すい臓がんの手術当日、開けたらがんが見付からず再検査になった。その後の診断はすい炎と。

2016-01-11 15:51:46 | 卵巣  すい臓がん すい炎

気を入れてから一週間後です。

がん細胞、消えたようです。

すい臓がんの手術当日、開けたらがんが見付からず再検査になった。

しかし、結局がんは見当たらず診断はすい炎と診断されたのでした。

がん治療には免疫療法も有りますが、その免疫力が上がればがんも克服可能です。

身体を暖めれば身体はどんどん元気になれます。

体温が0、5度上がるだけで免疫力は30%前後アップするとも言われております。


「気」で全身が元気な細胞に生まれ変わるのも可能なのです。



卵巣が大きく腫れているとの事で、4日後に手術を控えているという方が当店にいらっしゃいました。

しかし、その際、再検査をしたわけでもないのに、驚いた事に

お医者様の言葉は「3月ぐらい迄様子を見ましょう。」との事でした。

「あんなに直ぐにでも手術しなければならない様に言われたはずなのに、おかしいんですよね?」と、ふに落ちないご様子でした。

身体に良い気が入る事で、このように良い運気までもたらします。

 

 

ありがとうございます。

『癒し』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「気」が、「血」と「水」を動か... | トップ | 1月11日(月)のつぶやき »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。