石だらけということに。
これから数千年掛けて、豊かな海に戻るのかのぅ。戻ればえぇのぅ。



時間を良く調べずに行ったのですが、この場所なら満潮でも砂浜はある。それに下弦の月の
頃なので、潮もそこまで大きくない… とか思っていても、波は来るんですよ当然。



しかしまぁ、素足で砂浜歩いたのって35年ぶりくらいじゃなかろーか。なぜか水が怖い人間
でして、足の届くところでしか泳げないという… 海水は冷たかったものの、天気が良かった
事もあり、30分くらい水辺で写真撮影していたんですな。
釣りをしていた方が居たのですが、クサフグくらいしか釣れないんです。キスには少し時期が
早いとはいえ、昔なら、ハゼやカレイくらいは居ても良いのですがね。



竹林も緑鮮やかな頃。本年の広島県地方南部は、梅雨に入ってからの雨が非常に少ないのです。
ま、梅雨時期というのは、秋になってから『修正→記録として確定』となっていますから、
今が梅雨という保証はないんですけどね。



ホタルも終わりの頃。今年は夜の気温が低めで湿度も低く、発生数が少なかった感じ。
これから本格的な梅雨に入って行ったとき、この場所に大水が出なければ良いのですが。

ま、そういう一日を過ごしたのでありました。おやすみなさい。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

このところの悩みを聞いて貰った17/6/17

2017年06月17日 23時57分13秒 | 日常的電脳日記
ま、タイトルそのマンマなんですけど。このところ、こー見えても1カ月半で8kgほど体重が落ちまして、
オイオイ、ガックリし過ぎってか病気?(ある種、病気とはいえる)とか思ってたんですが。
理由はチョット前の記事を読めば、何があったかよく分からんが分かるだろう。

そういう訳で、マロンママさんに話を聞いて頂く機会があったので、出かけたのでありました。

--------------------------


花菖蒲がピークの頃。今年は雨が少ない梅雨の序盤となっているので、世話をする方の苦労が偲ばれます。


クレナイという品種のアジサイ。半月前には真っ白だったが、赤くなっていました。飾り花の
終わりの直前に、赤のピークがやって来る。


虫注意!と書いても遅すぎるわなw 調べてみたら、シンジュサンという蛾でした。コイツも
繭を作るので、養蚕に用いられたこともあったらしい。「シンジュ(神木)」が食葉だから
そういう名前らしい。せめて、もう少し赤かったら、ヨナグニサンみたいに人気が出るかも?
ココ(広島市植物公園)には、色んな蛾ーちゃんが出ます。ウンモンスズメを見たのもココだった。


アナベルという、アメリカ系のアジサイ。にぎやかなボール状に咲いていきます。

--------------------------

マロンママさんに話すこと約1.5時間(写真データから確認。ちょっと驚き)。随分と気が楽になりました。
色々と経験されて来た方に、とりあえず話を聞いて貰えたのは有り難かったですね。テーマが気軽でオチの不要な
内容なら、割と話をするのは苦にならないタイプの自分ですが、今回のは答えなど無い話ですし。

お時間を割いて頂き、ありがとうございました。この所のチョットした悩みについて随分気が楽になりました。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

17春バラ メサージュ(ホワイトナイト)

2017年06月10日 17時00分45秒 | 薔薇
メサージュ(ホワイトナイト)。ハイブリッドティー系。1955年フランス作出。剣弁高芯咲き。



立派なサイズの白バラ。剣弁とは、花弁の先っぽが剣の様に尖っているという意味。名前の通り
というところかも。只の白という訳ではなく、咲き始めは緑っぽい感があるので、咲き進んで
来ても、芯の部分は緑っぽくも見えます。花が大きく重いのか、この個体では若干うつむき加減
となっていたのが、イメージとしてどうなんかなー、と。強いけど物憂げと見るか、それとも・・・

交配親は(ビルゴ×ピース)×ビルゴ。ここでも、立派なパステルカラーバラのピースが!花の色は、
白バラの名花であるビルゴから。でも、ビルゴの白はクリームイエローが入っているんですよ。
不思議なものです。

----------------

6月に入っても「春バラ」と銘打って、自分的には珍しく連投して来たのですが、
これが最終回。どうもでした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

17春バラ クリスチャンディオール

2017年06月10日 16時43分40秒 | 薔薇
クリスチャンディオール。ハイブリッドティー系。1958年フランス作出。剣弁高芯咲き。



有名デザイナーの名を冠する名花。背丈の有る樹形に、極めてバラらしい花の形。しかも極めつけに
鮮やかな赤という、文句のつけようがない赤バラ。香りはティー系らしく爽やかさと甘さを併せ持つ。
交配親は、(インディペンデンス×ハッピネス)×(ピース×ハッピネス)。花の大きさはピース、色はハッピネス
。ハッピネスの特徴(良し悪し含め)に引っ張られないよう、フロリバンダ系のインディペンデンスが入って
いる様です。


でも、名前には少々皮肉が混じっているようでw 確かに素晴らしいが、従来のバラを圧倒的にしのぐ
という特徴は持っていない。有名デザイナーのデザインも、毎年出て来るものと変わりがないという意味を
持っているらしい。このバラを作出した本人(メイアン)も、苦心の割には・・・ということなのだろうか・・・

凄い人にも凄い人なりに、他者から見て他愛のないところに至らなさを感じているのかも。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

17春バラ プスタ(ニューデイリーメール)

2017年06月08日 22時35分39秒 | 薔薇
プスタ(ニューデイリーメール)。フロリバンダ系。1972年ドイツ作出。半剣弁咲き。



このバラはとにかく「赤い!」。黒みを帯びた赤とされていますが、赤々しい理由は退色しないからだ
そうです。どうりで、鉢植え展示の割に遠くからでも目に付いた訳ですな。
花付きが良い特徴があり、フロリバンダ系らしくにぎやかな房咲きとなるそうです。

色飽和させないようにマイナス補正で撮っているのですが、背景となっている緑の葉は相当に明るく
写っている。これでも気持ち明るいという事なのですが、花は明るめの露出で撮りたいもの。
それに、花が2輪しか付いていなかったので、構図が苦しかったという事情もあります。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

17春バラ 赤胆紅芯(ツダンホンシン)

2017年06月08日 22時23分26秒 | 薔薇
赤胆紅芯(チーダンホンシン)。オールドローズ・チャイナ系。中国作出。ロゼット(丸弁抱え)咲き。



中心は明るいローズレッドで、外に行くほどに赤みが深くなっていくという品種。焼き物に描かれる
ボタンのような雰囲気を持ちますが、花自体は相当に小さいのです。鉢植えに向くそうなのですが、
広島市植物公園の鉢植え品は、何か病気を貰ったような葉の色でして、この写真は直植えのものです。

この品種、大きくならないのは良いものの、花は小さい割に気品のある咲き方でして、下向きになって
しまう訳です。こうなると、撮影時の段取りが結構面倒になる… 今のデジタルカメラはライブビュー
可能なものが多いので、こういう時には助かります。以前なら、ローアングルアイピースファインダーを
使うか、自分が寝そべるしかなかったw ま、自分も寝そべって撮ったことは幾度かありますけど、
大概は「コイツ、何やってんの?」と奇異な目で見られる訳であります。

尚、このバラの交配親などは不明となっており、名前も漢字となっている事もあり、チャイナローズっぽさ
全開なのであります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加