見習い百姓のつぶやき

宮仕えも一段落、半農半Ⅹを本格化。農的暮らしとさまざまなⅩを悩んで、楽しんで一歩づつ。

アナスタシアお茶会のご案内

2017-06-30 22:16:18 | 持続可能社会
 待ちに待ったアナスタシアお茶会、気付いてみればあと1週間です。
 来週土曜日、アナスタシアシリーズの監修者で、アナスタシア関係の日本窓口を務めていらっしゃる岩砂晶子さんをお招きして“アナスタシアお茶会”を開催します。

 4月1日、待ちに待ったアナスタシアシリーズ第6巻「一族の書」が発刊されました。
 発刊と同時に、アナスタシアジャパンから送っていただき、すぐに読み終えました。
 深い内容に心を強く揺さぶられて、すぐに読み返しました。その感動の余韻のままに岩砂さんに山陰のお茶会開催をお願いしたんですね。

 昨年6月、出雲でアナスタシアお茶会を開催しましたが、シチェチニン先生の学校、ロシアの祖国コミュニティ、ダーチャ、ドルメン、タイガの森、ロシア事情など、岩砂さんが何度もロシアを訪問して体験されたお話はとても胸を打つものでした。
 また、訪問されたシチェチニン先生の学校のドキュメンタリー映画は、本当に人が育つ教育の在り方を深く考えるものでした。
 アナスタシアシリーズを読みながら、人が本当に豊かに暮らせる新しい時代の到来を感じていましたが、僕にとっては、その思いを一層深く確かなものにする
お茶会となりました。
 
 当日は、若干残席もありますので、少しでも興味を持たれた方は、ぜひご参加ください。
 きっと、新しい時代への視界の広がりを感じ、日々の暮らしが心地よく愉しくなっていくだろうと思います。

 ※尚、お茶会は松江の他、9日大山町のジュピタリアンヒルで「アナスタシアお茶会in大山」、10日雲南市大東町で「アナスタシアお茶会@すがし家」も開催されます。


◇◆◇◆◇◆ アナスタシアお茶会~松江のご案内 ◇◆◇◆◇◆
 
 希望溢れる輝かしい未来を、皆の手で開きたい。いや、そんな未来は必ず創造できる! 
 そんな希望と確信を持たせてくれ、輝かしい私たちの未来の形を見せてくれたアナスタシア。
 そのアナスタシアシリーズ、待望の第6巻「一族の書」が4月に発刊されました。
 深い意味を持つ6巻を始めとしたアナスタシアのメッセージを、私たち一人一人が日々の生活でどう実践するのか、シリーズの監修者でありアナスタシア・ジャパン代表の岩砂晶子さんとともに語りあいませんか?
 そして、自然とともに、地球とともに、毎日をもっと心地よく愉しく暮らしませんか?

◇日 時 2017年7月8日(土)14:30(開場14:00)~18時10分
◇場 所 カラコロ工房 ガーデン・テラス (松江市殿町43番地)
  ※駐車場は県庁、市役所などか、周辺の有料駐車場をご利用ください...
◇内 容 
 ◆ドキュメンタリー映画上映60分 “シチェチニン先生の学校 第1部” 
 ◆岩砂晶子さんのお話
 ◆シェア会
◇定 員 30人
  ※アナスタシアシリーズを1冊でも読んでいる方
  ※申し込みは、アナスタシア・ジャパンからはできません
◇参加費 2,500円(お菓子・ドリンク付き)
  ※入場券が必要です
◇その他
 当日はアナスタシアジャパンさんより、シベリア杉のオイル、シロップ、
 木製製品、書籍の展示販売があります
 (オイル・シロップはマイバックと保冷剤ご持参ください) 

◇交流会 2,000円
  ◆18時20分~19時50分
  ◆カラコロ工房 “フレンチ酒場びいどろ”
  ◆飲み物は別途

◇申込みとお問い合わせは 三島(090-7895-9418)まで。
 参加申し込みは、お電話でお名前、連絡先、人数、交流会への参加の有無を連絡ください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤマモモで酵素ジュース! | トップ | 半年の計も難しそう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

持続可能社会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL