見習い百姓のつぶやき

宮仕えも一段落、半農半Ⅹを本格化。農的暮らしとさまざまなⅩを悩んで、楽しんで一歩づつ。

これぞ、共育、響育!!~圧巻!91歳の昌子先生

2017-05-15 11:46:59 | 教育

 91歳にしてこのエネルギー!!
 「ありのままで生きる」「誰とも争わない生き方」を体現していらっしゃるだろう昌子武司先生。だから!?

 一昨日、昨日と、いつも大変お世話になっている国光美佳さんのお計らいもあり、国光さんの大学の恩師で、今も月1回、同門の有志の勉強会をしていただいていると仰る、斐川町学頭出身で大妻女子大学教授だった昌子先生を中心とした講演会が開催されました。
 一昨日の昌子先生ですが、「心と身体の健康」について先生の来し方にも触れながらお話しくださいました。
 圧巻は、竹矢小学校の先生をなさっていた時のことでしょうか。


これぞ、共育、響育!!
 4年生を担任していた先生の授業は、教科書に基づくことではなく、教科書に関わる児童たちの疑問や興味を引き出し、真正面から受け止めてとことん実地で探求し、実証する授業。
 例えば、木をこすり合わせて火を起こすでは、幾日も教室が煙で真っ白になり、濃度を変えたりしながら何種類もの甘酒づくり、そして子どもたちにも飲ませ(^^;; 今の教委や親が聴いたら飛び上がりそうな・・・
 お陰で、2年間で子どもの成績はどんどん下がったが、離任して東京の大学に行く時、どこから聞きつけたのか、40人の子どもたちが竹矢駅のホームで一列に並んで待っていて、1分余の停車中に涙の別れがあり。

 これぞ、共育、響育!!豊かな子どもが育たないわけがないなあと。
 こんな素晴らしい先生に出会いたかったなあ。感動で涙しました。
 だから?4人の教え子の皆さんが、出雲の会場まで駆けつけていらっしゃいましたね。

 ひょうひょうとしながら、深い深い、そして、心に残るお話をしてくださった昌子先生。
 講演会に参加して、意識が変わったかもしれないというママさんからは、昌司先生の質疑応答でのお話は、子育てに1番大切なことを教えていただいたような気がします。
 つい他の子と比べて心配したり、どこかずれていると枠の中に入ろうとしがちですが、全部ありのまま受け入れて、いいとこを認めて伸ばしてあげる。
 そういう話はよく言われることかもしれないけど、初めてお会いしましたが、朗らかな感じのお人柄の昌司先生の生の言葉で話されるのを聞いて初めてちゃんと心に届いてきた気がします。と嬉しいメールでした。
 ご高齢ですが、またお招きしてたくさんの皆さんにお話を聞いていただけたら素晴らしいかも。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 転びそうなので杖 | トップ | 向精神薬、そもそも人に処方... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます! (国光美佳)
2017-05-15 16:27:40
まさに、昌子先生の長年の歩みは「共育、響育」ですね!素晴らしいメッセージをありがとうございます。昌子先生は「教えるのではなく育てること」「生身の人とのかかわりの中で、自ら感じ、考え、体験すること」の大切さを説いています!
先生のお話を、先生の生まれ故郷で皆さんと共有できたことが、うれしくてたまりません!
本当にありがとうございました。
先生も「楽しかった~。皆に会えてうれしかった~。まさか、91才で島根に呼んでもらえるとは!」と、とてもとても喜ばれながら、無事に千葉のご自宅に帰られました
お陰さまでした (管理者)
2017-05-15 19:08:07
国光さま、こちらこそありがとうございました。
昌子先生、島根の至宝と言っても過言ではありませんね。
そんな昌子先生のご縁を東京の国光さんに頂くなんて、ご縁の国ですね(*^^*)
ますますお元気で、先生の培われた宝を伝え続けてて欲しいものです。

コメントを投稿

教育」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL