南飛騨からこんにちは

田舎で農業しながら、日々気になること、ふるさとのこと、おもしろかったこと、趣味のことなど気軽に書きます。

AU-α907アンプを選択

2016-12-27 | オーディオ

長くいきつけの喫茶店のマスターからアンプのセレクターが壊れたので良いアンプを手に入れてと依頼されました。

現在、店内では、スピーカ:三菱の2S-305で、故障したアンプはオンキョー:A927という1997年発売のものでした。

アンプ選択を任されたので「低域の力・音像」「音のリアルさ」などとスピーカーの性能から考えるとやはり新しいものよりオーディオ全盛期の1980~1990年代のサンスイやSONYの重量のあるアンプを考えました。

コストも3~5万以下に絞り、検索するとサンスイのプリメインアンプ1986年発売のAU-α907が低価格で出されていて落札することができました。

持ち込む前に自宅で試聴した結果、低域は大きく広がりませんが力があり音像もしっかり出します。高中域も楽器のサイズに合った音像で、定位もよく出て申し分ないと思います。

念のためもう一つの候補と思っていたSONY TA-F555ESXⅡは自宅に保有しているので比較してみました。

SONY TA-F555ESXⅡも低域に力のあるアンプですがサンスイのAU-α907の方がさらにしっかりした低域を出しました。また中高域はSONY TA-F555ESXⅡの方が少しですが薄く感じました。

AU-α907で大好きなニーナ・シモンのLPを再生しました。

ピアノ・ベース・ボーカルの音像がしっかり聴けます。

製造後30年経過していますが劣化は見られず鮮明な音を出しました。

さすが当時のサンスイ最高位のプリメインアンプです。

早速店内のラックにセッティングしました。28kgもありますから二人の力が必要でした。

オンキョーのA927アンプは持ち帰り修理しましたが、セレクターの接点に復活剤を噴霧し治りました。試聴するときれいで無難な音ですが線が細く低域の力は少し弱く、今回アンプを変えて良かったと安心しました。

もちろんマスターにもママさんにも良くなったと喜んでいただきました。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SAEアンプが戻りました | トップ | 喪中のこと・年末風邪ひきなど »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
新年おめでとうございます。 (エゾフクロウ)
2017-01-01 09:15:35
いつもすてきなお話を感心しながら拝見して
おります。

オーディオ全盛期の機械は、とてもしっかり
していて良いようですね。
先日、知り合った札幌の方もサンスイの
ビンテージシリーズのプリとメインをお使い
だと伺いました。

小生は新し物がり屋で、いつも大枚を浪費
しながら先を追い続けております。
今年もよろしくお付き合いください。
本年もよろしくお願いします (o.kumazaki)
2017-01-01 14:16:32
エゾフクロウさんの広い分野への先進性は素晴らしいと思います。大いに勉強させていただいています。なかなかレベルについていけなくて残念ですが、当面、ハイレゾADCはなんとか取り入れたいと思いますが、どこから手を付ければというレベルで前進ができません。いただきました音源を聴くたびになんとせねばと・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。