思いついた写真をアップする家

写真を撮ってコメントを書く。それだけ。

呉氏を見に行った翌日、17/4/30

2017年04月30日 13時08分08秒 | その他
呉氏。呉(くれ、ご)は、日本の姓のひとつ。呉浦(現:呉市)の開発領主は呉氏であった(出典:Wikipedia)。

でも、タイトルから連想するのは、呉氏(くれし)の方だろう。今回、呉氏が見られる機会があったので撮影を試みた。

尚、呉氏(くれし)の前に、てつぞーという方が居たのですが、立体化を考えることなくイラストで採用した結果、
てつぞー氏に遭遇したチビッコ達が恐れ戦く(おののく)場面が見られ、大人たちは、何がベースとなっているのか
サッパリ分からないという有様であったので、引退となりました。標的艦となることなく、良い余生を過ごしている
ことをお祈りするばかりであります・・・


あれ?割とチビッコ達に可愛がられていたんじゃ?

さて、呉氏(くれし)に話を戻しましょう。呉は水に恵まれた地域であることから、モチーフは水という「体」に
なっています。よって色は、食欲も失せるディープスカイブルー(#00bfff)!


コイツ!


意外と逞しくて長い脚をもつので、ダンスは得意です・・・コイツ!相当訓練を積んでいます。


ダンスの上手な女の子が「キッズ隊」を編成したそうですが、真夏にコレやらせたら児童虐待モノですな。


で、足元が良く見えないのでスタッフにねぎらわれつつステージを降りていきます。

 
呉氏の製造プロセス。ジオン驚異のメカニズム!

  
ダンスも出来て大量増殖もして飛行能力まで持っているとは。グフ系?


!!! キッズですら行進してるというのに、コイツは専用車もってやがる!運転手付き。


今思えば、中の人ちがい?増殖した呉氏のうちの別個体なのかも。


グッズのうち、人形系以外は可愛さが無い。水の持つさざ波(漣)感が無いのがダメなのかもな。
寒天じゃないんだから、手配写真イラストの方もさざ波(漣)感を持つものに変更して欲しいものです。

----------------------

そんな訳で、斜陽な老齢都市である呉市が、相当な金を払って呼び寄せた呉氏(くれし)。電通が噛んでいることもあり、
滑り出しは上々のようです。どーか、呉氏(くれし)に払ったお金の一部でも、各公園の桜植え替えやトイレの建て替えに
使って貰えませんかねー呉市。ま、呉氏(くれし)に非が有る訳ではないので、どうぞ、可愛がってやってください。

運よく量産型の呉氏(くれし)を入手出来た方は、Amazonでヘリウムガス買うのが良いでしょう。家の中で飛ばす分には、
遠くまで逃げられて捕獲不能という事にはならんでしょうし。

----------------------

これで、今回の春休みの目的は達した感がある。腰と神経痛問題で、遠征と岩国基地は無理だろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜は終わって新緑の候となった17/4/22

2017年04月22日 21時54分44秒 | 風景・散歩・旅
当初の予定では、この時間は「とある撮影地」で夜桜を撮っているはずだったのですが、どうも昼過ぎ頃から
右脚神経痛が気になったので、さんざん悩んだ挙句に取りやめ。クルマで右往左往しながら、30分くらい
高速へ向かうかどうか考えてた。それくらい、今夜の気象条件は絶好だったということ。
残念だけど仕方がない。昨年は企図することが出来ないくらい腰が悪かったことを思えば、確実に良くなって
来ている。来年以降の楽しみに取っておくこととする。

さて、先週末の桜の様子である。結果的に、今シーズン最後(まだ八重桜の一部は見られますが)の桜と
なってしまったのです。この撮影の後、正に花に嵐という状態となったので、あっという間に葉桜に。
行く春を惜しむというか、二十四節気に於いても穀雨となったので、春最後の半月に入ったという事ですな。



予告通り?の灰ヶ峰。本来は登山道を桜で彩ろうとした様ですが、豪華なことをやると維持管理に金と人が
必要な訳でして、斜陽な老齢都市「呉」では、それはそれは難しい事でありました。
だって、この手の自然文化に金掛けないトコですから。箱モノの方が解り易い。維持管理に金が掛かっても、
雇用を生むという建前でOKなのです。ま、そっちはそっちで、要るのは分かるんですけどね。



14時頃までは青空でして、いい感じに春を満喫できていました。ハイキングの方も、そこそこ見かけましたです。
実は当日、灰ヶ峰~休山の縦走競技が行われてまして、参加人数がどーだったのか分からないんですけど、恐らく
最後尾の方が道に迷っていたのでありますよ。ゼッケン付けてたし。で、誘導員なんて居ないんですよねw
帰っちゃったのかどーか知りませんが。確か参加料取ってたはずなんですが、なんだかなぁ。



この場所からは呉湾が望めるのですが、お気に入りの木は形が変わっちゃっており、当然、花の付き方も変わって
しまった。なので、街が隠れるけどコチラから撮ることに。ま、止むを得ない。



はい、なんだか太陽光線が怪しくなって参りました。お陰で、望遠で抜いて桜が目立つ露出となった訳ですが。
狙って撮ってはいるけど、気象までは操れないのでね。典型的な「圧縮効果」というヤツ。



最近はスマホで気象データが見れるので、雨を避けることも可能にはなって来た。写真の左側(東側)は
雨が降っている。西からは日差しが見られ、雨雲は通り過ぎたのであった。

でも、家に帰ったら上着がグッチョリになってたという。そう、タイミングを見て帰宅したはずが、家から
15分というところで次の雨雲に見舞われたのでありました。かろうじて下着は助かったけど、ここまで濡れて
しまったら着替えますよね普通に。



そんなこんなで、今シーズンの桜も終わりました。本当に近所の桜ばかりでしたが、そこそこ楽しめた。
足腰がシャンとしていたなら、歩くんですけどね。灰ヶ峰なんかでは、以前、谷の方まで下りて行って
寝転がって写真を撮っていたら笑われたということもありましたけど。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

桜も散り果ての頃と思いきやの17年4月中旬

2017年04月15日 20時38分50秒 | 桜花
ソメイヨシノやオオシマザクラなど、標準的な「桜」の時期は終わりつつある広島県地方の南部。東北地方に匹敵する
寒さや降雪量となる我が県の北部では、この週末辺りがソメイヨシノの見ごろとなっているらしい。

暖かくなって来て幾分は神経痛が楽になっているが、どうしても不安がある状態なので遠方へ行くことをためらって
しまう現実。近場で楽しむ他ないのだが、こういう時は、色々と探してみるのも悪くない。



オオシマザクラは、葉を塩漬けにして桜餅の「香り」として愉しむ事の出来る代表的な品種。葉っぱの表面がつるりと
しているためである。この写真では光線が当たっていない。影が出ない代わりにコントラストも付きにくいので、
鮮やかさでは劣る。こういう時は意図的に露出補正をプラスに振って、背景を真っ白にしてしまってもよいのだが、
この日は止めておきました。



場所を探せば、この様に光を受けて鮮やかな花もあったので、止めたという次第。花撮る時は、先ずは傷みが無く形の
良いものを探す。次に、写真になりそうなものを探す。そして、いい感じの光を探す又は待つ、という感じ。



ソメイヨシノ。エドヒガンとオオシマザクラから作出されたとされており、我が国の代表的な桜品種となっていますが、
咲いた直後は意外と白い。徐々に花の中心部に紅が差し、その頃には散り始めとなる。なぜ紅くなるのかはについて
本当のことは解明出来ていないのだとか。日陰だと、物静かな印象となりますな。



で、光の力を借りると、この様に。花の状態や木の形、撮り頃なものがない場合には、他の力を借りてみるという事。

-----------------------------

今日の広島県地方は、所により雷雨となりました。暖気と寒気が入り混じり、雨雲が定期的に通過して行く春先には
良くある天候。この頃には広島造幣局の八重桜が見頃のはずなんですけどね。今年は我慢だな。
呉市にある灰ヶ峰という山には、色々な種類の桜があります。整備されていないので随分と傷んでしまってますが。
明日、見に行ってみようと思っています。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

インフルエンザA型から回復中の17/4/2

2017年04月02日 15時21分15秒 | 風景・散歩・旅
今回、相当警戒していたにもかかわらずインフルAに罹患した。同じ事務所内で働いていることもあり、誰々がうつしただ等と
言うべきではなく、言うつもりもない。ただ、滅茶苦茶心当たりはあるw 前日まで至近距離でマスクなしで確認報告していた
ためである。その方が発病したので注意するように!と上司から告げられても、そんなん遅いわい!としか言えなかった。
17/3/26以降微熱があったものの、葛根湯と体温維持の併用で低調に維持していたものの、3/27には異常な肩こりが、3/28
には頭痛とめまいが、3/29には寝ないと持たないレベルに。3/30には予定が入っていたが、発熱もないので休む選択はせず、
いよいよ3/30の退社時には「病院行く。検査してもらう」ということに。

3/30の夕方にかかりつけの医者へ行ったのだが、発病してみないことには検査しても出ないので無駄!とのこと。結局、
抗生物質とかぜ薬をもらって帰り、早めに就寝。翌朝には38.4℃でアウトという結末に至る。

これで、2年に1回、インフルシーズン終了の頃にインフル貰うというサイテーな結果になりました。でも、危ないよ!危ないよ!
と思って発病した今回は、極めて初期にインフルエンザ薬「イナビル」を使うことが出来たため、熱が下がるのは早かった。
胸のあたりの違和感はいまだ解消されないが、いろいろ調べなおした結果、まだヴィールスを発する可能性のある状態であり、
発病から5日かつ、解熱後2日間は家で大人しくしてろと書いてあった。

  
結局、お気に入りのヤマザクラが良い時に、またまた見れず終いという。6分程度の時に見れただけ良かったのかも知れん。
音戸の瀬戸を行くのは、海上保安庁の「くれかぜ」。

 
この場所、オイラが地元民すぎて意識していなかったこともあるが普通に観光名所らしい。意外と若い女性(大学生?)も
多い。声をかけてみて、「ここにいる船を見に来たのか?」※注:船好きの人が稀にいる。と尋ねたら、普通に「パンフレットに
載ってたので寄った」とのこと。どーりで、普通来るとは思えない人(若い女性)が来るわけだ。こっちは、物珍しいから聞いて
みたにすぎんのだが、向こうからしたら逆に「?」だったろうよ。

ハクモクレンが良く咲いていたのだが、今は既に散り果てだろうな。さすがに持つとは思えん。

 
この木、根株の土は半分失われ、大雨などで倒れたらアウトというヤマザクラ。気に入って10年来撮っているのだが、2月ごろ
電線に掛かりそうな枝を「派手に」打ち払らわれた。それでも、今年も花を付けました。いつ最後になるか分からないし、この木を
見上げる人も少ないのだが、健気に花を付けている。巨木の部類なのだが付ける花は小さめ。ヤマザクラには数えきれないほどの
個性がある。

左の写真は逆光側に向けているので盛大にフレアーが生じているのだが、これは意図的に撮ったもの。レンズはZD14-54_I。
光芒が奇麗に出て逆光に強いので、いまだに愛用している。ただし、解像は現代のレベルでみると相当甘い部類。


瀬戸内の春先は、よく空が霞む。明確に黄砂を意識するのはもう少し先なのだが、3月以降の空を見て冬場のそれとは異なると
意識できる一要素となっている。中京以東の人には、春霞は少々なじみ薄いかも知れない。


なにやら、鵜ーちゃんがバシャバシャやっていた。水浴びという訳ではなく、寄生虫を落とす目的であったよう。しばらく
この行動を繰り返していたので、そこそこコマを選べる程度には撮らせてくれた。鳥だって何事か考えている訳なので、
もしかしたら、単に「遊び」の範囲だったのかも知れん。カラスは飛行を楽しんで仲間と競い合うことがあるし、トンビを
からかったりもする。あれと一緒。

最後の1コマにコイツを選んだってことは、オイラの真理のどこかに「あーもう、バシャバシャやってやりてー!」という
鬱屈があるのかも。何事も、あまり深読みしたり、結論付けするのは良くないと思います。すべて推測にすぎんのだから。
やった行為が現実であり事実です。いきさつを知ってるのは、よっぽど親しい場合を除き、当の本人だけなんですから。





コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

右脚のしびれた週末。17/3/12。

2017年03月12日 23時26分25秒 | 日常的電脳日記
セールフォーさんトコや、九州急行さんチで出て来てる、元海上自衛隊護衛艦「しらね」。標的艦改造されて、ミサイルを
どてっ腹に食らう運命なんですが、技術開発のためには、本物を使わなきゃならんこともあります。ここら辺が、
トライ&エラーというか、やってみなきゃ分かんないこともあるからやってみる!というか。



写真中央やや左上の、茜色と緑のブロックがくっついた、ずーっと向こうの島(江田島)のトコにいる船。これが標的艦というわけ。
いやー、こっから見えるとは思わんかった。霞んでる割に視程は良好な方だったというコト。

 

この場所、まだ梅が咲いている。手入れしてやれば、もっともっと奇麗な花を付け、鳥や人を憩わせるに違いないのだが、
殆ど放置プレイの状態。程度が年々ひどくなる。下草は刈ってるのですが、刈ったままなんで滑る滑る。
ストックがないと、今のおいらには登れませぬ。



もう少しで佐世保行きとなるお「いせ」さま。



いやー、日が沈みますな。真夏には、もっともっと右側に沈むのですが、今の時期はヨドコウの方に沈むのでありました。

そんな訳で、こんな近郊をウロウロするだけで神経痛が少し悪くなって「ヒヤッ」とした週末なのでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HDD破損復旧がひと段落の17/3/5

2017年03月05日 23時48分59秒 | 日常的電脳日記
ということで、ずいぶん久しぶりにOSの入ったHDDが壊れたので、交換作業を行っていたという週末。

予兆はあったものの、不良セクタを殺してだましだまし使っていたところ、やっぱり駄目だった、と。
さすがにファイルが壊れながら動作するようになったら、どうにもなりません。そもそも、エラーを
吐くようなドライブを使い続けるほうがどうかしているというか。分かってはいても、資金難には
勝てませぬなぁ。病院へ行ったりしてると、金かかるんですよね地味に。

さて、一応動くようにはなったものの、メーラーの設定は後回しとなっているし、今まで入っていた
ソフト、いや、ここ数年でマイクロソフトも盛んに「アプリ」という名称を使いたがっているから
アプリというべきか、それらはこれから、ボチボチ時間を見つけて投入していくことになるのです。

ただね、確かにファイルバックアップソフトというやつをオイラも使えるんじゃあるんですが、
微妙に困ることもあってですね、トンだら困るものだけバックアップしておいて、後は入れなおすと
いうスタイルをとっているので、これだけ時間を費やすこととなるのです。半分、楽しみじゃあったり。

どーせ、Windowsという代物は、一定期間使い続けるとゴミがたまったり、ファイルの置き換えに
失敗したりして、不安定な動作をするというお約束がありますから、遅かれ早かれコーなる、と。

さて、写真をオマケのように付けておきましょうか。一応、写真付きブログですからね。

ねよ。



15年前に撮影した写真。これでどこだか分かったら凄すぎるぜアンタ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

梅は咲いたか桜はまだかいなな17/3/1にちごろ

2017年03月01日 23時21分01秒 | 日常的電脳日記


とかタイトルに書いておきながら、これ1枚だけだったりするのですが。俗に言うウメジロというヤツ。
鳥類は恐竜の子孫という説が有力となって来ておりますが、足回りを見ると納得しますな。
シッカリと枝をつかむ爪に、足指の内側は滑り止めとなる肉付きがあり、足の甲はうろこ状の皮膚。



三寒四温。春に3日の晴れ無しという。高層の雲と低層の雲が重なっているのだが、右向いたスタンダード
プードルに見えてならなかった。たぶん、オイラだけだろう。人によって見え方は異なって当たり前。
それが経験・知識・個性である。 ※トイ・プードルではありません。



太陽の沈む方角も、随分と西寄りとなって来た。この場所、真冬のころは左側の大黒上島より更に左に
太陽が沈む。もうすぐ春分ですわ。



冬を代表する星座であるオリオン座。右上のオリオン、その左肩にあるベテルギウス、オリオンの右下にある
大犬座のシリウス、オリオンの左側であり大犬座の左上に有る小犬座のプロキオン。冬の大三角ですな。
オリオンのずーっと下側、地平近くの明るい星が、全天で2番目に明るい恒星であるカノープスです。
元々白っぽいのに、高度が低いので赤く見える。探し難く見えにくい星としても有名です。



三日月と金星。この並びが、今シーズンの秋~冬の共演パターンでしたが、今回で最終回。来月の三日月の
頃には、金星は明けの明星となっている訳ですね。また来年…

で、この写真は手持ちなんですな。最近のカメラの手ぶれ補正は凄いを通り越して、気味が悪いw
換算46mm(フォーサーズ23mm)、F5.6、1/1.3秒、ISO400ですわ。これでブレてないなんて。
過去に換算24mmの1/2秒で写ってた時も、ウソくせー!と思ったものでしたが。
技術の進歩は凄いけど、意図的に不便な撮影設定を用いようとすると、メニュー選択が多すぎて
分かり難かったりするんですよね。

だから、使ってない機能も多かったり。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

皇紀2677年の日 17/2/11

2017年02月12日 22時22分05秒 | 日常的電脳日記
若いのに突然死しちゃったり、宗教やるから芸人辞めた!なんて話があるのですが、人それぞれ。
オイラより若い人が死んじゃうのは、本当に可哀想に思います。でも、生き運死に運があると習って
以降、そういうのも受け止める様に努力する方向で、物を考えるようになりました。
オイラだって、明日生きてる保証は何処にも無い。生きてる可能性が少しは高い。それだけ。

さて、冬も終盤に入りましたが、1月中旬以降は厳しい寒さの日が1週毎にやって来ているような。
日没時刻が遅くなり、太陽も高くなって来たので、日が当たっている間は割と暖かいかも?と感じ
ますけどね。それでも、これだけ寒けりゃ、植木への水やりも控えめになるというものであります。

2017/2/11日は建国記念日。今年は土曜日が祝日となる「当たり年」らしいです。



呉市の中央公園では、呉水産祭りが開催されました。とはいっても、行っていなかったイベントなんです。
祝日に休むことが出来る。これが、行く為の第一条件。



昼前だというのに、薄氷張ってるし。人手も、イマイチという感じはぬぐえない。寒すぎ。



トーテムポールなんてあったとは。なにせ、呉の中央公園をまともに訪れたのは、15年とは言わないくらい
昔の事でして。しかし、翼は腐り、サンダーバードのくちばしとトサカは無くなっている。

立派な市庁舎建て替えるなら、直せよホントww



で、立派な市庁舎では、紀元節を祝う式典が催されていた模様。



海面付近の方が温度の高い証拠。陽炎が出てる。



満艦飾。エライ久しぶりにみたのぅ。



どうよ、この寒そうな空。とは言っても、明るめの露出で撮っている事も有って、寒いかどうかなんて伝わりゃ
しないですよね…



で、この日の夜は(厳密には、17/2/11の午前9時頃)満月でした。おぉさむ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

