南飛騨からこんにちは

田舎で農業しながら、日々気になること、ふるさとのこと、おもしろかったこと、趣味のことなど気軽に書きます。

古民家の屋根

2017-03-19 | ふるさと・行事

先だって古民家の棟札を読んだとき改築前の家七間三尺・六間と新築七間半・六間の寸法が書かれていました。

大工であった叔父にそれを読んでもらったところ昔は使ってはいけない寸法がいくつかあり、例えば7×6であると42、となるため三尺又は半間を足して42を避けた設計にしたものだというのです。

曲尺には各数字に縁起を示す文字が刻んであると自分の曲尺を見せてくれました。
そういえば当家の屋根も何故か左右対称でないため以前から不思議に思っていたものでした。

そんなこともあり今日近辺の古民家を調べるといずれも非対称の造りになっていました。

昔の大工職人はそんな数字の細かいことまで縁起に気を使っていたようです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蒲郡へ | トップ | ジャガイモ植え完了 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。