さまよいOKEIの気ままなブログ!!

ハイキング、ウォーキング、お散歩や趣味に

昭和記念公園のプール

2017-08-09 | 日記

今日の予想気温は37度。今日は暇だが山や散歩は暑くてとても歩く気がしない。面白そうな映画もやっていない。

バイト先で週に2,3回市営プールに行くという人間がいたのをふと思い出した。独身時代は寮の近くのプールにショッチュウ通っていた。

市営プールに行ったことがないが、どうせ行くならと昭和記念公園のプールに行くことにした。ここも初めてだが驚いたことに7,8個あるプールの全てがファミリー向けで老人がノンビリ泳げるプールが一つもない。

結局プールは早々に諦めて木陰のベンチで音楽を聴きながら本を読んできました。

首都圏最大級の総面積63,000m2に9つのプール(水面積12,560m2 東京ドームの約1.4倍)を擁する本格的レジャープールです。

プールサイドはこのようなテントで一杯。日影も占有されている。

プールに入ったのはこの流れるプールを一周しただけ。

この行列は何かと思ったら…

このすべり台に乗るための行列だった。流石に年寄りはいなかった。

ボール遊びのプール。真面目に泳ぐ気がしないね。

波のプール。宮崎シーガイヤに大きな波のプールがあって遊んだことがあるが、倒産して今はないそうだ。

孫を連れてくれば喜ぶだろうな。

幼児の水遊び場。子供用は色々充実している。

結局幼児プールの脇のベンチで本を読んで過ごした。店番をやっている感じ。

今日の本は図書館から借りた内館牧子の「終わった人」。63才で定年になったが体力、気力、経験、知識が旺盛。自ら終わった人を自覚しないとこの先の人生は喜劇かも…?自分は10数年前に終わった人になったが読んでいて面白い小説でした。

島耕作の弘兼憲史は60過ぎたら起承転結の結の時代。幻想を捨て、余分なものを捨てよと。最近終活の本がブームのようだ。

プールを出たら見事な百日紅が咲いていた。

思い起こせばプールに入ったのは子供が小学時代の30年ぶりかも?…よく水泳パンツが残っていた。

久しぶりに泳いだがマルで前に進まない。老人向けのプールはノンビリとプカプカ仰向けで浮いていられるプールがいいな!…海水程度の浮力が欲しいね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天女山から美し森★ | トップ | 大塚山清掃登山★ »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事