南飛騨からこんにちは

田舎で農業しながら、日々気になること、ふるさとのこと、おもしろかったこと、趣味のことなど気軽に書きます。

伊豆へ

2017-05-17 | 旅行

先週10日、11日と、友人が定年退職したのを記念に、二人で伊豆半島旅行に出かけました。旅行費用は友人が新車購入したおりのサービスでいただいた旅行券を充当してくれました。

友人の新車

伊豆半島は30年以上前に行ったことはありますが、すっかり記憶から消えているので新たな気持ちで見学してきました。今回、第二東名を走りましたが新しいためか道路面が平滑で走行音がずいぶん静かでした。

 

沼津から伊豆半島の中央部を途中まで走り、西伊豆へ入り、初めての堂が島を訪れ遊覧船で洞門めぐりなど観光コースを回りました。堂が島には加山雄三ミュージアムもありました。

宿泊は、伊豆の国市長岡の少し高台にある「天坊ホテル」です。建物が新しく、清潔で行き届いた設備と気持ちの良いおもてなしでした。

翌日朝、部屋から富士山が展望できました。

天坊ホテル

富士山

てまえの山には、なにか黄色い花が沢山見えますが、栗の花のような匂いがホテルまで漂ってきました。

二日目は、まず浄蓮の滝です。旅行者は非常に少なかったのですが観光バスによる中国旅行者に会いました。

淨蓮の滝で売っていた手作りのわさび漬けを購入

淨蓮の滝から少し走ったところの売店でわさびの効いた地ビールを試飲、ちょっと私の口に合いませんでした。

滝を見学後開国の町、下田へ向かい、まず町の全景が展望できる寝姿山へ上りました。

山頂は黒船見張り所跡や鎌倉時代の愛染明王像が祀られているお堂、ほかに散策道路途中に「ひれなが鯉」など見ることができました。

下田ロープウエイで

お堂

愛染明王像

まるで金魚を大きくしたような「ひれなが錦鯉」

ひれなが錦鯉は、錦鯉の品種のひとつ。日本の錦鯉とインドネシア原産のヒレナガゴイとの交配、品種改良によって作出されたそうです。

下山してからは、日米和親条約が締結された了仙寺など寺院や展示館界隈を見学しました。

友人が以前来たときエッチな展示物があったというので探してみましたが現在は展示は無くなっているようでした。

時間がなく、残念ながら石廊崎までは行けませんでした。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鹿の遊び場 | トップ | トウモロコシ定植 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。