随分と陽が長くなったが寒い17年1月末ごろ

2017年01月29日 21時41分41秒 | 日常的電脳日記
なんやかんや書いてみたけど、どーでもえー感じになったので消した。たまに、こんなことがある。数分間の作業が
パーになる訳だが、別に仕事じゃないし。ネットで公開していることを除けば、My Web logだからね。



ロウバイ。12月から咲いていたりもするが、ここ(縮景園)のロウバイは年明けてから。結構花もちの良い植物ですが、
近寄ると、咲いて日が経ってるかどうかは直ぐ分かる。花は咲いて2日程度までが良い。終わった花も撮り方次第。



寒牡丹(冬牡丹)。ワラの笠が施されているが、余所で咲きそうなのを植え込んだもの。ご存じの通り、本来の牡丹は
5月頃が一番の見ごろ。つまり、世話をする人がいるから出来るのですな寒牡丹は。



森ノ関。毎年、縮景園で最も早く満開を迎える品種。今シーズンは12月末頃に白加賀が咲いてしまっていた事から、
イマイチ、早春を告げる梅という印象は薄い。アンズ性なので、梅とは思わない人も結構居ます。



まだまだ寒そうな空が続く。北から寒気が入ると、この様な空になり易い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

17年1月15日は大雪だったらしい件

2017年01月15日 21時41分25秒 | 日常的電脳日記
今日の広島県地方は、強い寒気の流れ込みにより降雪の日となりました。前日(17/1/14)の日没後から降り始め、
宵の頃には「☆出とるし」。期待を込めて早めに就寝し、17/1/15の06:00時に起床して屋外を確認したものの、
屋根が薄らという程度。振り続けていたので、これは自宅待機ですな!と決め込んでいたのですよ。

09:00時ごろ、やけに外が明るいので再び確認してみると、雪なんてありゃしないw 日差しもあるし、溶けた
雪で道が濡れているだけのこと。滑る気すらしないという状態。それでもテレビジョン放送は、大雪情報で画面の
2/5程度埋められておりました。

実は、程度が知れていたなら、お昼頃から縮景園とか宮島を観に行ってみようかな!なんて思っていたのですが、
広島市内は相当降り積もっていた様子。自宅待機は解除したものの、生息地域からは出ずにおこうと決めたので
ありました。



14:00時ごろ。降ったり止んだり。



ヲー!なるほど、広島方面は相当降ってそうな白さ…



ウォー!灰ヶ峰が白くなっとる。春が近い頃の山地みたいな様相。そう、オイラの生息地域の人々は、江田島や
灰ヶ峰に積もっているかどうかで寒さの程度を知るのです。



こういう写真って、意外に無い物です。オイラが生息している街には雪が無かったことを証明するための記録ですな。

さて、交通規制も道路整備に従事している方々の苦労によって、少しずつですが解除となっている様です。
念のため、明日(17/1/16)の朝は早めに出る事とします。コッチは全然大丈夫でも、広島の市街地はどーなってんのか、
行ってみない事には分かりませんので。

ま、ライブカメラなる便利な機器がとらえた映像情報を、一般民間人であるオイラも簡単に見られる時代となっています
ので、大よその感じは分かるのですが、現物と情報ってのは、やっぱり違いますからねぇ。皆様も、ご安全に。

------------------------


※オリンパスE-M10:モノクロ化、グリーンフィルター追加。

これ、2017年最初の満月。17/1/12の夜なのですが、この時点で寒くなりそうな空だった。太陽の活動が低下し、低温面が
広範に観察されているそうですが、地球の気象との因果関係の有無は不明。相関性は、全くのゼロではあるまい。
雲の発生に、宇宙からの放射線が少なからず影響しているとか聞きますので。こっちは、ご安全にしようがないなぁ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加