さまよいOKEIの気ままなブログ!!

ハイキング、ウォーキング、お散歩や趣味に

相原から七国峠(町2-2)

2017-06-09 | ウオーキング

相原駅から七国峠周辺を歩くのは三回目。ルートは夫々違っていても、同じような所を歩いている筈なのだが、前にどのような道を歩いたか全く思い出せない。情けないものだ。

今回のルートは里山なのに深山のような樹木の生い茂る尾根を歩く、静かで楽しいコースでした

相原駅→埋の木沢→七国峠→ブルーベリー園→相原中央公園→鎌倉古道→大日如来堂→東京家政学園BS

相原駅から横浜線に沿って北に向かって歩く。この「たけとんぼ」の看板に覚えがある。

駅から5分も歩かずにこの景色になる。前は左に行ってしまったが右の細い道を歩く。

多分市民農園だと思うが、突き当りを左に曲がる。

完全に里山の雰囲気。本当に駅のそばですよ!駅から500m位かな?

この辺り一帯から平安時代に瓦などを焼いた窯跡が数十基見つかっているそうだ。市ではこの散歩道を工人の道と名付けている。

この三叉路で右に尾根に向かって登る。

右が八王子で左が町田市の境界尾根。新緑の緑が眩しい。

北に八王子方面のビューポイント。住宅がビッシリ。

鞍部の広場で園児が遊んでいた。

太い桜の木があったが山桜だろうね。やぶ蚊に襲われるようになった。虫よけを持ってこなかったのが残念。

まるで深山の様相。車の音も聞こえず静か…!

七国峠に着いた。左右は鎌倉古道だが町田には鎌倉古道が何本でもあるような気がする…?

右が鎌倉古道だが左の尾根道に向かう。この古道は八王子と津久井を結ぶ重要な道だったそうだ。

出羽三山供養塔。湯殿山を真中に右が月山、左が羽黒山。江戸中期の出羽三山参詣記念だそうだが、参詣は一大イベントだったのだろうな。この石碑もかなり金が掛っていそう。

右に行くと相原中央公園の丘の上に出るが真っ直ぐ進む。

ブルーベリー農園に出てきた。ここを右に下りる。

ブルーベリー摘みは6月中旬から9月上旬まで。前回はここでブルーベリーを買った覚えがある。

町田市立相原中央公園。広い芝生広場もある。

公園前の道を長福寺に向かって登る。

長福寺の墓地の脇を歩く。

右端に丹沢の大山が見える。よい景色だ。

住宅地に下りて町田街道に沿って右に細い道を歩く。

ここを右に曲がって鎌倉古道に入る。

古道らしい道。昼間でも薄暗く老人や女性の一人歩きは怖そうだ。ダラダラした登り坂。

相原中央公園から来る道を横断する。

ここを左に山道に入る。舗装道路は七国峠に続いている。

三叉路で右に行くと大日如来堂。左はあいす工房。

大日如来堂。350年前に村に疫病が流行り、ここに安置したところ疫病が治まったそうで、地元では「お大日さま」と呼んでいるそうだ。

あいす工房に向かって尾根を下りる。

東京家政学院の校舎が見えてきた。

この車道を右に。

右が東京家政学園のバス停留所。あいす工房は信号を渡った先。

今日の最大目的のあいす工房に着く。

20種類近くあるが、今回はミルクとラムレーズンのダブル。かなりボリュ-ムがある。400円。

前回はあいす工房から歩いて相原駅に戻ったが今日はバスに乗った。4月末に草戸山に行った時は駅前はあげぱん屋だけで何もなかったがローソンができていた。コンビニ一つで物凄く便利になった感じがする。

今度のガイドブックは歩きやすく、覚えやすいルートを載せている。今回も車道歩きが少なく楽しく歩けた。適度なアップダウンがあり、ノンビリとした散歩で1万5千歩、2時間半でした。  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 尾瀬ヶ原のミズバショウ★ | トップ | 高倉山★ »

コメントを投稿

ウオーキング」カテゴリの最新記事