旅・日々・思い出し笑い

旅して食して暮らして…
日々感じたことや思い出などいろいろ綴ります。

 東日本大震災から6年と聖路加は「せいるか」が本当!

2017-03-08 08:48:48 | エピソード
2011年3月11日から間もなく丸6年を迎えようとしています。

14時46分…我が家は免震構造のマンションですが、どこで鳴っているのかわからない聞いたことのないような破裂音(?)とともに強い揺れはあったものの落下物もなく、仕事に出ていた夫も何とか23時すぎには帰宅できました。

友人の、宮城県石巻市出身の旦那さんのご両親や弟さん家族は無事でしたが、義叔父(母の妹の旦那さん)の長兄が岩手県大槌町で亡くなってしまいました。
ご覧になった方もいると思いますが、昨夜の報道ステーションでとりあげられていた町です。

地図9番、宮古市と釜石市の間の小さな町ですね!

地震発生後スグに奥さんと手をとり逃げたようですが、元消防団の気持ちがそうさせたのか、一人暮らしのお年寄りや助けを求めている人たちがいるだろうと危険な方に一人で戻ってしまい波にのまれ、見つかったのは数十日経ってからと聞きました。一瞬でしたが写真も出ました。
義叔父は奥さん(兄嫁)に「あの時手を離していなければ!」と吐露してしまったようですが、奥さんの気持ちを察するといたたまれない気持ちで胸がいたみました。

震災当日、私は重症の花粉症で一人で自宅にいました。
実家の母は、かかりつけ医から紹介を受けて中央区にある聖路加病院に行っていました。
昨日、心臓カテーテルの治療を終え無事退院しましたが、思えばその頃から心臓の病気の兆候があったということですね。(3/7のブログで記述)

前日の3月10日には、かかりつけ医より言われた日時を疑うことなく私も同行して聖路加病院に行きましたが、紹介状を初診受付に提出したところ予約は翌日の11日だったと判明
遠方(私は^^)から朝早く来たので、とお願いしましたが病院システムに割り込むことができず、診察カードを作っただけで帰宅するはめに!

翌11日は私の体調が悪く、診察カードも作ってあるから大丈夫かな…と、心配ながら母一人で行ってもらいました。
初診でしたが一通りの検査も入っていて午後までかかり、14時過ぎに「今帰宅、お腹がすいたからこれからご飯」とメールがきて安心していた矢先のことでした…

携帯電話は全然繋がらず、家の固定電話に何回も何回もかけてやっと無事を確認できましたが、実家は高層階なので想像を絶する揺れと食器棚が倒れガラスが割れ散乱、落下物で壁がへこんだり、備え付けのカップボードやガスに自動ロックがかかってしまったのも初めてのことで、柱にしがみついたまま足がガクガクして暫く動けなかったようです。
今も少し大きな地震があると、そのスタイルで揺れのおさまりを待っているようです^^

日付を間違えられたせいで2日続けて行く羽目に!と憤慨していましたが、最初から11日に一緒に行っていたら…
聖路加病院近くの銀座クレストンホテル(阪急阪神カードを持っているので)で、必ずランチをしていたので、公共交通機関がマヒして帰宅できなかった方々と同様に大変な思いをしていたと思うと、看護師さんのケアレスミスに救われた感じです。

ちなみに聖路加(St Ruke's)は「せいろか」と読んでもPC検索などでも出てきますが、「せいるか」が正しいということも初めて知りました。
私ごとの小さな話ですが、思い出したことを綴りました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  心臓カテーテル検査治療無... | トップ |  ふるさと納税と医療費控除... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エピソード」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL