さまよいOKEIの気ままなブログ!!

ハイキング、ウォーキング、お散歩や趣味に

防災訓練(17)

2017-06-18 | 日記

今日は自治会の防災訓練。第4回目だそうだが今回初めて参加した。

6種類の訓練を行ったが、消防署や市から多くの職員が出てきて、かなり参考になった。

町内の公園に集合。我が地区から40人程が集まった。子供もいる。

避難所の中学校に向けて移動。

7自治会の合同防災訓練。

放水体験。建物内の消火栓は水道圧で約1気圧、10mは上がる。

初めて見る消火栓のマンホール。ふたが外れないようになっている。ここにスタンドパイプというものを差し込み消防車にホースをつなぎ消防車で加圧する。

体育館で避難所説明。災害時に避難所に着いたら住民や教職員、市職員たちで屋外で何をやるか、屋内避難で何をやるか手順のパンフレットを渡された。教職員の力が大きそうだが休日に災害が発生したら…!?

校内にある防災倉庫に何が入っているか説明を受けた。300人を想定して食料、毛布、医療品、生活用具などが準備されているそうだ。

簡易ファミリースペースの説明。市では想定避難者3万人?の8割以上の備蓄が完了しているとのこと。

この受水槽は通常は校内でトイレなどに使われているが、震度5以上になるとバルブが自動で閉まり飲料専用になるとのこと。

クレーン車の体験。10階までしか届かないそうで、ロンドン高層マンションの火災を例にとりスプリングクーラーの重要性を話していた。

災害時にどの教室が何の臨時施設になるか決めてある。学校も色々考えてくれている。

消火器体験。我が家の近くの塀にある消火器は消防署の管理でなく市の管理だそうだ。帰ってから試に箱を開けてみたらけたたましいブザーが鳴りました。ゴメンなさい…!

地震体験。震度7を体験したが尻が浮き上がって凄かった。

危険物の説明。電気による暖房が増えているが災害時には電気が使えない。灯油やガソリンの怖さの説明を受けた。危険物取扱責任者の免許証を持っているがすっかり忘れていました。

三角巾による応急処置の練習。山のザックに三角巾を入れているが初めて使い方を知った。傷口を縛って止血すればよいことだと思っているが…。

炊き出し訓練。保存期限が近い五目飯とけんちん汁を御馳走になったが結構美味しく頂きました。

この地区には小学、中学合わせて4,5校あり、災害時には全てで同じような対応が行われるそうで、どこの学校に避難してもよいとのこと。

昭島は地震や水害の被害が殆どないが、いつ何が起こるか分からないのが災害…。よい勉強になりました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 滝子山から大谷ヶ丸 | トップ | 町田駅から原町田界隈(町2-7) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む