旅・日々・思い出し笑い

旅して食して暮らして…
日々感じたことや思い出などいろいろ綴ります。

 飛騨のお土産と、さるぼぼ 「ひつじのひだっち」 に懺悔^^;

2017-04-19 12:00:00 | 旅行(国内)
週1回、身体を動かすことが嫌いな私としては珍しく8~9年続けているスポーツがあり、
そのお仲間からお土産をいただきました!

岐阜県の「もらってうれしい飛騨の味」植物乳酸発酵食品 赤かぶしそごま

お茶漬けやおにぎり、マヨネーズで和えてタルタルソースもできるようですが、
お土産の漬物にありがちな塩辛さはなく、そのままでも食べられるのでお酒のお供にも

仕事で行ったのにお土産まで、お心遣い本当にありがたいです
私は日~月で行ったからスポーツは休んでないし…先週茨城に行ったことはです^^

飛騨には、金沢新幹線が開業した直後の2015年6月に行ったばかりです。
富山・石川・福井・岐阜の白川郷をまわるツアーに、母妹と4人で参加しました!

白川郷で全体が見渡せる高台に、母妹はバスで行きましたが、
私たち夫婦は冬の飛騨高山に続き2回目だったので、散策しながら待っていました。

神田家 和田家入り口

お土産屋さんを何軒かまわり、降りてきた母たちと合流して集合場所に歩いていたら、

「日傘に何か付いているんじゃない?」と!

見たら、赤い何かがくっついていて、大きな虫かと思い振り払ったら…
なんと、ひだっちそれも限定、干支の未のひだっち!

店内では日傘を畳んでぶら下げていたので、お土産用に積み重ねてあったひだっちが、
傘を止めるマジックテープにくっついてきちゃったのです!

どのお土産屋さんかもわからず、バスの出発時間もあり、
どうしていいかわからず…そのまま私のもとに。

約2年の沈黙を破り、初めての告白ですが…これって犯罪になるのかな?
お土産屋さん、ごめんなさい

途中、富山県の五箇山で自由昼食タイムがあり、旬菜工房いわなで御膳(&)を!

  妹がご馳走してくれました

バスは金沢駅を目指し、金沢から北陸新幹線で帰京しました

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  春の一品 若竹汁、勘違い o... | トップ |  茨城県ご当地飯(!?)をまね... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。